マーク・ハミルや監督が故キャリー・フィッシャーへの思いを明かす―映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』来日記者会見

(左からキャスリーン・ケネディ、R2-D2、C-3PO、マーク・ハミル、アダム・ドライバー、ライアン・ジョンソン、BB-8)

(左からキャスリーン・ケネディ、R2-D2、C-3PO、マーク・ハミル、アダム・ドライバー、ライアン・ジョンソン、BB-8)

マーク・ハミル、アダム・ドライヴァー、ライアン・ジョンソン監督、そしてルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディが、7日に都内で開催された映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の来日記者会見に出席した。

>写真をもっと見る

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でフォースを覚醒させたレイ(デイジー・リドリー)、父であるハン・ソロ(ハリソン・フォード)を殺めてまでダース・ベイダーの意志を継ぐ決断を下したカイロ・レン(アダム)、そして物語のラストで登場した伝説のジェダイ:ルーク・スカイウォーカー(マーク)らが銀河を舞台に繰り広げる冒険を、壮大なスケールと圧倒的な映像表現で描く本作。

「最も衝撃的だったのは、自分に再び役が回ってきて仕事をもらえたことさ。ジェダイになると、年金のプランがあるということを知って安心したよ」とジョークを飛ばしたマーク。急逝したキャリー・フィッシャーについては、実際の兄妹のような関係だったとしつつ「出会ったのが、彼女がまだ19歳の頃だったから、本当に長い付き合いさ。彼女の存在は唯一無二で、かけがえのない人だった。全世界にとってもかけがえのない存在だったと思う。愛さずにはいられない、愛してやまない存在だった」としみじみ。

ジョンソン監督は「彼女の演技はとても美しいもので、それ自体が演じたキャラクターに対するトリビュートになっていると思う。撮影当時は、もちろん我々もこれが最後の演技になるとは知らなかったけれど、彼女とともに育ったファン、スクリーンで彼女をずっと見てきた人々、彼女にインスピレーションを与えてきた人が、それぞれの形で喪失感を感じていると思う」と発言。また「そんなファンたちの中にある哀しさが、本作における彼女の演技を見ることによって、少しでも薄れることを願っているよ」とも。

これを受けたマークは「僕の中では、まだ彼女が生きているような気がしてならない。ライアンが言ったように、本作で彼女は素晴らしい演技を披露しているけど、映画というものを見てしまうと、余計に彼女がまだそこにいるのではないかと思ってしまうんだ。彼女が亡くなり、この作品が遺作になったことによって、作品自体がメランコリックなムードに覆われてしまうのは残念なことだから、彼女がモットーとしたように、日々を精いっぱい楽しんで生きるというメッセージを心に留めて、この映画を楽しんでくれれば嬉しい。そうすれば彼女も喜んでくれると思うよ」と話した。

一方のアダムは、予告編でカイロ・レンがマスクを取っている場面が多かったことについて、何らかの心情の変化があったのか質問されると「答えられない」と回答。ジョンソン監督は「いい答えだね」と笑顔を見せ、マークも「内容に触れることができない映画を宣伝するのはとても難しいことなんだよ」とニッコリ。アダムはマスクを含めた衣装に様々なアイディアが反映されているとしたうえで、「人を脅かすような様相のマスクだけど、実際に被っていると、とても見え辛いから、靴ひもで転んでしまうこともあるんだ」と意外な秘話を告白。また、「宇宙では髭剃りをどうやって手に入れるんだろう」と素朴な疑問もこぼして、マークやジョンソン監督を笑わせていた。

(取材・文・写真:岸豊)


映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金) 全国公開

監督・脚本:ライアン・ジョンソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

キャリー・フィッシャー

生年月日1956年10月21日(60歳)
星座てんびん座
出生地ロサンゼルス

キャリー・フィッシャーの関連作品一覧

ライアン・ジョンソン

生年月日1973年12月7日(46歳)
星座いて座
出生地米・メリーランド州

ライアン・ジョンソンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST