ルーニー・マーラ主演最新作『ローズの秘密の頁(ぺージ)』が来年2月3日に日本公開決定!

(C)2016 Secret Films Limited

(C)2016 Secret Films Limited

『ドラゴン・タトゥーの女』『キャロル』で知られるルーニー・マーラの主演最新作『ローズの秘密の頁(ぺージ)』が、2018年2月3日に日本公開することが決定。メイン写真も解禁となった。

本作は、『父の祈りを』で第44回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞の功績を持つアイルランドの巨匠ジム・シェリダンの5年ぶりとなる新作。アイルランドの人気作家セバスチャン・バリーがコスタ賞(英国の権威ある文学賞)を受賞した同名小説の映画化作品である。物語はアイルランドを舞台に、40年にわたり精神科病院に収容されている老女の知られざる過去が、一人の医師と一冊の聖書によって明らかにされていくところから幕を開ける。劇中では、激動の時代に翻弄されながらも、たった一つの愛を貫いた女性の生き様と、長きにわたり封印されてきた衝撃の真実が、現在と過去の時間軸を行き来しながら壮大なスケールで描かれていく。

本作で若かりしローズを演じたのは、『ドラゴン・タトゥーの女』の体当たりな演技で世界的注目を集め、『キャロル』では第68回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞し、名実共にトップ女優となったルーニー・マーラ。その凛とした強さと麗しさを兼ねた佇まいで、波乱と愛に満ちたローズの生き様を見事に体現している。一方、老年のローズを演じたのは、これまでにカンヌ国際映画祭女優賞受賞、アカデミー賞助演女優賞受賞の功績を持つ、イギリスの大女優ヴァネッサ・レッドグレイヴ。不遇な日々のなかで一途に愛を貫くローズの決して失うことのない目の輝きに、圧倒的な存在感を感じずにいられない。

また、『ブラックホーク・ダウン』『ミュンヘン』など、数々のハリウッド大作に出演の人気俳優エリック・バナ、『ダイバージェント』シリーズ、『アンダーワールド』シリーズでおなじみのテオ・ジェームズ、『シング・ストリート 未来へのうた』で主要キャストとして一躍人気を集めたジャック・レイナーなど、ベテランから次世代の注目株まで、豪華なキャスト陣が脇を固め、壮大な物語に奥行と深みをもたらしている。壮大な大河ロマンとしての物語とともに、豪華キャストの共演にも注目してほしい。


映画『ローズの秘密の頁(ぺージ)』
2018年2月3日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵館、 YEBISU GARDEN CINEMA 他全国ロードショー

監督・脚本:ジム・シェリダン『マイ・レフトフット』『父の祈りを』
原作:セバスチャン・バリー「The Secret Scripture」
出演:ルーニー・マーラ『キャロル』、ヴァネッサ・レッドグレイヴ『ジュリエットからの手紙』、エリック・バナ『ハルク』、ジャック・レイナー『シング・ストリート 未来へのうた』、テオ・ジェームズ『ダイバージェント』
2016/アイルランド/スコープサイズ/DCP/108分/
カラー/英語/字幕翻訳:稲田嵯裕里/原題『The Secret Scripture』/映倫G/提供・配給:彩プロ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST