山﨑賢人×広瀬アリスW映画『氷菓』青春感満載のメイキング映像解禁!

(C)2017「氷菓」製作委員会

(C)2017「氷菓」製作委員会

山﨑賢人と広瀬アリスがW主演を務める映画『氷菓』から、豪華でフレッシュなキャスト陣の貴重な撮影風景を収めたメイキング映像が解禁となった。

米澤穂信によるミステリー小説『氷菓』を実写化した本作は、折木奉太郎(山﨑)と、奉太郎の推理力を見込んだ千反田える(広瀬)が、伯父(=関谷純)が“やさしい英雄”と呼ばれるきっかけとなった、ある事件の謎を解き明かそうと奮闘する姿を描く。監督・脚本は安里麻里が務めた。

多数の映画・ドラマ・舞台で大活躍中の山﨑、放送中の『NHK連続テレビ小説 わろてんか』に出演している広瀬のほかにも、『劇場版零~ゼロ~』で安里監督作品に出演経験のある小島藤子、若き名バイプレイヤーとしてブレイク中の岡山天音ら豪華若手俳優が集結。それぞれが過去に多数共演経験があり、キャスト同士の息の合った演技合戦も見どころのひとつとなっている。今回到着したメイキング映像は、和気あいあいとした雰囲気ながらも、豪華キャスト陣が切磋琢磨する姿を捉えている。

映像は、奉太郎とえるが古典部の部室で初めて出会う印象的なシーンから始まる。続いて図書室で古典部メンバーが集まり、えるの叔父の秘密を推理する場面では、撮影前は4人で仲良く談笑しているものの、監督の「テスト!」の一声で一気に真剣な表情に。普段とは一味違った役者としての一面を垣間見ることができる。また、物語最大の謎で、えるの叔父の高校生時代を演じる本郷奏多が、絶叫&アクションを披露する場面も。これはカメラがキャストの周りを360度回転するという、安里監督独特の撮影方法で撮影され、奉太郎が推理するシーンなどでも随所で取り入れられたとのこと。

撮影中は、キャスト陣の細かいアイディアも積極的に採用されたという。奉太郎が推理する場面で、部室のテーブルの上のものを全て払い、バーンと引っ剥がす動きは、山﨑による演出だ。また、広瀬もリハーサル時から安里監督と話し合いを重ねた結果、意志の強いえるというキャラクターを完璧に作り上げ、叔父の真相に気づく重要なシーンは一発OKだったという。


映画『氷菓』
11月3日全国公開

山﨑賢人 広瀬アリス
小島藤子 岡山天音

天野菜月 眞島秀和 貫地谷しほり(特別出演)

本郷奏多/斉藤由貴

監督・脚本:安里麻里 原作:米澤穂信『氷菓』(角川文庫刊)
主題歌:イトヲカシ「アイオライト」 エイベックス・トラックス
製作:「氷菓」製作委員会
制作プロダクション:角川大映スタジオ
配給:KADOKAWA

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST