ファティ・アキン監督×主演ダイアン・クルーガーの新作映画、邦題は『女は二度決断する』に決定

(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH

(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH

本年度の第70回カンヌ国際映画祭でダイアン・クルーガーが主演女優賞を受賞した、ドイツの名匠ファティ・アキン監督の最新作『In the Fade(英題)』の日本公開タイトルが『女は二度決断する』(2018年4月に全国公開)に決定した。

突然の悲劇により最愛の家族を奪われた女。絶望の中、彼女はある決断をする――。

ドイツ、ハンブルク。生粋のドイツ人のカティヤは、トルコからの移民であるヌーリと結婚する。ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、真面目に働き、息子も生まれ、幸せな家庭を築いていた。ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が炸裂し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士のもめごとが原因ではないかと警察は疑うが、移民街を狙ったドイツ人によるテロであることが判明。突然愛する家族を奪われたカティヤは、憎悪と絶望の中、生きる気力を失いそうになりながらも、ある決断を下すーーー。

本作は、ベルリン国際映画祭金熊賞(『愛より強く』)、カンヌ国際映画祭脚本賞(『そして、私たちは愛に帰る』)、ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞(『ソウル・キッチン』)と、世界三大国際映画祭すべてで主要賞受賞の経験を持ち、日本では『50年後のボクたちは』が絶賛公開中であるドイツの名匠ファティ・アキン監督の最新作。

主人公カティヤを演じたダイアンは、『イングロリアス・バスターズ』などでハリウッドやヨーロッパを中心に活躍してきたが、本作で母国語であるドイツ語を使った映画に初挑戦し、見事にカンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞。本作はアカデミー賞(R)外国語映画賞ドイツ代表作品であり、ダイアンの主演女優賞ノミネートとの呼び声も高い。


映画『女は二度決断する』
2018年4月 ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国ロードショー

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシットー、ヨハネス・クリシュ、ウルリッヒ・トゥクール ヌーマン・エイカー
2017/ドイツ/106 分 配給:ビターズ・エンド

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ダイアン・クルーガー

生年月日1976年7月15日(42歳)
星座かに座
出生地

ダイアン・クルーガーの関連作品一覧

ファティ・アキン

生年月日1973年8月25日(45歳)
星座おとめ座
出生地独・ハンブルク

ファティ・アキンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST