【第30回東京国際映画祭】名匠スティーヴン・ソダーバーグ監督が来日!日本映画の影響について明かす

スティーヴン・ソダーバーグ監督

 スティーヴン・ソダーバーグ監督

『エリン・ブロコビッチ』『オーシャンズ11』などで知られるハリウッドの名匠スティーヴン・ソダーバーグ監督が、開催中の第30回東京国際映画祭にて、自身がメガホンを取った映画『ローガン・ラッキー』の舞台挨拶に登場した。

>写真をもっと見る

ソダーバーグ監督が4年ぶりにメガホンを取った本作は、全米最大のモーターカーイベントNASCARレースを舞台に、主人公のジミー(チャニング・テイタム)&クライド(アダム・ドライバー)のローガン兄弟が、妹のメリー(ライリー・キーオ)や、“爆弾魔”ジョー・バング(ダニエル・クレイグ)とともに、一攫千金と一発逆転を賭けて大勝負を仕掛ける姿を描く痛快な犯罪映画。同映画祭には、特別招待作品として出品されている。

6年ぶりに来日を果たしたソダーバーグ監督は「東京国際映画祭に、30周年おめでとうと言いたいです」と挨拶。続けて「私が最初に日本文化に触れたのは、日本映画でした。ティーンエイジャーだった私はすぐに魅せられ、日本映画に対して造詣が深く情熱を持っていたアメリカの批評家ドナルド・リチーに連絡を取ったのです」と述懐。

「彼の言葉を引用しましょう。『西欧の物語が、何が起きるか・理由・責任を重視する一方で、伝統的な日本の物語は、流れ・繋がり、関係性を重視する』。私はその両方が理解できましたし、キャリアを通じて、できるだけ両方が融合するように努力してきました」としたうえで、「私は皆さんから笑いが起きることで、今夜の上映が成功すると考えていますし、笑いは関係性をよくするものだと考えています。ですから、この映画をぜひ楽しんでいただきたいと思っていますよ。ありがとう」と語った。

フォトコールに応えたのち、最後に再びマイクを握ったソダ―バーグ監督は「時に人生はとても短く感じられますが、それと同時に、2時間がとても長く感じられることもあります。ですがこの映画では、とても短いと感じてほしいですね」とジョーク交じりに言葉を残し、大勢のファンに別れを告げた。

(取材・文・写真:岸豊)


映画『ローガン・ラッキー』
11月 TOHOシネマズ 日劇ほかにて全国ロードショー

監督:スティーヴン・ソダーバーグ『オーシャンズ11』シリーズ
出演:チャニング・テイタム『マジック・マイク』 アダム・ドライバー『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、ダニエル・クレイグ『007』シリーズ ヒラリー・スワンク『ミリオンダラー・ベイビー』、ライリー・キーオ『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
提供:東北新社
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/STAR CHANNEL MOVIES

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジュリア・ロバーツ

生年月日1967年10月25日(51歳)
星座さそり座
出生地

ジュリア・ロバーツの関連作品一覧

ジョージ・クルーニー

生年月日1961年5月6日(57歳)
星座おうし座
出生地米・ケンタッキー・レキシントン

ジョージ・クルーニーの関連作品一覧

アルバート・フィニー

生年月日1936年5月9日(82歳)
星座おうし座
出生地英サルフォード

アルバート・フィニーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST