『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』2018年3月3日に日本公開決定! ポスタービジュアルと予告編も到着

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

カナダで最も有名な画家モード・ルイスと夫の人生を描き、世界の映画祭で観客賞を受賞した感動作『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』が2018年3月3日に日本公開することが決定。また、ポスタービジュアルと予告編も到着した。

小さな港町で、カナダの美しい四季と動物を色鮮やかに素朴で愛らしい絵を描き続けた画家のモード・ルイスと、不器用ながらもモードを献身的にサポートした夫のエベレット。本作は、孤独だった2人が運命的な出会いを経て、夫婦の絆と慎ましくも美しい色彩にあふれた幸せな日々を手に入れる姿を映し出す。

カナダの風景と動物を描いたモードは、日本では知る人ぞ知る存在だが、アメリカ大統領ニクソンから絵の依頼を受けたほか、今なお小品でもオークションでは500万円を超える高値が付くほどの人気を誇る画家だ。わずか4メートル四方の家で絵を描きながら暮らすモードを演じたのは、『ブルージャスミン』でアカデミー助演女優賞にノミネートされた実力派サリー・ホーキンス。妻への愛と尊敬の念を無骨に隠すエベレットには、『6才のボクが、大人になるまで。』などでアカデミー賞にノミネートされてきたイーサン・ホークがふんした。一風変わった夫婦の愛の絆を繊細に描いたのは、海外ドラマ『荊の城』でもサリーとタッグを組んだ経験があるアシュリング・ウォルシュ監督だ。

解禁されたポスタービジュアルには、壁にまで絵が描かれた可愛らしい小さな家の中で絵筆を握るモードの姿に加えて、猫やカナダの雪景色など、独特の色使いと心和ませるタッチで描かれたイラストが収められている。一方の予告編は、絵を描くこと以外できることが見当たらないモードと、無口で無骨なエベレットという“はみ出し者同士”の姿を、美しいカナダの港町をバックに映し出しており、愛の物語のはじまりを期待させる内容となっている。


映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』
2018年3月3日(土)新宿ピカデリー、Bunkamura ル・シネマ、東劇他全国ロードショー

監督:アシュリング・ウォルシュ
出演:サリー・ホーキンス、イーサン・ホーク
原題:MAUDIE 2016 年/カナダ・アイルランド/英語/116 分/DCP/カラー
日本語字幕:牧野琴子 後援:カナダ大使館 アイルランド大使館
配給:松竹

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

イーサン・ホーク

生年月日1970年11月6日(48歳)
星座さそり座
出生地米・テキサス・オースティン

イーサン・ホークの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST