『gifted/ギフテッド』マーク・ウェブ監督最新作、2018年4月より新宿ピカデリーほか全国公開!

(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

『(500)日のサマー』『gifted/ギフテッド』のマーク・ウェブ監督の最新作、『The Only Living Boy in New York(ジ・オンリー・リビング・ボーイ・イン・ニューヨーク)』(原題)が、2018年4月より新宿ピカデリーほか全国公開することが決定した。

音楽愛に溢れた『(500)日のサマー』でセンセーショナルなデビューを飾り、スーパー・ヒーロー映画『アメイジング・スパイダーマン』シリーズや、家族の素晴らしさを描いた感動作『gifted/ギフテッド』に続く最新作は、ニューヨークを舞台に、原題と同じサイモン&ガーファンクルの名曲「The Only Living Boy in New York」にのせて描く大人のロマンティック・ラブストーリー。

大学卒業を機に親元を離れた主人公(カラム・ターナー)は、同じアパートに住む小説家の男(ジェフ・ブリッジス)と出会い、彼から人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せる女の子(カーシー・クレモンズ)と行った店で、偶然に父(ピアース・ブロスナン)とその愛人(ケイト・ベッキンセール)の密会を目撃したことから、事態は思わぬ方向に展開していき…。

主人公を演じるのは、大ヒットファンタジー『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の続編で、2018年冬に公開予定の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』にも主人公の兄役で出演が決定したイギリスの大注目俳優カラム・ターナー。『(500)日のサマー』ではジョセフ・ゴードン=レヴィットを、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズではアンドリュー・ガーフィールドを一躍スターダムに押し上げたウェブ監督のもと、NYを舞台に成長していく等身大の主人公を演じている。

他にも、出版社を経営する父親に『007』シリーズのピアース・ブロスナン、母親に『セックス・アンド・ザ・シティ』シリーズのシンシア・ニクソン、主人公の隣人の小説家に『キングスマン:ゴールデン・サークル』の公開が控えるジェフ・ブリッジス、愛人役に『アンダーワールド』シリーズのケイト・ベッキンセールなど、豪華キャスト陣が共演を果たした。


映画『The Only Living Boy in New York(ジ・オンリー・リビング・ボーイ・イン・ニューヨーク)』
2018年4月より新宿ピカデリーほか全国公開

監督:マーク・ウェブ『(500)日のサマー』『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ『gifted/ギフテッド』 
脚本:アラン・ローブ『ロック・オブ・エイジズ』『素晴らしきかな、人生』
出演:カラム・ターナー『グリーンルーム』『アサシン クリード』、ケイト・ベッキンセール『アンダーワールド』シリーズ、ピアース・ブロスナン『007』シリーズ、シンシア・ニクソン『セックス・アンド・ザ・シティ』シリーズ、ジェフ・ブリッジス『キングスマン:ゴールデン・サークル』、カーシー・クレモンズ『フラットライナーズ』 提供:バップ、ロングライド 配給:ロングライド 2017年/アメリカ/英語/88分

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

マーク・ウェブ

生年月日1974年8月31日(45歳)
星座おとめ座
出生地

マーク・ウェブの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST