映画『坂道のアポロン』本ポスターと予告篇映像が公式サイトで解禁!

(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

知念侑李が単独初主演を務め、中川大志、小松菜奈と共演する映画『坂道のアポロン』より、本ポスターと予告篇映像が公式サイトにて解禁となった。

本作は「このマンガがすごい!2009」オンナ編で1位を獲得し、第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞した名作少女コミックの実写版。劇中では、長崎県の佐世保市を舞台に、周囲に心を閉ざしがちだった主人公の西見薫(知念)が、川渕千太郎(中川)や、迎律子(小松)らと織りなす、切なくも瑞々しい人間模様が描かれる。

予告編は、薫と千太郎がジャズを通じて心を通わせる姿を映し出す。本作のために、ピアノとドラムを数か月かけて猛特訓した2人のセッションは必見だ。また、薫の律子に対する淡く儚い片想いや、千太郎との衝突なども垣間見える。一方の本ポスターには、知念と中川がセッションを楽しむ姿に、「運命を変えてしまう出会いがある― 必泣の感動作」というコピーが添えられた。

さらに、本作の主題歌が小田和正の『坂道を上って』(アリオラジャパン)に決定し、音源も解禁となった。古希を迎えてもなお、唯一無二の存在感で全世代に愛され続ける小田が本作のために書き下ろした新曲は、作品に寄り添いながら、懐かしく、そして切なさが込み上げてくる、感涙必須な楽曲となっている。小田のコメントは下記の通りだ。

【小田和正コメント】
ボクの高校も海を見下ろす高台にあったので、やはり坂道を上って通っていました。中学高校と6年間。で、この曲を書きながらその頃のあれこれを思い出すことになりました。参考までにと見せてもらった『坂道のアポロン』は素晴らしく、特に演奏の場面はスタッフの音楽に拘る気持ちが伝わって驚くほどの仕上がりでした。自分の書く曲が映画制作に携わった人たち、見る人たちの想いに少しでもそうことが出来れば嬉しいです。  


映画『坂道のアポロン』
2018年全国ロードショー

出演:知念侑李(Hey! Say! JUMP) 中川大志 小松菜奈
真野恵里菜 中村梅雀 ディーン・フジオカ

監督:三木孝浩
脚本:髙橋泉
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

三木孝浩

生年月日1974年8月29日(44歳)
星座おとめ座
出生地徳島県

三木孝浩の関連作品一覧

真野恵里菜

生年月日1991年4月11日(28歳)
星座おひつじ座
出生地神奈川県座間市

真野恵里菜の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST