『オレの獲物はビンラディン』のニコラス・ケイジ、なぜかチキンについて熱弁する!? メイキング映像解禁

(C)2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved

(C)2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved

アメリカを愛するあまり、たった独りでパキスタンに潜入し<ビンラディン捕獲作戦>に挑んだ男がいた――全米を仰天させた実在のキテレツオヤジを、ハリウッドきっての愛され俳優ニコラス・ケイジが熱演した実話コメディ『オレの獲物はビンラディン』が12月16日(土)より公開中。本作の公開を記念し、ニコラス・ケイジのメイキング映像が到着した。

この映像が捉えるのは、ケイジ演じるゲイリーが日課である人工透析を受けている最中に神が現れ、“ビンラディンを捕まえろ”と啓示を受ける本編でも重要な場面のメイキング風景。創造性を損ねるという理由で事前に台本や脚本を用意することを好まない演出スタイルであるラリー・チャールズ監督の方針により、本作にはそれらがなかったといい、ケイジや神役のラッセル・ブランドが動きをひとつひとつ確認し、模索しながら撮影に臨む様子が伺える。

監督は、「脚本は、偶然や運、現実性やランダム性を自ら制御し、無限に広がる創造性の役割を破壊してしまうんだよ」と脚本を使わない理由について説明。ケイジはそんな監督のスタイルについて「すごく自然で、すごくみずみずしい状態を保ちたいというのが彼のスタイルなんだ」と評価しているが、続く、目や顔を真っ赤にしながらゲイリーが息もつかずにアメリカのチキンがいかに優れているかを力説して放心している姿を見れば、ケイジがそのスタイルにもはや演技の域を超えた見事な演技で応えていることが分かる。

この映像からゲイリーが実にクセのあるエネルギッシュなキャラクターであることが伝わってくるが、撮影を前に、ケイジは監督とともにゲイリー本人の元を訪ね、リサーチのためにインタビューを行ったという。ゲイリーはそこで6時間もの間ひたすらマシンガントークを繰り広げ、ケイジがそこで感じた彼の有り余るエネルギーや甲高い声、チャーミングさといった特徴がゲイリーという人物を演じる上で大いに役立ったという。


映画『オレの獲物はビンラディン』
12月16日(土)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開

【監督】ラリー・チャールズ『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』
【脚本】ラジヴ・ジョセフ&スコット・ロスマン『ドラフト・デイ』
【音楽】デヴィッド・ニューマン
【撮影】アンソニー・ハードウィック 【美術】セバスチャン・スークプ
【衣装】メアリー・E・マクリード
【出演】ニコラス・ケイジ/ラッセル・ブランド/ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ/レイン・ウィルソン/マシュー・モディーン
2016年/アメリカ/英語/92分/カラー/5.1ch/DCP/原題:Army of One/日本語字幕:岩辺いずみ/PG12/配給:トランスフォーマー

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ニコラス・ケイジ

生年月日1964年1月7日(55歳)
星座やぎ座
出生地米・カリフォルニア・ロングビーチ

ニコラス・ケイジの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST