【ネタバレなし感想】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』死ぬほど“次”が気になった-レビュー

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』をレビュー!/(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

シリーズ最新作『スターウォーズ/最後のジェダイ』が12月15日(金)より、いよいよ全国公開。このたび、様々な憶測を呼ぶ新シリーズの2作目を一足先に鑑賞してきたのだが…。鑑賞直後から次回作『エピソード9』の展開が気になり過ぎて夜も眠れないのである…!

【おさらい】前作、レイのフォースが覚醒しました。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

まずは前作『フォースの覚醒』のおさらいから…。

伝説のジェダイ・マスターとして神格化されたルークの手がかりを握るドロイド・BB-8との出会いから、帝国軍の残党組織ファーストオーダーに死にもの狂いで追いかけられるニューヒロイン・レイ。レジスタンス軍を率いるレイア・オーガナ、ファーストオーダーの脱走兵・フィンそして伝説のパイロットのハン・ソロと共に、ファーストオーダーの巨大最終兵器スターキラー基地の破壊に成功! しかし、ハン・ソロは息子であり最高指導者スノークの腹心であるカイロ・レンによって殺されてしまう…。ソロを失った反乱軍は、BB-8の地図をもとにレイをルークの下へ派遣した…。

つまるところ『フォースの覚醒』では、タイトル通り、ディジー・リドリー演じるニューヒロイン・レイがフォースに目覚める物語だ。その続編となる本作では、そんな強力なフォースの持ち主のレイの正体、ルークとの関係、ファーストオーダーの最高指導者スノークの素性、そして、誰かがダークサイドに堕ちる…という様々な憶測を呼んでいる。

ハイテンポな展開がGood!人間ドラマにも注目

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

中継ぎとなる第2作目では、反乱軍が窮地に陥るのが定石だ。本作の構造も反乱軍が“肉を切らせて骨を断つ”死闘で逃避行を繰り返すパートと、レイがルークのもとでジェダイの研鑚を積む修行のパートで構成されており、『エピソード5/帝国の逆襲』を想起する内容となっている。

そんな本作では、テンポのいいストーリー展開に加え、ニューキャラの登場、ド迫力の戦闘シーン、憶測を呼んだストーリーの予想外な展開など見どころがてんこ盛り。さらにライアン・ジョンソン監督が魅せるカメラワークやアングルがこれまでにないSWの世界を切り取っている(個人的には、冒頭にハイパースペースからスターデストロイヤーが現れるのを、地上の反乱軍側から目撃するアングルに萌えた…)。

その他にも、反乱軍エースパイロットのポー・ダメロンのキャラクター像に深く切り込むストーリーや、ルークとR2-D2気の置けないふたりの再会シーンなど、ファンにとっても堪らない新旧キャラクターの人間像を描いた内容に、2時間半という長尺ながら、間延びすることもなく喰い入るようにスクリーンを見つめていた。

あれ? フォースがすごいことになってるゾ…

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

しかし、それ以上に筆者の度肝を抜いたのは本作での“フォース”の描かれ方だ。レイとルークの修行パートで描かれるフォースをはじめ、本作ではシリーズ史上類をみない能力が数多く登場する(※ちなみにフォースとは森羅万象に宿る生命エネルギーをさす。フォースを操ることで、浮遊させたり、相手を洗脳したり、未来視などができる)。

ネタバレになるので明言は避けるが、過去作ファンの筆者からすると「え、フォースってそんなことまで出来ちゃっていいんですかい?」と戸惑いを隠し切れないほど…。ギャップを感じるのは否めないだろうが、そんなフォースの新しい一面にこそ本作の重要なカギが隠されている。

また、ルーク先生の懇切丁寧な“フォース”解説も登場! 筆者としてはこのセリフが、シリーズ全体の大きなヒントになっていると予想している…。

消化不良…でも、それって成功かも!?

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

そして、ファンが期待していた数多くの伏線は本作でどのように取り上げられたのか…。

確かに、レイの両親や、カイロ・レン誕生の秘密などなど…、ファンにとって喉から両手が飛び出すほど知りたい情報にはしっかりと言及はする! しかし「それって、なんか…うん…えっ!?」(※ネタバレなしのしギリギリの感情表現をお許しください)といった消化不良が多い。さらに本作でも意味深なシーンや展開は大量入荷。もはやスッキリするどころか、「これって本当に3部作で完結…?」と疑いたくなるほど物語やキャラクター像の幅が広がっていくのだ!

果たして、完結編ではどのように展開が進み、収束へと向かうのか? このモヤモヤ感は“中継ぎ”の2作目としては大きな成功と言えるだろう。エンドロールが流れてから原稿を書いているこの瞬間でも、『エピソード9』の公開が待ち遠しくて堪らないのである。

(文・nony)

おすすめ記事:
【ネタバレあらすじ】『フォースの覚醒』は“レイ視点”で見直すべし!『最後のジェダイ』への繋がりは?-金曜ロードSHOW!


映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金) 全国公開

監督・脚本:ライアン・ジョンソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

フォトギャラリー

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

出演者 ハリソン・フォード  キャリー・フィッシャー  アダム・ドライヴァー  デイジー・リドリー  ジョン・ボイエガ  オスカー・アイザック  ルピタ・ニョンゴ  アンディ・サーキス  ドーナル・グリーソン  グウェンドリン・クリスティー
監督 J・J・エイブラムス
製作総指揮 トミー・ハーパー  ジェイソン・マクガトリン
脚本 ローレンス・カスダン  J・J・エイブラムス  マイケル・アーント
音楽 ウィリアムズ(ジョン)
概要 映画史に燦然と輝くSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズが、監督に「スター・トレック」のJ・J・エイブラムスを迎え、新たなる3部作の幕開けとして贈る全世界待望のSF超大作。「スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還」からおよそ30年後を舞台に、家族を待ち続ける孤独な女性レイと、戦うことに葛藤するストームトルーパーの脱走兵フィンとの出会いが導く壮大な冒険の始まりを描く。出演はヒロインのレイ役に新人デイジー・リドリー、フィン役に「アタック・ザ・ブロック」のジョン・ボイエガ。そのほかアダム・ドライバー、オスカー・アイザックら新参加組に加え、ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャーはじめ旧シリーズの伝説的キャラクターを演じたキャストたちも豪華に再登場。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST