【地上波】お正月はアニメ映画だ!『君の名は。』、『魔女の宅急便』ほか新海誠とジブリがアツすぎる!

年末年始のアニメを観るなら!

新海誠とジブリアニメがアツすぎる!

年末年始は特番続きのテレビ欄。そんな中でも、2018年の年初めはアニメ映画がアツい! そこで年始から早速見逃せないテレビ放送のアニメ映画を一挙にご紹介。1作品たりとも見逃したくない!

1月1日(月)深夜0:20~4:00【テレビ朝日系列】

『秒速5センチメートル』

『秒速5センチメートル』

好評レンタル&発売中

【あらすじ】
小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く…。貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨を切り取った表題作「秒速5センチメートル」の3編を収録した連作短編アニメーション。

監督は「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」の新海誠。ありふれた日常の中で繰り広げられる男女の心の機微を美しい映像でリリカルかつノスタルジックに綴る。

⇒作品紹介・レビューを見る


『星を追う子ども』

『星を追う子ども』

好評レンタル&発売中

【あらすじ】
地下に広がる不思議な世界の謎を巡って危険な旅に出る少年少女たちの冒険の行方を描く。父の形見の鉱石ラジオから流れてきた不思議な唄が忘れられない少女アスナ。ある日彼女は、地下世界アガルタから来たという少年シュンと出会う。次第に心を通わせていく2人だったが、少年は突然姿を消してしまう。シュンの行方を追い求めるアスナは、新任教師のモリサキから地下世界にまつわる不思議な神話を聞かされる。その世界こそシュンが来たというアガルタだった。そして、そんなアスナの前に、シュンと瓜二つの異国の少年シンが現われるが…。

「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」の新海誠監督が贈るファンタジー・アドベンチャー・アニメーション。

⇒作品紹介・レビューを見る

1月1日(月)深夜1:59~3:49【日本テレビ系列】(関東)

『レッドタートル ある島の物語』

『レッドタートル ある島の物語』

好評レンタル&発売中

【あらすじ】
無人島にたった一人で漂着し、孤独に打ちひしがれ、絶望の淵に立たされた男が、ある日突然目の前に姿を現わした一人の女とともにふたりで人生を紡いでいく姿を、セリフを排し、美しく詩的な映像と音楽のみで綴っていく。

「岸辺のふたり」でアカデミー賞短編アニメーション賞に輝いたマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督がスタジオジブリのプロデュースの下、初めて手がけた長編アニメーション。

⇒作品紹介・レビューを見る

1月2日(火)深夜1:05~4:00【テレビ朝日系列】

『言の葉の庭』

『言の葉の庭』

好評レンタル&発売中

【あらすじ】
梅雨の季節に出会った15歳の少年と27歳の女性をめぐるドラマを、アニメーションならではの表現で描く。学校をサボり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描く高校生のタカオ。靴職人を目指すタカオはそこで、缶ビールを飲む女性、ユキノと出会う。ユキノはタカオに「また会うかもね。雨が降ったら」と告げ、その場を後にした。こうして二人は約束もないまま、雨の日の公園で逢瀬を重ねるようになる。歩き方を忘れたというユキノのため、タカオは靴を作ろうとするのだったが…。

キャラクターデザインと作画監督は「星を追う子ども」の土屋堅一が担当した。主題歌は秦基博による大江千里「Rain」のカバー。新海誠監督が初めて手がけたラブストーリー。

⇒作品紹介・レビューを見る


『雲のむこう、約束の場所』

『雲のむこう、約束の場所』

好評レンタル&発売中

【あらすじ】
戦後、日本は津軽海峡を挟んで南北に分断された。米軍統治下の青森に暮らす2人の少年、ヒロキとタクヤ。彼らは2人とも同級生のサユリに憧れを抱いていた。そんな2人はある日、津軽海峡の向こう側、ユニオン占領下の北海道に建設された、謎の巨大な“塔”を見ながら、いつか自分たちの力であの塔まで飛ぼうと約束、小型飛行機を組み立て始めるのだった。ところが中学3年の夏、サユリが突然東京に転校してしまう。虚脱感に襲われた2人はいつしか飛行機作りも投げ出してしまい、高校進学を境に別々の道を歩み始めるのだったが…。

⇒作品紹介・レビューを見る

1月3日(水)21:00~【テレビ朝日系列】

『君の名は。』

『君の名は。』

好評レンタル&発売中

【あらすじ】
東京の男子高校生、瀧と田舎で暮らす女子高生、三葉は突然、お互いの体が断続的に入れ替わるようになったことに気付く。二人はスマホのメモなどを活用して入れ替わり時のルールを決め、それぞれの生活を送るが、ある日を境に入れ替わりが途絶。瀧は目に焼き付けた風景と記憶を頼りに三葉を捜し始める。

125の国と地域で公開され新海誠監督の名を世界中に知らしめた大ヒット作。若者たちが火をつけた人気はやがて幅広い層に広がり、最終的に邦画の歴代興行収入2位となる249億円をたたき出すなど社会現象となった。神木隆之介、上白石萌音らが声優を務めRADWIMPSが初期段階から製作に携わり音楽を担当した。 美しい風景描写はもとより、主人公たちの入れ替わりによって起こる青春ドラマだけにとどまらない、驚きの仕かけが隠された物語も秀逸。新海監督の前作『言の葉の庭』のキャラが登場するなど、繰り返し観たくなる要素も満載だ。

⇒作品紹介・レビューを見る

1月5日(金)21:00~【日本テレビ系列】

『魔女の宅急便』

『魔女の宅急便』

好評レンタル&発売中

【あらすじ】
13歳の魔女キキは、古い一族の掟に従い、黒猫ジジと修業の旅に出る。そして、海辺の大きな街で修行をすることに。箒で飛ぶ以外に能がないのキキは、空飛ぶ宅急便を始める。しかし、最初の仕事でいきなり荷物を無くしてしまう…。

「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」の宮崎駿監督が、魔女の少女が魔女になるための修行をしていく過程で様々な経験を積み成長していく姿を描いた長編アニメーション。

⇒作品紹介・レビューを見る

1月12日(金)21:00~【日本テレビ系列】

『ゲド戦記』

『ゲド戦記』

好評レンタル&発売中

【あらすじ】
多島海世界“アースシー”では、西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の住む東海域に現われ共食いを始めた。それに呼応して、世界ではさまざまな異変が起こり始める。世界の均衡が崩れつつあるのだった。偉大な魔法使い、大賢人ゲドは、災いの源を探る旅に出る。やがて彼は、心に闇を持つ少年、エンラッドの王子アレンと出会う…。

ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』をスタジオジブリが映画化した長編アニメーション。巨匠・宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗の第一回監督作品。声の出演は主人公アレン役に岡田准一、ヒロインのテルー役には新人・手嶌葵。

⇒作品紹介・レビューを見る

>TSUTAYAプレミアムで観放題!

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

新海誠

生年月日1973年2月9日(45歳)
星座みずがめ座
出生地長野県南佐久郡小海町

新海誠の関連作品一覧

宮崎駿

生年月日1941年1月5日(77歳)
星座やぎ座
出生地東京都文京区

宮崎駿の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST