【独占映像】幽霊船のモデルは“トランスフォーマー”と“レゴ”?『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』絶賛販売レンタル中!

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』絶賛販売レンタル中!/(C)2017 Disney

今夏、実写映画NO.1を記録したディズニーが贈るシリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が、早くも11月8日(水)にMovieNEX(4,200円+税/初回限定仕様:アウターケース付)で発売をスタート。また「4K UHD MovieNEX」(8,000円+税)も大ヒット発売中。このたびは、本作の発売を記念して、特別映像の一部が解禁となった。

「パイレーツ」シリーズで人気を集めるのは個性豊かなキャラクターたちばかりだが、本作には必要不可欠な船も、実に特徴的なものばかり。

ジャック・スパロウが愛し、バルボッサと度々奪い合っていたカリブ海イチの最速を誇る船ブラックパール号、そしてかつてデイヴィ・ジョーンズが船長で、本作ではウィル・ターナーが呪いによって船長を務める幽霊船フライング・ダッチマン号。前作の『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』に黒ひげの船として初登場し、本作ではバルボッサが船長となっていたアン女王の復讐号。そして、本作で海の死神サラザールが乗っているのは初登場となる幽霊船サイレント・メアリー号だ。サイレント・メアリー号は、敵船の目の前まで迫ると、船の船首部分が上昇、浮き上がった骨上の船底がまるで怪物の歯のように敵船に襲い掛かりたちまち大破させてしまう規格外な船なのだ!

これまで登場してきた船の中でも特に企画外な船、サイレント・メアリー号を生み出すにあたって、今回解禁となる映像の中では、製作総指揮のチャド・オーマン氏や、監督であるヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリのふたりが語っている。骨組みだけの姿で海を漂う船の絵からイメージを膨らませたと語るチャドは、「サラザールと同じように、船も亡霊の様な存在なんだ」と語っている。ふたりの監督は、この新しい船を作り上げる過程は大変だったが楽しい作業だったと振り返る。「幼い頃に遊んだ ブロックみたいな形を変えられる玩具から着想を得ている」とヨアヒムがコメント。またヨアヒムは、インタビューの中で“レゴ”や、日本生まれの玩具として人気に火が付き、映画化もされた“トランスフォーマー”という単語も確かに口にしており、そこから今回サイレント・メアリー号が作られたのだとわかる。キャラクター以外にもこだわりが詰まった本作は船に注目してみてみると違った面白さがありそうだ。

>『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』を観る!

フォトギャラリー

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」の関連記事

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

出演者 ジョニー・デップ  ハビエル・バルデム  ブレントン・スウェイツ  カヤ・スコデラーリオ  ケヴィン・R・マクナリー  ジェフリー・ラッシュ  ゴルシフテ・ファラハニ  デヴィッド・ウェナム  スティーヴン・グレアム  オーランド・ブルーム
監督 ヨアヒム・ローニング  エスペン・サンドバーグ
製作総指揮 マイク・ステンソン  チャド・オーマン  ジョー・カラッシオロ・Jr  テリー・ロッシオ  ブリガム・テイラー
脚本 ジェフ・ナサンソン
音楽 ジェフ・ザネリ
概要 ジョニー・デップ主演の大ヒット・シリーズの第5弾。悪役にハビエル・バルデムを迎え、ジャック・スパロウと恐るべき“海の死神”サラザールの壮絶なバトルの行方を描く。監督は「コン・ティキ」のヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ。かつてジャック・スパロウにハメられ、海の地獄“魔の三角海域”に幽閉されていた“海の死神”サラザールが解き放たれ、残忍な手下を率いて海賊の絶滅とジャックへの復讐に動き出す。そんなサラザールの脅威からジャックが逃れる唯一の道は、どんな呪いも解くことができる“ポセイドンの槍”を手に入れること。一方、かつてジャックと冒険を共にしたウィル・ターナーの息子ヘンリーもまた、呪いをかけられた父を助けるために“ポセイドンの槍”を探していたが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST