【新キャラ】『マイティ・ソー バトルロイヤル』マーベル初登場のヴァルキリーとは…?

『マイティ・ソー バトルロイヤル』ヴァルキリー

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』 ヴァルキリー/(C)Marvel Studios 2017

マーベル・スタジオ最新作マイティ・ソー バトルロイヤルが、11月3日(金・祝) 日米同日公開。このたびは、マーベル映画初登場となる新キャラクター・ヴァルキリーにスポットを当ててみよう!

賞金稼ぎにして最強女戦士!

『マイティ・ソー バトルロイヤル』ヴァルキリー

『マイティ・ソー バトルロイヤル』ヴァルキリー/(C)Marvel Studios 2017

本作では、ソー役クリス・ヘムズワース、ロキ役トム・ヒドルストンなどおなじみのキャストはもちろん、ソーとともにアベンジャーズのメンバーとして戦ってきたハルク役マーク・ラファロも参戦。さらに、マーベル初の女性ヴィランにして、過去誰も持つことのできなかったソーのハンマー、ムジョルニアを片手で粉々にした最強の死の女神ヘラ役にはケイト・ブランシェット。超豪華キャストにの競演に目が離せない本作だが、ヘラと共にマーベル映画初登場となる新キャラクター・ヴァルキリーにも注目が集まっている。

ソーが、飛ばされてしまった宇宙の果てにある惑星サカール。そこで賞金稼ぎとして生きる女戦士それがヴァルキリーだ。サカールで格闘大会を主催しているクレイジーな独裁者、グランドマスター(ジェフ・ゴールドブラム)の下で、この格闘大会へ出場させられるような屈強な男を探し、サカール中を飛び回っている。彼女は、類まれなる戦闘能力を持ってはいるが、重大な過去を背負いながら生きているキャラクターだ。その過去が引き金となり、彼女は、自らがグランドマスターに売り飛ばしたソーと共に、アスガルドを救うために立ち上がる。

ヴァルキリーを演じるのは、人気テレビシリーズヴェロニカ・マーズや、映画クリード チャンプを継ぐ男などでメインキャラターを務めた女優テッサ・トンプソン。彼女のキャスティングについて、マーベル・スタジオの社長で本作のプロデューサーを務めるケヴィン・ファイギは、次のように語る「ソーと同じくらい素晴らしい力を発揮できるこのキャラクターを演じられる女優、つまり、クリス・ヘムズワースと肩を並べても引けを取らない女優を探しました。また、私たちは、長年ずっとテッサ・トンプソンの大ファンでした、特に『クリード チャンプを継ぐ男』における彼女の演技のね。この映画で新登場する2人の女性キャラクターの一人に彼女を迎えられたのは、実に素晴らしいことですよ」。

ヴァルキリー役を見事射止めたテッサは、このキャラクターについて聞かれると、「ヴァルキリーは、自分の意思で故郷を出て、サカールと呼ばれる別の惑星で過ごしているわ。彼女がアスガルドを去った理由は、そこでものすごい苦痛を味わった過去があるからよ」とヴァルキリーのおかれた境遇について語ってくれた。さらに、「そんな彼女がソーやハルクと会い、やがてはアスガルドを守るため彼らのチームに加わるのよ。これによって彼女は心に多くの心配を抱えることになるわ。だけど、何らかの形で、彼女は自分の生命を賭ける一方で、今まで失っていた生きる感覚を取り戻すことになるのではないかしら」と、ソーや、ハルクと出会うことで、自らの過去に立ち向かうキャラクターになっているようだ。

>『マイティ・ソー バトルロイヤル』をもっと知る!


映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』
11月3日(金・祝)全国ロードショー

監督:タイカ・ワイティティ
​製作:ケヴィン・ファイギ
出演:クリス・ヘムズワース(ソー)、トム・ヒドルストン(ロキ)、ケイト・ブランシェット(ヘラ)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)他
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

フォトギャラリー

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

出演者 クリス・ヘムズワース  ナタリー・ポートマン  トム・ヒドルストン  アンソニー・ホプキンス  ステラン・スカルスガルド  イドリス・エルバ  クリストファー・エクルストン  アドウェール・アキノエ=アグバエ  カット・デニングス  レイ・スティーブンソン
監督 アラン・テイラー
製作総指揮 スタン・リー  ルイス・デスポジート  ヴィクトリア・アロンソ  クレイグ・カイル  アラン・ファイン  ナイジェル・ゴストゥロウ
脚本 クリストファー・L・ヨスト  クリストファー・マルクス  スティーヴン・マクフィーリー
音楽 ブライアン・タイラー
概要 クリス・ヘムズワースがマーベル・コミックの人気キャラクター“ソー”を演じた「マイティ・ソー」の続編にして「アベンジャーズ」のその後を描くアクション・アドベンチャー大作。共演はナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、アンソニー・ホプキンス。監督はTV「ゲーム・オブ・スローンズ」のアラン・テイラー。“アベンジャーズの戦い”から1年。ロンドンで原因不明の重力異常が発生し、天文物理学者のジェーンが調査に向かう。ところがその際、ジェーンの身体に全宇宙を闇に変える恐るべき力“ダーク・エルフ”が取り込まれてしまう。愛するジェーンの異変を察知したソーは、再び地球を訪れると彼女を神の国“アスガルド”へと連れて行くが…。

 作品詳細・レビューを見る 

クリード チャンプを継ぐ男

クリード チャンプを継ぐ男

出演者 シルベスター・スタローン  マイケル・B・ジョーダン  テッサ・トンプソン  フィリシア・ラシャド  アンソニー・ベリュー  グレアム・マクタヴィッシュ  ウッド・ハリス  リッチー・コスター  ジェイコブ・スティッチ・デュラン  アンドレ・ウォード
監督 ライアン・クーグラー
製作総指揮 ニコラス・スターン
脚本 ライアン・クーグラー  アーロン・コヴィントン
音楽 ルートヴィッヒ・ヨーランソン
概要 シルヴェスター・スタローンが若い才能とタッグを組み、「ロッキー」シリーズのスピンオフとしてロッキー・バルボアの新たなる物語を描く感動ドラマ。孤独に生きるロッキーが、盟友アポロ・クリードの息子に乞われ、トレーナーとなって二人三脚でボクシングの頂点を目指す師弟の熱き絆を描き出す。アポロの息子役には「フルートベール駅で」のマイケル・B・ジョーダン。監督も同じく「フルートベール駅で」のライアン・クーグラー。妻に先立たれ、孤独に暮らすロッキー。ある日、彼の前に一人の青年アドニスが現われる。彼の父は、かつてロッキーと死闘を繰り広げた永遠のライバルにして親友のアポロ・クリードだった。プロボクサーを目指す彼は、ロッキーにトレーナーになってくれと直談判にやって来たのだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

クリス・ヘムズワース

生年月日1983年8月11日(35歳)
星座しし座
出生地豪・メルボルン

クリス・ヘムズワースの関連作品一覧

クリステン・ベル

生年月日1980年7月18日(38歳)
星座かに座
出生地米・ミシガン

クリステン・ベルの関連作品一覧

ナタリー・ポートマン

生年月日1981年6月9日(38歳)
星座ふたご座
出生地イスラエル

ナタリー・ポートマンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST