マット・デイモン主演映画『ダウンサイズ』特報&日本版ポスター完成!3月2日に日本公開

(C)2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

(C)2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

マット・デイモンが“13cm”に縮小される主人公を演じる映画『ダウンサイズ』が、3月2日に日本公開となることが決定。特報と日本版ポスターも解禁となった。

物語は、人口が増え続けて住みづらくなった地球を舞台とする。ノルウェーの科学者によって、人間の体のサイズが13cmに縮小される方法が発見されると、人口過多問題が一気に解決する計画が浮上。ネブラスカ州オマハでストレスに満ちた生活を送る平凡男ポール・サフラネック(マット)と、彼の妻オードリー(クリステン・ウィグ)は、少しの蓄えでも幸せな生活が約束される縮小世界に惹かれ、13cmの身体で生きていくことを決意するが…。

特報は、世紀の大発明を一目見ようと集まった人々の前に、ミニチュアサイズの人間が登場し、世界が驚愕する瞬間から幕を開ける。ダウンサイズした世界では、今の資産が14億円になると説明を受け、夫婦で13cmになることを決意したポールは、スキンヘッドに剃毛し、まるで電子レンジのようにチンと縮んでヘラで運ばれていく。しかし、うますぎる話には裏があるのが世間の常識なのか?映像は、この先にどんな展開が彼を待ち受けているのかが非常に気になる内容となっている。

一方の日本版ポスターは、ポールが本当に13cmになってしまった姿を収めており、奇想天外な設定にぴったりなユニークな仕上がりとなった。人間が13cmに縮小するという驚きの設定を描いた本作について、マットは「台本は非常にユニークでオリジナルで、こんなオリジナルなアイディアを作品にするなんて、今のハリウッドでは滅多にないことだよ」とコメントを寄せている。


映画『ダウンサイズ』
2018年3月2日日本公開

監督:アレクサンダー・ペイン『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』『ファミリー・ツリー』『サイドウェイ』『アバウト・シュミット』
脚本:アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
製作:マーク・ジョンソン、アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
製作総指揮: ミーガン・エリソン、ジム・バーク、ダイアナ・ポコーニイ
キャスト:マット・デイモン、クリストフ・ヴァルツ、ホン・チャウ、クリステン・ウィグ
全米公開:12月22日
原題:Downsizing
配給:東和ピクチャーズ

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

マット・デイモン

生年月日1970年10月8日(48歳)
星座てんびん座
出生地

マット・デイモンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST