塚地武雅、ソックリだからキャスティング?『嘘八百』の制作秘話が解禁!

塚地武雅『嘘八百』

塚地武雅/(C)2018「嘘八百」製作委員会

中井貴一×佐々木蔵之介のダブル主演で贈る『嘘八百』がギャガ配給にて2018年1月5日(金)より全国公開。このたび、本作で利休を愛してやまない学芸員・田中四郎の役を演じている塚地武雅の場面写真、メイキング写真、制作秘話が解禁された!

塚地武雅『嘘八百』

塚地武雅/(C)2018「嘘八百」製作委員会

本作は千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が“幻”の利休の茶器という<真っ赤なウソ>で仕掛ける一発逆転の大勝負を描く、年初めにぴったりな開運エンターテインメント。2016年日本アカデミー賞優秀作品賞・最優秀脚本賞を受賞した『百円の恋』の監督・武正晴と脚本・足立紳による注目コンビに、NHK連続テレビ小説などを手がける脚本家・今井雅子がタッグを組んで贈る極上のコメディ作品だ。

本作を監督した武正晴監督によると、塚地の役は当初は予定しておらず、リサーチの段階、で堺市のとある学芸員の方に出会い、ご本人とお話していく中で、このキャラクターが生まれたのだとか…。初めて学芸員の方に会った時から「塚地さんに似ていると思っていた」と語る監督。そこから田中の役を加え、塚地にオファーをし、晴れて出演が叶うことに。確かにふたりが並んだメイキング写真(写真:トップ)をみるとソックリで、声や話し方の特徴も似ているというから驚きだ。

塚地

(C)2018「嘘八百」製作委員会

>映画『嘘八百』についてもっと知る!


映画『嘘八百』
2018年1月全国公開

監督:武正晴 (『百円の恋』) 脚本:足立紳 今井雅子
出演:中井貴一、佐々木蔵之介
友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣
2017 年/日本映画/1時間45分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル
配給:ギャガ

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

塚地武雅

生年月日1971年11月25日(47歳)
星座いて座
出生地大阪府阪南市

塚地武雅の関連作品一覧

佐々木蔵之介

生年月日1968年2月4日(51歳)
星座みずがめ座
出生地京都府

佐々木蔵之介の関連作品一覧

森川葵

生年月日1995年6月17日(24歳)
星座ふたご座
出生地愛知県

森川葵の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST