岡田将生の“クズっぷり”に女優陣大バッシング!?映画『伊藤くん A to E』完成披露試写会

岡田将生

岡田将生

岡田将生木村文乃のW主演で贈る映画『伊藤くん A to E』が1月12日(金)より全国ロードショー。11月21日(火)、東京・スターライズタワーにて本作の完成披露試写会が開催され、主演の岡田、木村をはじめ佐々木希志田未来池田エライザ夏帆中村倫也田中圭、そして廣木隆一監督が登壇した。

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる

傷つきました、関わりたくない、この野郎…

がけっぷちの脚本家で毒女・矢崎莉桜を演じた木村は、本作について「女であることをこれほど痛いと思わせてくれちゃう作品は中々ないなと思いました」と述懐する。「人を嘲笑して罵っていた莉桜を演じたんですが、その指先が自分に向いてくるという展開があって…。それを廣木さんがニヤニヤしながら『後で全部自分に返ってくるからな』って言っていてすごい怖かったです(笑)」と撮影当時を振り返った。

木村文乃

木村文乃

一方で超モンスター級の痛男で5人の女性を振り回す伊藤誠二郎を演じた岡田。本作の役どころについて「こういう役を望んでいたので、ラッキーと思っていましたね。でも、思った以上にヤバいヤツでした。いままでとはちょっと違う役をやりたかったのも正直ありましたが、こんなクズでバカでアホな奴とこの夏を過ごせて気持ちよかったです」とコメント。さらに「(映画が完成したのを見て)伊藤くんに出会うことで5人の女性が成長していくお話しでもあるので、伊藤のクズさが過激なほどいいと思っていましたね。なんかダメな事しか言っていないね(笑)」と定評のあるクズな役どころにかけた想いを語った。

そんな超モンスター級の痛男「伊藤くん」に振り回された感想について、共演した女優陣からは痛烈なコメントが…。A:都合のいい女・島原を演じた佐々木は「すごい、嫌な気持ちになりました」、B:自己防衛女・野瀬役の志田は「圧迫感がすごいと思いながら現場にいました」、C:愛されたい女・相田役の池田は「関わりたくないですね」、D:ヘビー級処女・神保役の夏帆は「傷つきました」、そして木村も「『この野郎!』って思ってたよ」と恨み節の嵐でそのクズっぷりを賞賛した。

苦笑いする岡田は「でも、(伊藤くんは彼女たちについて)何も思わないですからね」とコメントしながらも、「カットがかかると、みんなにスゴい小っちゃい声で「きもちわりぃっ!」っていわれるんですよ…。それが結構、心にクゥ~って来るんですけど、『でも伊藤君だからおれじゃないし』って思いながら一生懸命役を全うしていました」と現場での苦悩を明かし、会場を沸かせた。

そんな岡田について廣木監督は「岡田君が伊藤君にハマっていくと面白くなっていった。(痛男を)やり過ぎちゃいけないよって言いながらも、もうちょっとやってとも言ったりしてました(笑)」とその魅力を絶賛。また本編全体については「役者それぞれの個性をチョイスして1本の映画にまとめていきました。それぞれの役者に見せ場があるようになっています」とアピールした。

映画『伊藤くん A to E』完成披露試写会

映画『伊藤くん A to E』完成披露試写会

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる

>映画『伊藤くん A to E』をもっと知る!

(取材・文/nony)


映画『伊藤くん A to E』
2018年1月12日より全国ロードショー

出演:岡田将生 木村文乃/佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆/中村倫也 田中 圭
監督:廣木隆一
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:ドリマックス・テレビジョン
配給:ショウゲート

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

木村文乃

生年月日1987年10月19日(31歳)
星座てんびん座
出生地東京都

木村文乃の関連作品一覧

佐々木希

生年月日1988年2月8日(31歳)
星座みずがめ座
出生地秋田県

佐々木希の関連作品一覧

志田未来

生年月日1993年5月10日(25歳)
星座おうし座
出生地神奈川県

志田未来の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST