『パディントン2』がイギリスで初登場No.1に!メディアからも大絶賛「世界中の人を喜ばせる」

(C) 2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

(C) 2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

世界的な人気を誇る同名児童文学を実写化した映画『パディントン』の続編で、2018年1月19日より全国公開となる映画『パディントン2』が、日本公開に先駆けて11月10日より原作生誕の地・イギリスで公開。週末3日間で興行収入826万ポンド(※1)(約12億円/1ポンド150円計算)を記録し、並み居る強豪作品を抑えて初登場No.1に輝いた。

大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日に、ロンドンの街並みを再現した世界に一冊しかない飛び出す絵本をプレゼントしようと、人生初のアルバイトに励むパディントンが、ひょんなことから大騒動に巻き込まれる姿を描く本作。2014年に公開された前作は、イギリスでは『アナと雪の女王』を超えるオープニング成績を残し、全世界で328億円を超える大ヒットを記録したが、本作は前作比161%という驚異的な成功を収めている。

先日にはロンドンでワールドプレミアが開催され、老若男女すべての人々を笑いと感動の渦に巻き込んで、全米大手映画評価サイト「Rotten Tomatoes」で「100%Flesh」という圧倒的な支持を獲得。海外メディアからも、「素晴らしい続編!前作と同じく、シンプルなことを丁寧に上手にすれば見事な映画が作れるということを証明している(Empire)」、「とんでもなく可愛い、気取りのない、チャーミングな映画、そして何より面白い(The Guardian)」、「世界中の人を喜ばせる、ユーモアと魅力に溢れた素晴らしい続編(The Independent)」などの絶賛を受けている。


映画『パディントン2』
2018年1月19日より全国公開

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
日本語吹替え版キャスト:松坂桃李、古田新太、三戸なつめ
監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド
配給:キノフィルムズ

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ヒュー・ボネヴィル

生年月日1963年11月10日(55歳)
星座さそり座
出生地

ヒュー・ボネヴィルの関連作品一覧

ジュリー・ウォルターズ

生年月日1950年2月22日(69歳)
星座うお座
出生地イギリス

ジュリー・ウォルターズの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST