『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』監督&キャスト来日決定!マーク・ハミルからのメッセージ映像も到着

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

『スター・ウォーズ』シリーズの最新作で、12月15日に全国公開となる映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から、ライアン・ジョンソン監督、レイ役のデイジー・リドリー、カイロ・レン役のアダム・ドライバー、そして伝説のジェダイを演じたマーク・ハミルの来日が決定。マークがルーク・スカイウォーカーとして来日するのは、『スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望』以来39年ぶり。さらにマークから日本のファンへ向けたメッセージ動画と新シーンが披露される特別映像も解禁となった。

本作の物語は、前作でレイがルークにライトセーバーを渡した衝撃のラストの直後から始まる。レイは内なる強大なフォースを覚醒させながら、その理由も、そして使い方もわからずに行き場を失う。一方のカイロ・レンは、父ハン・ソロを手にかけてもなお“闇”に落ちきれず、母レイアの命までも奪おうとする…。果たして、“光”と“闇”の間で揺れ動く2人を待ち受ける“衝撃の運命とは?そして、ついに姿を現したルークは、この物語に何をもたらすのだろうか?

デイジーとアダムは前作以来、約2年ぶりの来日。マークは39年ぶりの来日となる。マークは到着した映像の中で、「日本の皆さん、こんにちは。マーク・ハミルです。『最後のジェダイ』は『フォースの覚醒』のすぐ後の物語を描いています。エキサイティングで素晴らしいこの映画から大きな衝撃を受けるでしょう。東京でお会いするのを楽しみにしています。フォースとともにあらんことを。アリガトウゴザイマス」とコメント。今回は、『スター・ウォーズ』の新たなる3部作の監督と脚本を務めることが発表されたばかりのジョンソン監督、そしてルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディも来日し、キャスト陣とレッド・カーペットイベントや特別映像上映会イベントなど、直接日本のファンと交流する機会に参加するほか、記者会見にも出席する予定だ。

併せて解禁となった新映像では、惑星オクトーに隠れていたルークが、ついにミレニアム・ファルコン号に乗り込み、レイやチューバッカやポーグとどこかへ向かう様子。もしかすると、ルークはジェダイとして、カイロ・レン率いるファースト・オーダーとの戦いに参加するのかもしれない。しかし映像には、倒れているルークに対してライトセーバーを振りかざすレイの衝撃的な姿もあり...。すでに解禁となっている日本版予告編では、困惑するレイにカイロ・レンが手を差し出すようなシーンもあったが、レイはダークサイドに落ちてしまうのか?光と闇の間で揺れ動くレイ、カイロ・レン、そしてルークの運命は?期待が膨らむ新映像は必見だ。


映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金) 全国公開

監督・脚本:ライアン・ジョンソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST