関ジャニ∞丸山隆平、“朝ドラで見ていた”高畑充希との初対面に感激「ほんもんやあ!」

イベントの様子(西田征史監督、石橋杏奈、ユースケ・サンタマリア、市村正親、高畑充希、宮川大輔)

イベントの様子(西田征史監督、石橋杏奈、ユースケ・サンタマリア、市村正親、高畑充希、宮川大輔)

丸山隆平の初主演映画『泥棒役者』が11月18日に初日を迎え、舞台挨拶を実施。丸山をはじめ、市村正親、ユースケ・サンタマリア、 石橋杏奈、高畑充希、宮川大輔、西田征史監督が出席した。

>写真をもっと見る

本作は、とある豪邸を舞台に、出会う人から「豪邸の主人」「絵本作家」「編集者」と間違われる元泥棒の主人公・大貫はじめ(丸山)が、泥棒であることを隠すために、それぞれの役を必死に演じる姿をコミカルに描く。はじめの恋人・藤岡美沙を演じた高畑は「丸山さん初主演・初座長おめでとうございます!私は丸山さんとのシーンだけだったので、アウェイかなと思っていたのですが、本当に楽しかったです」とコメント。これを受けた丸山は「初めてお会いした時 “ほんもんやあ!”と朝ドラで見ていたのでミーハー感出してしまいました。でも、ご一緒できて光栄でした!」と白い歯を見せた。

思い出のシーンを聞かれた丸山は、終盤における則男(宮川)とのシーンを挙げ、「緊張感があって、ピリピリしてて良いシーンでシビれましたね。実は撮影の日は寒かったんですけど、監督と宮川さんが楽しそうに話していたので、ぼくも!と思って輪に入ろうとしたんですけど、風邪引くからって主演ということでぼくだけ車で待たされてました」としたうえで、「ちょっと孤独だったんですけど、仲良しな雰囲気が世界観に影響してしまったらと気遣ってくださったんだなと思って感激でした」と宮川へ感謝。

すると宮川は「違うで。そんなこと考えてないで。もし写真でも撮られて、もじゃもじゃがバレたらまずいし、ネタバレが怖いから、隠れときいや!ということだったんです(笑)」と告白。愕然とする丸山をよそに、ユースケは「言われなければ良い思い出として残ったけど、丸山くんの中で大事なものが一つ終わったよね」とたたみかけ、これには場内も大爆笑だった。


映画『泥棒役者』
公開中

出演:丸山隆平、市村正親、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁/高畑充希/峯村リエ、ユースケ・サンタマリア
監督・脚本:西田征史(『小野寺の弟・小野寺の姉』「TIGER & BUNNY」「とと姉ちゃん」)
製作:「泥棒役者」製作委員会
制作プロダクション:ROBOT
配給:ショウゲート

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

宮川大輔

生年月日1972年9月16日(46歳)
星座おとめ座
出生地京都府京都市

宮川大輔の関連作品一覧

丸山隆平

生年月日1983年11月26日(35歳)
星座いて座
出生地京都府京都市右京区

丸山隆平の関連作品一覧

ユースケ・サンタマリア

生年月日1971年3月12日(48歳)
星座うお座
出生地大分県

ユースケ・サンタマリアの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST