ニコラス・ケイジ×『ボラット』監督の映画『オレの獲物はビンラディン』予告編がついに解禁!

(C) 2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved

(C) 2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved

ニコラス・ケイジと『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』を手掛けたラリー・チャールズ監督がタッグを組み、アメリカを愛するあまりたった独りでパキスタンに潜入したキテレツオヤジの仰天の実話を描く映画『オレの獲物はビンラディン』から予告編が解禁となった。

ビンラディン誘拐を企てたとして、2010年にパキスタン当局に拘束された実在のアメリカ人ゲイリー・フォークナーによる、にわかに信じがたい仰天の実話を映画化した本作。たっぷりの愛国心と信仰心を持つゲイリー(ニコラス)は、ある日に日課である人工透析を受けていると、目の前に神が現れ「パキスタンへ行ってビンラディンを捕まえろ」と啓示を受ける。「やります」と神に誓ったゲイリーは、日本刀を手に、ヨット・飛行機・スカイグライダーと様々な方法でパキスタン潜入を試み、持ち前の自由奔放さで周囲の人々を巻き込み、前代未聞の大騒動を起こしていく。果たして、ゲイリーはビンラディンを捕えることができるのか――?

解禁された映像が捉えているのは、寝床の目の前にビールの空き缶を散乱させ、昼間からパブで一杯ひっかけつつ政府批判を繰り広げるなど、典型的なダメオヤジっぷりを見せるゲイリーの姿。ニコラスはゲイリーを演じるにあたり、本人の体型に倣って大増量を敢行し、ヒゲや髪の毛を含めて外見的にも似せるアプローチを自ら進んで行ったそう。でっぷりお腹にパンイチというスタイルで、蹴りを繰り出したり、日本刀のトレーニングを行ったり、警官たちとの謎のダンスも繰り広げるなど、その姿は実に愉快だ。

(C) 2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved

(C) 2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved

チャールズ監督は、「この映画での彼は人々の意表を突く役どころで、彼自身が俳優としての新境地を開拓しようとしていることの証だ。彼はまさに芸術家だよ」と演技に対する姿勢を絶賛。ちなみに、この予告編のナレーションを務めたのは、ニコラスの吹き替えでおなじみのベテラン声優・大塚明夫だ。ナレーションを終えた大塚は、「ニコラス・ケイジは、非常に演じがいのある俳優。『オレの獲物はビンラディン』も、“これはぜひやりたいな”と思っていたので、声優魂に火がつきました!!」と愛情に満ちたコメントを寄せている。


映画『オレの獲物はビンラディン』
12月16日(土)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開

【監督】ラリー・チャールズ『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』
【脚本】ラジヴ・ジョセフ&スコット・ロスマン『ドラフト・デイ』
【音楽】デヴィッド・ニューマン
【撮影】アンソニー・ハードウィック 【美術】セバスチャン・スークプ
【衣装】メアリー・E・マクリード
【出演】ニコラス・ケイジ/ラッセル・ブランド/ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ/レイン・ウィルソン/マシュー・モディーン
2016年/アメリカ/英語/92分/カラー/5.1ch/DCP/原題:Army of One/日本語字幕:岩辺いずみ/PG12/配給:トランスフォーマー

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST