広瀬すず・森川葵が女子中高生に恋のアドバイス!映画『先生!』恋愛応援スペシャル試写会

健太郎、広瀬すず、竜星涼、森川葵

健太郎、広瀬すず、竜星涼、森川葵

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』の恋愛応援スペシャル試写会が10月9日(トクンの日)に開催され、ヒロインの響を演じた広瀬すず、響の親友・川合浩介を演じた竜星涼、浩介とともに響の親友である千草恵を演じた森川葵、響に密かに想いを寄せる藤岡勇輔を演じた健太郎が、劇中で着用した“制服”を身にまとって登壇。当日は、会場に集まった女子中高生たちのリアルな恋の悩みに、広瀬ら豪華キャスト陣がアドバイスを送った。

「本作で一番キュンとしたシーンはどこですか?」という質問を受けた竜星は、広瀬に「ウエディングドレスのシーンじゃない?」と投げかけるも、広瀬は「ウエディングドレス姿でのシーンは、つらかったです。振られに行くつもりで(生田演じる伊藤先生に)会いに行ってるのに、触れられちゃうから」と撮影時の心境を述懐。続けて「やっぱり辞書ポンのシーンかな?されてるときも、画面で見たときもキュンとしちゃいました」と明かした。

一方の竜星は「僕は(響が)雨にずぶ濡れになっているシーンですね。伊藤先生が車で響を探してるっていうあのシーン。すごくドラマチックで良かったですね」と力説。森川は「伊藤先生が車にもたれかかっているシーンがあるんですけど、そのシーンがすごくカッコよくてキュンとしました」と笑顔で語った。また健太郎は「藤岡が駅で待ってるシーンじゃないですかね」と自身が出演するシーンを挙げて会場を沸かせ、「(響が)電話で泣いてるの察知して駅まで行くってなかなか出来ないじゃないですか。藤岡としては切ない気持ちもありつつ…、観たらキュンとするかなぁって」とも語り、これには女子中高生たちも思わず頷いていた。

恋愛相談のコーナーで、「いつも一緒にいるけど、だからこそ素直になれなくて気持ちをなかなか伝えられない人に、少しでもアピールしたいです!どうアピールしたらいいですか?また、『好きになってもいいですか?』と聞くのはアリですか?」という悩みが寄せられると、森川は「男性ってボディタッチされるとドキドキするっていうじゃないですか」とコメント。

広瀬は「なかなか出来ない気がするな」と前置きしつつ、会場に「ボディタッチとかあるんですか?」と問いかけると、女子高生は「ボディタッチしても、『やめろよ』とか言われちゃいます」と返答。広瀬が思わず「それ絶対、両想いだよ!」とつっこみを入れ、会場は笑いに包まれた。さらに広瀬は、「『好きになってもいい?』って聞くのは、アリだと思います!近いからこそ言えることのような気がします」とアドバイスを送り、森川も「それを聞かないとそれ以上発展しないかもしれないしね」と同意。

続けて「私も響と同じように先生が好きなのですが、『卒業したら告白しなよ』と周りから言われます。後悔したくないようにしたいけど…、みなさんならどうしますか?」という、ヒロイン・響と同じ悩みを抱える女子高生に対して、広瀬は「後悔したくないなら卒業してから告白するのもアリだと思う!」とエール。竜星も「後悔しないっていうのが大事だよね。伝えたほうが思い出も残るだろうし」と頷き、健太郎も「この映画みたいに伝えるのもアリなんじゃないかな?伝えたほうがいいと思います!」と力強くアドバイスを送っていた。


映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』
10月28日(土)全国公開

原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版)(※1996年~2003年) 
主題歌:スピッツ「歌ウサギ」(ユニバーサルJ) 
監督:三木孝浩
脚本:岡田麿里
出演:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ
製作:映画「先生!」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

三木孝浩

生年月日1974年8月29日(45歳)
星座おとめ座
出生地徳島県

三木孝浩の関連作品一覧

広瀬すず

生年月日1998年6月19日(21歳)
星座ふたご座
出生地静岡県静岡市

広瀬すずの関連作品一覧

森川葵

生年月日1995年6月17日(24歳)
星座ふたご座
出生地愛知県

森川葵の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST