【ハリウッド大注目】映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』ワールドプレミア開催!

『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』

『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』/Kevin Winter/ ゲッティイメージズ

2018年初夏公開予定のハリウッド最注目映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』。現地時間現地12月18日(月)にワールドプレミアが実施され、レッドカーペットには、リドリー・ スコット監督と主演のミシェル・ウィリアムズクリストファー・プラマーマーク・ウォールバーグといった主要キャストが登場した。

リドリー・スコット監督、再撮影にも「即決した」

ワールドプレミアは現地時間の12月18日(月)にサミュエル・ゴールドウィン・シアター(LA、ビバリーヒルズ)にて開催。寒空の会場に鮮やかなレッドカーペットが敷かれる中、多くのファンやメディアが詰めかけた。それもそのはず、本作はハリウッドの大プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインのセクハラ告発に端を発した一連の騒動から派生し、12月22日の全米公開を目前に、あろうことか本作に名前を連ねていたケビン・スペイシーの降板劇が発生。お蔵入りすらささやかれたが、急きょ代役を立て、オスカー俳優であるクリストファー・プラマーを新たにゲティ役に抜擢! 短期間での再撮影を敢行し、予定通り全米公開することが発表された。この短期間で撮り直しされるのも異例中の異例だが、更に本作はアカデミー賞の前哨戦となる“第75ゴールデングローブ賞”で3部門(監督賞、助演男優賞、主演女優賞)にノミネートをする大逆転劇を見せている。

オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド

クリストファー・プラマー/Amanda Edwards/ ゲッティイメージズ

プレミア上映前、主演のミシェル・ウィリアムズ、監督のリドリー・スコット、マーク・ウォールバーグ、チャーリー・プラマー、そしてケビン・スペイシーの代役を務めたクリストファー・プラマーらがカーペットに登場した。再撮影について聞かれたリドリー・スコット監督は「即決した。いい流れが来ていたので留まりたくなかった」と強い意志を持って本作を完成させたことを話してくれた。誘拐されたポールの母、ゲイル役を演じたミシェルはブラックカーペットに映えるルイ・ヴィトンの真紅のドレスで登場、リドリー監督に対して「一緒に仕事ができることに最大の魅力を感じ、イエスと即答した」と語り、リドリー・スコットの求心力の強さをアピールした。交渉人のフレッチャー・チェイス役のマークは自身が演じた役柄に対して「何よりもリドリーの作品であることが重要だった」とこちらもまたリドリーが作る作品へ出演できた喜びを熱く語った。そして、今回、急きょとなる代役で大富豪・ゲティを見事に演じきったプラマーはゴールデングローブ賞へのノミネートに対して「撮影した直後だったので少し驚いたが、嬉しいよ」と笑顔で喜びのコメントを。また、ジャン・ポール・ゲティという役について「単純に白、黒ではなく、様々な色を持った役。演じるのは非常に面白いことだと思った」と語った。

その後、リドリー監督およびキャストは本作の完成に期待を寄せる1000人以上ものファンで熱気に包まれたプレミア上映会場へ。会場のスクリーンには「本作に関わった800人以上のキャスト、スタッフ全員の尽力なしにこのプレミアは実現しえなかった」の文字と、本作に携わったキャスト、スタッフ等関係者全員の名前が映し出された。そのスクリーンをバックにリドリー監督から謝辞が述べられ、観客からは惜しみないスタンディングオベーションが巻き起こった。

本作はフォーチュン誌によって、世界で初めての億万長者に認定された石油王ジャン・ポール・ゲティの1973年に起きた彼の孫の誘拐事件を、『オデッセイ』、『アメリカン・ギャングスター』、『ブラックホーク・ダウン』、『グラディエーター』、『エイリアン』の巨匠リドリー・スコット監督が映画化。デヴィッド・スカルパによる脚本は、2015年度のハリウッドのザ・ブラックリスト(※映画スタジオ重役が選ぶ、映画化前の優秀脚本リスト。リストに載った作品はアカデミー賞、ゴールデングローブ賞を受賞することが多いことで有名)にも選ばれている。

キャストコメント一覧

監督:リドリー・スコット 

Q:ゴールデン・グローブ賞にノミネートされていかがですか?
A.素晴らしいことです。自分の作品が認められたということが何よりも最高です。
Q:再撮影はどのように決断を?
A.即決しました。判断に要したのは3分です。そこから再撮影をし、すでに調理してあるものと組み合わせただけです。いい流れが来てましたので、辛いことがあってもそこで留まることはしたくなかった。
Q:この作品で体験した一番の恐怖は?
A.世に出せないかもしれないと思ったことです。「ごめんなさい、我々はこれ以上もうお金が掛けられません」と言うことは簡単です。下手に出し惜しみをすれば作品は死んでしまいます。しかし、なんとか乗り越えることが出来ました。
Q:我々はこの映画から何を得られるのでしょうか?
A.スリルな体験に驚くと思います。億万長者の男の話ではありますが、スリラーの要素もあります。私が大好きな真実に基づくスリラーで、まさに『事実は小説より奇なり』です。

ゲイル・ハリス役:ミシェル・ウィリアムズ

Q.あなたの役のどんなところに魅了されましたか?
A. まず役よりもリドリーと一緒に仕事ができることに最大の魅力を感じましたし、光栄に思いました。こんな魅力的で強い母親役を演じられるなんて喜んでやりたいと思い、イエスと即答しました。簡単な決断でした。

ジャン・ポール・ゲティ役:クリストファー・プラマー

Q.脚本のどんなところに魅力を感じ、演じたいと思いましたか?
A. 私が演じるゲティという人物が非常にうまく描かれていたからです。ゲティ氏はただ単純に白、黒ではなく、様々な色を持った役だった。事件が表に出て解決するまでの葛藤や謎解きもあり、演じるのは非常に面白いことだと思った。
Q.ゴールデングローブでノミネートされたことについては、どう思いましたか?
A. 嬉しいです。撮影した直後だったので、少しは驚きましたがね。

フレッチャー・チェイス役:マーク・ウォールバーグ

Q.様々な役を演じてきた中で、今回の役はどう思いましたか?
A.何よりもリドリー・スコットの作品であることが重要だと思いました。長年彼のファンでしたから。今回やっと連絡が来て、出演できることは興奮するほど嬉しかった。ただタイミングは最悪で、夏に妻と子供達と行こうとしていた大きなプランと撮影が重なっていたのだけど、こんな機会は滅多に無いので受けることにしました。素晴らしい才能の人と働くには時々このような決断をしないといけないんです。

ジョン・ポール・ゲティ三世役:チャーリー・プラマー

Q.どのように今回の役作りの準備をしましたか?
A. 出来る限りリサーチをしました。今日こうやって素晴らしいメンバーと一緒にカーペットを歩くことが出来て幸運に思っています。自分ができる精一杯の役割を果たしたと思います。
Q.大きな挑戦を乗り越えてこの作品を初披露できる今日、あなたはどれだけ誇りに思っていますか?
A. 大変誇りに思っています。制作に関わった何百人のスタッフがいなければ、今日を迎えることはできませんでした。このような作品に関わることが出来て素晴らしい体験ができたことは、僕の誇りです。


映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』
2018年夏 全国ロードショー

監督:リドリー・スコット
出演:ミシェル・ウィリアムズ クリストファー・プラマー ロマン・デュリス チャーリー・プラマー and マーク・ウォールバーグ
脚本:デビッド・スカルパ 原作:ジョン・パーソン ”Painfully Rich: The outrageous Fortunes and Misfortunes of the Heirs of J.Paul Getty”
配給:KADOKAWA
コピーライト:(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST