松岡茉優、“出ずっぱり”の初主演映画に喜び「なんて贅沢な時間なんだろうと思いました」

(左から)石橋杏奈、渡辺大知(黒猫チェルシー)、松岡茉優、北村匠海(DISH//)、大九明子監督

(左から)石橋杏奈、渡辺大知(黒猫チェルシー)、松岡茉優、北村匠海(DISH//)、大九明子監督

松岡茉優、渡辺大知(黒猫チェルシー)、石橋杏奈、北村匠海(DISH//)、大九明子監督が、30日に第30回東京国際映画祭で実施された映画『勝手にふるえてろ』の記者会見に出席。本作で映画初主演を務めた松岡は、劇中のほとんどのシーンで登場していることについて「終わってみると本当に、なんて贅沢な時間なんだろうと思いました」と胸の内を明かした。

>写真をもっと見る

綿矢りさの同名小説を実写化した本作は、リアルな恋愛には臆病だけど、脳内では10年間片思いの一方通行恋愛を続けている24歳のOLヨシカ(松岡)が、個性的な登場人物と織りなす人間模様を描く。松岡は「普通の女の子を、普通の物語の中で演じました。その普遍的なものが、この世界的な映画祭である東京国際映画祭で、世界の女の子たちに届くことを願っていますし、期待しています。ヨシカ的な女の子がきっと世界中にいると思うので、その方々にも届くように願っています」とニッコリ。

この作品を経て発見した「気づき」については、「普段お芝居しているときは、誰かとの会話であったりとか、あとは何か見てはいけないものを見てしまったり、怪物が出てきたり、そういうので感情って動いていくと思うんですけど、ヨシカに関してはほとんど独り相撲というか。一つの部屋で、ヨシカとして一人で、感情の起承転結というか、このシーンが成立するために上げて下げて止まって動いてっていうのを、長台詞の中で自分で色を付けたり角度を付けたり緩急を付けていくっていうのが、はじめはすごく戸惑ったんです」と述懐。

続けて「やっていくうちに、仕切りたがりなところもあるので、だんだんそれが気持ちよさに変わっていって、一人だからこそできる新しいチャレンジっていうのが、今回やっていて新鮮だったところです」と満足げに語り、ほとんどのシーンに登場していることに話が及ぶと、「私は子役からやっているもので、憧れの時間だった」としみじみ。「(撮影では)殻に閉じこもってしまいましたけど、でも終わってみると本当に、なんて贅沢な時間なんだろうと思いました」と白い歯を見せた。

ヨシカの親友・来留美役を務めた石橋は「ヨシカのキャラクターにとても感情移入のできる作品で、女子として大好きな作品です。たくさんの人に見てもらえたらいいなと思います。女性はもちろん、男性にも」と笑顔を見せ、ヨシカの会社の同期・ニを演じた渡辺は「松岡さんの魅力が爆発している映画だと思っております」と発言。ヨシカが片思いを寄せてきた同級生・イチ役の北村は、ヨシカではなくイチに深く感情移入したことを明かしつつ、「それを100パーセント、北村匠海として出し切った作品です。この『勝手にふるえてろ』という、僕も本当に大好きな作品が、大きく羽ばたくことを一ファンとして願っております」と述べた。

一方の大九監督は「ヨシカ的な人に届けばいい、とにかく好き放題撮らせてもらいますからっていう気持ちだったものが、まさか世界に向けてこのように上映させてていただく機会が来るとは、本当に光栄な思いでいっぱいです」と感謝。また「『君を見つけた俺はなかなか良いセンスをしている』というセリフがあるんですけども、この東京国際映画祭が、私共の『勝手にふるえてろ』を見つけてくださって、うれしいし、ありがたいなと思っています」とも語っていた。

(取材・文・写真:岸豊)


映画『勝手にふるえてろ』
12月23日より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国公開

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊
監督・脚本:大九明子
出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー)石橋杏奈 北村匠海(DISH//)
趣里 前野朋哉 池田鉄洋 稲川実代子 栁俊太郎 山野海
梶原ひかり 金井美樹 小林龍二(DISH//)増田朋弥 後藤ユウミ 原扶貴子 仲田育史 松島庄汰 古舘寛治 片桐はいり
配給:ファントム・フィルム
主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

綿矢りさ

生年月日1984年2月1日(35歳)
星座みずがめ座
出生地京都府京都市

綿矢りさの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST