瑛太「ガッキーと共演すると叩かれるんだなと」まさかの自虐―映画『ミックス。』初日舞台挨拶

(左から)田中美佐子、遠藤憲一、広末涼子、瑛太、新垣結衣、永野芽郁、佐野勇斗、石川淳一監督

(左から)田中美佐子、遠藤憲一、広末涼子、瑛太、新垣結衣、永野芽郁、佐野勇斗、石川淳一監督

不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合ダブルス(=ミックス)を通じて小さな奇跡を起こす、恋と人生の再生の物語――新垣結衣瑛太W主演の映画『ミックス。』が公開を迎え、都内で開催された初日舞台挨拶に新垣、瑛太、広末涼子永野芽郁佐野勇斗田中美佐子遠藤憲一石川淳一監督が登壇した。

>イベントの写真をもっと見る

普通にコメントしただけなのに…

「やっとだなと…本当の意味で完成するなと」(新垣)、「これだけお客さんが入っていることに幸せを感じています」(瑛太)と満員の客席に感慨深げな主演の2人。新垣が「ものすごく宣伝に力が入っていたので…イベントや試写会で皆さんの感想を聞けたり表情を見れたことが嬉しかったですし、そういう機会が多かったのがとても嬉しかった」と振り返ると、瑛太は一転「僕がなんか言うと悪く書かれるんですよね。今回の宣伝」と口火を切り、MCを驚かせる。

瑛太

瑛太

「ガッキーのこと好きですって言ったら叩かれるし、(作品が)大好きですって言っても叩かれるし…俺は普通に仕事しているだけですよ?」と吐露するも、「この映画はすごくいい映画なのでありがとうございます」と切り替え。それを横で見ていた新垣は思わず「あの…マスコミの皆さん宣伝ありがとうございます!」とフォローし、会場から笑いと拍手が巻き起こった。

予告だけで感動したので、それは超えていてほしいなと

試写で「コメディだと思ったら意外と感動して泣けた」という評判には「細かくウルっとするシーンはたくさんあって。途中SHISHAMOの『サボテン』が流れるあたりとか、結構ぐっと来ますよね。一生懸命な姿って素敵だなって」と新垣。「実は大分泣いた」という広末は「不器用な主人公の2人が不器用なりに近づいていくところとか…あと、瑛太さんのさりげない優しさのシーン。大人の男のさりげないアプローチの仕方にぐっと来ました。あとはこちらのご夫妻(遠藤&田中)のストーリーにやられてしまいました。語ることが少ないのに想像されるお芝居がグッと来ました」とコメント。

新垣結衣

新垣結衣

冒頭の挨拶で「娘と観に行く約束をしていたのでまだ観ていない」という田中は「予告だけで感動したので、それは超えていてほしいなと…ね? よくあるよね。予告より大したことなかったって…」と遠藤に無茶振り。これに遠藤は「さっきぼそっと俺に『これ面白いの?』って言ってきたんですよ」と暴露。そして「面白いから! これは」と力説していた。

そして当日はヒット祈願も込めてピンポン球型のケーキでお祝い。食べられるラケットでファーストバイトを新垣から瑛太へ行った。

豪快に!

豪快に!

「今日もすごく楽しかった。映画も気楽に楽しんでもらえる、何度観ても楽しんで元気をもらえる作品になったと思います。…やったぁ、公開!」と最後の挨拶をした新垣の後に締めを任された瑛太は「僕が最後ですか? マズイんじゃないですか?? また余計なこと言っちゃいますよ」と自分をイジリつつ、「素晴らしい映画に出られたことがすごく幸せです。日本中の皆さんが元気になれる映画ができました。それにガッキーと仕事するとこれだけ叩かれるんだなと言うのを実感しました」と自虐締めで最後まで会場を盛り上げていた。

>イベントの写真をもっと見る


映画『ミックス。』
公開中

キャスト :
新垣結衣 瑛太
広末涼子 瀬戸康史 永野芽郁 佐野勇斗 森崎博之/蒼井優
山口紗弥加 久間田琳加 鈴木福 谷花音 平澤宏々路 斎藤司(トレンディエンジェル)
真木よう子/吉田鋼太郎 生瀬勝久/
田中美佐子 遠藤憲一 小日向文世

脚本:古沢良太(『デート~恋とはどんなものかしら~』『リーガルハイ』
監督:石川淳一(映画『エイプリルフールズ』
音楽:末廣健一郎
撮影期間 :2016年2月上旬~3月下旬
製作:フジテレビジョン
制作プロダクション:FILM
配給 :東宝

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST