菅田将暉VSヤン・イクチュンのぶつかり合い!『あゝ、荒野』迫真のボクシングシーンが解禁

(C)2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

(C)2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

公開中の映画『あゝ、荒野』後篇より、正反対の二人だが特別な絆が生まれた新次(菅田将暉)と建二(ヤン・イクチュン)が繰り広げる試合の模様を収めた本編特別映像が公開となった。

ふとしたきっかけで出会い、ボクシングジム海洋拳闘クラブの掘口(ユースケ・サンタマリア)のもとでボクシングをはじめた新次(菅田将暉)と建二(ヤン・イクチュン)。二人はともにプロボクサーとなり、新次は宿敵・裕二(山田裕貴)を倒すため、建二は自分の殻を破るため、もがきながらも心の空白を埋めようとトレーニングに明け暮れる日々を送っていた。やがてそんな二人の関係も変化し、「新次のようになりたい」という強い思いを持った建二は、ジムの移籍を決意。ついに、プロボクサー′′新宿新次 VS バリカン建二“の運命の対戦が決まる。

後篇の目玉となる2つの試合―新次×裕二戦、新次×建二戦の撮影は5日間連続で行われ、最後の試合はセレモニーにしたいという現場の熱に押されるかのように、撮影中は異様な雰囲気に包まれていたという。リングの真ん中で揉み合い、殴り合う二人の姿に、リングの外で見守る他のキャスト、そしてエキストラによるギャラリーの声援もヒートアップし、何度も「カット!」を叫ばなければ、現場が止まらないほど盛り上がったとのこと。

次第に二人だけの世界へと没入していくファイトシーンの緊張感、その衝撃は、一瞬たりとも見逃せない。リングの上で拳を交えることで、肉体的、精神的にすべてをさらけだし、繋がりたいと切に願った建二。そしてその思いに応える新次。5時間超の長尺である本作で、その興奮が最高潮に達するであろう二人の死闘の結末は、ぜひ劇場で見届けてほしい。


映画『あゝ、荒野』
10月7日(土)前篇、10月21日(土)後篇 全国公開中

出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン
木下あかり モロ師岡 高橋和也 今野杏南 山田裕貴
でんでん 木村多江 / ユースケ・サンタマリア
原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫)
監督:岸善幸
撮影:夏海光造
脚本:港岳彦 岸善幸
音楽:岩代太郎
制作・配給:スターサンズ
制作プロダクション:テレビマンユオン

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST