【本予告】映画『不能犯』主題歌にGLIM SPANKY「愚か者たち」が決定!

映画『不能犯』

映画『不能犯』本ポスター解禁!/(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会

松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』が2018年2月1日(木)公開。このたび本作の本ポスターと本予告が完成! さらに主題歌に、今大注目の男女二人組ロックユニットGLIM SPANKY(グリム・スパンキー)の書き下ろし楽曲「愚か者たち」が決定した!

松坂桃李のサイコパスな“目”がヤバい!

都会のど真ん中で次々と起きる変死事件。警察は証拠を一切見つけられないでいたが、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の殺し屋・宇相吹正。電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるという。しかし、その死因は病死や自殺に事故-宇相吹の犯行は罪に問われない<不能犯>だった。

松坂演じる宇相吹によるものと思われる変死事件のおそろしい映像の数々と、それを調べる沢尻エリカ演じる凛々しい女刑事多田。そしていよいよ初解禁となる新田演じる百々瀬と間宮演じる川端が登場すると、そうそうたる顔ぶれに否応なく期待が高まる。どうやら宇相吹が“思い込み”で人を死に追いやっているらしいと気づいた多田と百々瀬は、男の行動を食い止めるべく必死に追う。ラストは宇相吹の決め台詞「愚かだね、人間は-」で締めくくられ、どんな愚かな展開が待ち受けているのか、宇相吹VS多田の結末に心拍数の上がる仕上がりだ。

主題歌は今注目の男女二人組ロックユニット“GLIM SPANKY”の書き下ろし楽曲「愚か者たち」。監督とも何度も打ち合わせを重ねながら創作した今楽曲は、「愚かだね、人間は―」という宇相吹の決めセリフともリンクした、映画を見る者へ“生き方の決断”を常に煽り立てて気迫迫るそんなテーマの楽曲となっている。

【GLIM SPANKYよりコメント】

今回のお話が来た時、率直にどう思いましたか?

嬉しかったです!この映画とGLIM SPANKYがどうリンクできるかなあとワクワクしました。

映画をご覧になった感想を教えてください。

怖かったです…!あと、自分たちの楽曲がいい感じにハマるんじゃないかと思いました。

今回、本作の書き下ろし楽曲となりますが、こだわった点や歌詞に込めたテーマなどを教えてください。

「常に私たちの周りに存在する迷いや焦燥感、それを抱えながら生きていくという私たち」を第三者的な目線から見て歌詞にしています。常に自ら選んで生きているということ、もう一度その選択を考えてみてというメッセージで作りました。


映画『不能犯』
2018年2月1日(木)、全国ロードショー

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾 水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST