レイザーラモンRG、SNS映画『ザ・サークル』とのコラボ映像で”Twitterあるある”を披露!

(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

エマ・ワトソンの主演最新作にして、トム・ハンクスほか豪華共演者でも話題の映画『ザ・サークル』と、“あるあるソング”で人気のレイザーラモンRGとのコラボレーションSNS企画が実現した。

本企画では、超巨大SNS企業<サークル>を舞台にした本作のSNSで、トム演じる<サークル>のカリスマ経営者ベイリーにふんしたRGが、SNSでありがちなことを歌にした“SNSあるある”ソングを披露する。RGが“LINEあるある”や、“インフルエンサーあるある”などを、バックストリート・ボーイズの「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」やDREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」などの名曲にのせて歌う姿は爆笑必至だ。

こちらの動画は、劇中でベイリーが毎週金曜日に社員に向け演説する“Dream Friday(ドリームフライデー)”に倣い、10月20日から11月24日まで、毎週金曜日に『ザ・サークル』の公式SNSにアップされる。さらに、『ザ・サークル』公式Twitterでは、RGが手に持っているマグカップが当たるフォロー&リツイートキャンペーンも実施予定なので、その動向に是非注目してほしい。

また、企画の立ち上げ記念として、第一弾のネタも解禁された。映像の中でRGは「浪花節だよ人生は」にのせてTwitterあるあるを披露。収録を終えたRGは本作について「『ザ・サークル』という映画はSNSの怖さ、SNSをやりすぎるとどうなるか、企業も我々ユーザーも気を付けなければならないことを教えてくれます。断言していいです」としたうえで、「いわば『ザ・サークル』はSNSあるあるの集大成と言っても過言ではない!」と熱弁している。


映画『ザ・サークル』
11月10日(金)全国公開

出演:エマ・ワトソン『美女と野獣』、トム・ハンクス『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ、ジョン・ボイエガ『スター・ウォーズ フォースの覚醒』、カレン・ギラン『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』、エラー・コルトレーン『6才のボクが、大人になるまで』、ビル・パクストン『エイリアン』シリーズ
監督&脚本:ジェームズ・ポンソルト
原作:デイヴ・エガーズ著「ザ・サークル」(早川書房)
音楽:ダニー・エルフマン『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
編集:リサ・ラセック『アベンジャーズ』シリーズ
撮影:マシュー・リバティーク『ブラック・スワン』
美術:ジェラルド・サリバン『グランド・ブタペスト・ホテル』
原題:The Circle/2017年/アメリカ/シネスコ/5.1chデジタル/110分/配給:ギャガ

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST