エル・ファニングも思わず恥じらう “宇宙式”ラブシーンとは!? 貴重なメイキング映像解禁

(C) COLONY FILMS LIMITED 2016

(C) COLONY FILMS LIMITED 2016

12月1日に公開を迎える映画『パーティで女の子に話しかけるには』より、エル・ファニングとアレックス・シャープによる摩訶不思議な“宇宙式”の数々のラブシーンの撮影風景を捉えたメイキング映像が解禁となった。

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』で知られるジョン・キャメロン・ミッチェル監督がメガホンを取った本作は、パンク音楽が好きな内向的な少年エンが、偶然潜りこんだパーティで出会った反抗的な瞳が美しい少女ザンと織りなす恋模様を描く。

映像が最初に捉えるのは、ファニングがアイディアを出したという、ふたりが愛情表現を示すシーンの撮影風景だ。ジョン・キャメロン・ミッチェル監督が笑いながら「もう1回!大声を出し続けて!」と指示を出す先には、普段することのない不思議な行為に対する恥じらいからか、笑いが止まらずなかなかうまくいかない様子のファニングとシャープの姿が。また、ふたりが向き合ってクレイジーに飛び跳ね合うシーンでは、ミッチェル監督自らの演技指導も入っている。

この映像からも、演じるふたり自身が心から撮影を楽しんだことがうかがえるが、ミッチェル監督は、「撮影中、エルは本気とまではいかないまでもアレックスに恋をしていたと思います。女の子の気持ちは見ていればすぐ分かるものですよ(笑)」とコメントを寄せている。果たして、ふたりが劇中で織りなした夢のような時間は、どのように過ぎ、どんな奇跡を生み出すのだろうか?その結末は、ぜひ映画館で確かめてほしい。


映画『パーティで女の子に話しかけるには』
12月1日より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

監督・脚本:ジョン・キャメロン・ミッチェル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
原作:ニール・ゲイマン「パーティで女の子に話しかけるには」
衣装:サンディ・パウエル『キャロル』『ベルベット・ゴールドマイン』
出演:エル・ファニング 『20センチュリー・ウーマン』、アレックス・シャープ、ニコール・キッドマン『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
配給:ギャガ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST