『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公開前夜に32劇場で先行上映! 六本木での“熱い声”をお届け

日本で最速鑑賞となれば、このファンの熱気!

日本で最速鑑賞となれば、このファンの熱気!

シリーズ最高傑作の呼び声高い『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が12月14日の18時30分、全国32の劇場で先行上映された。翌15日の全国封切りを前にした“前夜祭”。東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでは、カウントダウンイベントが行われ、思い思いのコスチュームに身を包んだ約900人のファンが駆けつけた。

>写真をもっと見る

公開当日の最速上映ももちろんSOLD OUT!!

公開当日の最速上映ももちろんSOLD OUT!!

この日は幸運にも座席指定券を手にしたファンはもちろん、「今日はチケットを取れなかったが、どうしても公開をお祝いしたかった」というアツすぎるファンも駆けつけ、17時頃には劇場ロビーが人でごった返した。

どんなグッズが売っているのかな…と気になって売り場に足を運ぶと「パンフレット、劇場限定グッズの販売は21:00からとなります」の貼り紙が。おそらく、物語の核心に触れているであろうパンフレットからの“ネタバレ”を避けるため、劇場側も細心の配慮をしているようだ。

クールダウンの時間も兼ねて

クールダウンの時間も兼ねて

それでは以下、ファンの“熱い声”をお届けします!

カイロ・レンの十字型ライトセーバーを手にした男性は、「今日から3連休取りました!」と本作鑑賞のための準備は万端。「ここで見た後は(有楽町の)日劇へ。これからも週1~2のペースで観たい」と気合い十分だ。「いろいろなインタビューを読んで、今までにない『スター・ウォーズ』だと聞いているので、どのくらい衝撃的なのか楽しみ」ととにかく待ちきれない様子だった。

なんと、養田(ようだ)という苗字のお父さん&息子さんも劇場に! お父さんは「レイの素性が気になる」と期待を寄せ、前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でSW劇場デビューしたという息子さんは、ヨーダを背負って、間近に迫った本編鑑賞に胸躍らせていた。

父から息子へ…

父から息子へ…

 
揃いの赤いローブに身を包んだ女性3人組も、今や遅しと上映を待ち構えており「ルークがなぜ、あの島に行くことになったのか。暗い部分が描かれるのでは」「レイがルークの修行で、どんなジェダイに成長するのか。(『帝国の逆襲』のように)ヨーダとルークのような関係になるのか気になる」「期待半分、不安半分。レイアがどうなってしまうのか…」と話してくれた。

この程度、普通です

この程度、普通です

(取材・文:内田涼)


映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金)全国公開

監督・脚本:ライアン・ジョンソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

出演者 ハリソン・フォード  キャリー・フィッシャー  アダム・ドライヴァー  デイジー・リドリー  ジョン・ボイエガ  オスカー・アイザック  ルピタ・ニョンゴ  アンディ・サーキス  ドーナル・グリーソン  グウェンドリン・クリスティー
監督 J・J・エイブラムス
製作総指揮 トミー・ハーパー  ジェイソン・マクガトリン
脚本 ローレンス・カスダン  J・J・エイブラムス  マイケル・アーント
音楽 ウィリアムズ(ジョン)
概要 映画史に燦然と輝くSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズが、監督に「スター・トレック」のJ・J・エイブラムスを迎え、新たなる3部作の幕開けとして贈る全世界待望のSF超大作。「スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還」からおよそ30年後を舞台に、家族を待ち続ける孤独な女性レイと、戦うことに葛藤するストームトルーパーの脱走兵フィンとの出会いが導く壮大な冒険の始まりを描く。出演はヒロインのレイ役に新人デイジー・リドリー、フィン役に「アタック・ザ・ブロック」のジョン・ボイエガ。そのほかアダム・ドライバー、オスカー・アイザックら新参加組に加え、ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャーはじめ旧シリーズの伝説的キャラクターを演じたキャストたちも豪華に再登場。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ハリソン・フォード

生年月日1942年7月13日(77歳)
星座かに座
出生地米・イリノイ

ハリソン・フォードの関連作品一覧

キャリー・フィッシャー

生年月日1956年10月21日(60歳)
星座てんびん座
出生地ロサンゼルス

キャリー・フィッシャーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST