【新写真】宮川大輔の泥棒っぷりは本物! こだわりが功を奏しキャストからは「怖すぎ」と総ツッコミ

(C)2017「泥棒役者」製作委員会

(C)2017「泥棒役者」製作委員会

向井理と片桐はいりを主演に迎えた『小野寺の弟・小野寺の姉』(14)を手掛けた西田征史監督が、長編映画第2作として送りだす『泥棒役者』は2006年に作・演出した舞台「泥棒役者」を映画用にリライトした完全オリジナル作品。単独での映画主演となる丸山隆平(関ジャニ∞)ほか市村正親、石橋杏奈、高畑充希ら豪華キャストが揃った騙し騙されの“超喜劇エンターテインメント”が11月18日より公開。

今回、丸山演じる大貫はじめの泥棒仲間、畠山則男を演じた宮川大輔の新写真が解禁となった。

その宮川は、自身の役のこだわりを解説する。「喜劇だけど自分が演じる役の“怖さ”がないと(物語の)はじまりがうそ臭くなってしまう。“こいつに言われたら断れへんやろう”という。なので自分の役の“怖さ”が場を引き締めるような存在になるように“ワル”の雰囲気を意識しましたね」

この本意気ぶりには完成披露イベントの際に「リアル宮川大輔の怖さが…」(片桐仁)、「素でしょ? 刺身包丁を持っていたからね(笑)。本性が出ています」(ユースケ・サンタマリア)、「怖かったです」(峯村リエ)とキャスト陣から総イジリを受けるほどの完成度。お祭り男としてではなく、役者魂全開の役作りをスクリーンで体感して欲しい。

(C)2017「泥棒役者」製作委員会

(C)2017「泥棒役者」製作委員会


映画『泥棒役者』
11月18日(土)TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー

出演:丸山隆平、市村正親、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁/高畑充希/峯村リエ、ユースケ・サンタマリア
監督・脚本:西田征史(『小野寺の弟・小野寺の姉』「TIGER & BUNNY」「とと姉ちゃん」)
製作:「泥棒役者」製作委員会
制作プロダクション:ROBOT
配給:ショウゲート

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

宮川大輔

生年月日1972年9月16日(47歳)
星座おとめ座
出生地京都府京都市

宮川大輔の関連作品一覧

丸山隆平

生年月日1983年11月26日(36歳)
星座いて座
出生地京都府京都市右京区

丸山隆平の関連作品一覧

ユースケ・サンタマリア

生年月日1971年3月12日(48歳)
星座うお座
出生地大分県

ユースケ・サンタマリアの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST