【好きすぎ!】井浦新、瑛太との共演に「これって、BLなのかな」!? 映画『光』プレミアム試写会

映画『光』プレミアム試写会

映画『光』プレミアム試写会

11月9日(木)、東京・ユナイテッドシネマ豊洲にて、三浦しをん原作、井浦新主演の映画『光』(11月25日公開)のプレミアム試写会が開催された。イベントには、主演の井浦をはじめ瑛太長谷川京子橋本マナミ大森立嗣監督が登壇した。

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる

顔が近すぎるのに全然気が付かなかった…

井浦新

井浦新

東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之(井浦)を慕う年下の輔(瑛太)は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心に回っていた。ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を救うために男を殺す。その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。それから25年後、島をでてバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる…。

本作で初共演を果たした、井浦と瑛太はお互いに共演を心の底から楽しみにしていた。井浦は瑛太について「愛してやまない人でした」と語り始めた。「(共演を)知った時は、とにかく嬉しかったです。大森監督には、いつか瑛太君と『お互いどっちが両足で立っていられるかわからないくらいぶつかり合える作品をやりたい』と直訴してしいたので、『決まったよ』と聞いたときは、『とんでもないことお願いしちゃったな』とも思いましたね(笑)。それでもワクワクしていて、撮影はじまったらふたりで何が生まれるのか嬉しくて現場に向かっていました」と撮影当時の想いを振り返った。

瑛太

瑛太

一方の瑛太も、「モデルをやっていたころから、(井浦)新さんはカリスマで尊敬していました。共演を知った時は、嬉しい喜びと緊張と胸のざわめきが生まれてきました」と当時の心境をコメント。さらに「初めてのシーンは、少年時代から25年ぶりにふたりが出会うシーンだったんですけど…。現場に入って『新さんって現場中でイスに座るのかな?』とか『今どこにいるんだろう…あらたさん。あ、あらたさん撮影現場の見学してるんだ…』ってすごい気になって緊張してしまって…。その後に『ゆきにい』って呼びかけるセリフがあったんですが、『新さんと芝居できるぞ!』って嬉しすぎて、すごいでかい声になっちゃってました(笑)」と初共演シーンを振り返った。井浦も「お互いに、あのシーンが想像していたものと全く違ったものが出てきてしまって…。それ以降のシーンはそれを超えなくちゃいけない緊張感がありましたね」と述懐した。

こちらが出会いのシーン…

そんなふたりについて大森監督は「ミックスよりミックスしてるなって(笑)」とジョークを飛ばしながらも、「中盤の公園のシーンでふたりがのしかかるシーンがあったんですけど、それが『すごい顔が近けぇよ!』っていうシーンがあったんです。それについて『ボーイズラブの進化系だ』って描かれ方をしていたのを何かで見て…。あれキスしちゃうのかなみたいなね?」と超接近したシーンがあった事をコメント。当事者の井浦は「監督に言われたんですけど、本人たちは全然気付いていなかったんですよね…。きっと瑛太君のことが好きすぎたんでしょうね…。輔を超えて瑛太君を見ている自分がいて…あれ、これってボーイズラブなのかな…? 違いますけどね(笑)」と瑛太への愛情を語った。

そんな本作について井浦は、「最初は。『何だこれ?』って感じでした。例えるならば、はじめて出会った好きな芸術を見たときに、『よくわからないけどすごい!』という感覚に近いものがずっとありました。その後、作品を客観的に感じたときに、大森監督は映画を通して芸術を作ろうとしていたんだなって思いました。監督の作品を並べてみるとはっきりと違う。今までの作品は映画でしかない映画で最高のものですが、この『光』は芸術なんだなって思いました」とこれまでの大森監督の作品とは一線を画したものであると話す。

大森監督も「10年映画監督をやって。硬直した頭を壊したいなという想いがあって撮りました。このシーンこう撮るだろうなみたいなものをを壊したかった。そこから生まれるものは、私も発見していく感覚でした。僕自身は、観終わった後には言葉にはできない、胸の奥がざわざわした感じがしました。最近は分かりやすいモノがいっぱいあ溢れていて、それでなんでもわかった気になっている。でも本当は解りあえないものが大事じゃないかなって。そう思って撮った特別な作品です。応援してくれたら嬉しいです」と新たな挑戦があった事を明かして本作をアピールした。

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる

(取材・文・写真/nony)


映画『光』
11月25日より公開

井浦新 瑛太 長谷川京子 橋本マナミ 南果歩 平田満
監督・脚本:大森立嗣
原作:三浦しをん(「光」集英社文庫刊)
音楽:ジェフ・ミルズ
配給:ファントム・フィルム

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

瑛太

生年月日1982年12月13日(35歳)
星座いて座
出生地東京都板橋区

瑛太の関連作品一覧

大森立嗣

生年月日1970年9月4日(48歳)
星座おとめ座
出生地東京都

大森立嗣の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST