【歩くラブマシーン】中島健人、知念侑李が理想のプロポーズを披露!映画『未成年だけどコドモじゃない』完成披露試写会

平祐奈と山本舞香

平祐奈と山本舞香

11月29日(水)東京・有楽町 東京国際フォーラムにて、映画『未成年だけどコドモじゃない』の完成披露試写会が行われた。会場には、主演・中島健人(Sexy Zone)をはじめ、平祐奈知念侑李(Hey! Say! JUMP)、山本舞香、そして英勉監督が登壇した。

>写真をもっと見る

知念は日常風、中島は王子様風プロポーズで、1,000人メロメロ…

成績優秀、スポーツ万能な学校一のイケメン・鶴木尚(中島)は、高校の王子様。そんな尚にひとめぼれした世間知らずなお嬢様・折山香琳(平)。16歳の誕生日、香琳が両親からプレゼントされたのは、片思いの尚との“結婚”だった! 大好きな尚との2人きりの新婚生活に心ときめかせる香琳。しかし現実は甘くない。尚は、学校で決して見せない冷たい表情で香琳に言い放つ。「顔で結婚決めるような女、大っ嫌いなんだ…」

1,000人を超えるファンの前に現れたキャスト、監督たち。主演・中島と知念は真っ白なバージンロードを通っての入場に、会場からは割れんばかりの黄色い歓声が溢れた。中島も「皆さん痛み入ります…。今日は、素敵な日になると感じています。バージンロードは花嫁が生まれた日から今日という日までの道のりを表しています。僕も今日という素敵な日にたどり着けたことが出来て嬉しく思います」とその声援に応えた。

トークの様子

トークの様子

先日完成した本作を観たばかりというキャストたち。中島は「本当に面白くてキュンときました。今は早く沢山の方に見て頂きたい気持ちでいっぱいです。はやくここにいる花嫁たちにプレゼントしたいです」と興奮した様子でアピール。ヒロインの平は「キラキラ映画でだけど、こんなにも笑いどころがあるんだって! もう胸が弾み過ぎちゃってお尻が上がって行っちゃう感じでした(笑)。みなさんも隣の人と手をつないで浮かないように気を付けてくださいね!」とユニークな表現で本作のコメディ―要素に言及した。

一方で、香琳の幼馴染・海老名五十鈴役を演じた知念は、中島、平のシーンについて「(尚と香琳のふたりは)男の僕でもキュンとするシーンがあって、もう嫉妬するくらい凄い雰囲気でした! 監督、次はぼくともキュンキュンするシーン撮りませんか?(笑)」とふたりの仲睦まじさにジェラシーを隠し切れない様子だ。すると中島は「ねんちー(知念)のシーンも沢山キュンキュンするシーンがありますからね。楽しみにしてください花嫁たち!」と温かくフォローを入れて会場を沸かせた。

そんな本作にちなんで、中島と知念が「理想のプロポーズ」を披露する一幕に…。知念は「恥ずかしがり屋なんでサプライズはできないです」とコメントし、“朝ご飯”での日常の場面でのプロポーズを選択。「んっ…おはよう。今日は卵焼きか、いいね(笑)。…醤油とって、ありがと…結婚、しよっか」と飾らないナチュラルなプロポーズで会場のファンを魅了した。そんなハードルが上がりきった後にも関わらず、中島は「勢いというか…何気ない時にします」と話し「あのさ、明日のデートどこ行く?いろんなとこ行きたいよね? でも、俺って歩くラブマシーンって言われてんだぜ。そんな俺だけど恋人止めて、夫婦になってほしい、結婚しよう、チュ!(投げキッス)」と中島にしかできない王子様セリフのプロポーズを披露し、会場のファンを骨抜きにした。

(取材・文・nony)


映画『未成年だけどコドモじゃない』
2017年12月23日(土・祝)全国東宝系にて公開!

キャスト:中島健人(Sexy Zone)、平祐奈、知念侑李(Hey! Say! JUMP)、山本舞香
監督:英勉
配給:東宝(株)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

水波風南

生年月日1979年11月12日(39歳)
星座さそり座
出生地埼玉県

水波風南の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST