林遣都ら出演の童貞映画『チェリーボーイズ』本能むき出しの予告編&場面写真解禁

(C)古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン

(C)古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン

古泉智浩の人気漫画『チェリーボーイズ』(青林工藝舎刊)の実写映画化作品で、林遣都・栁俊太郎・前野朋哉が出演する映画『チェリーボーイズ』から、童貞たちの本能がむき出しになった予告編と場面写真が解禁となった。

物語の主人公は、東京での音楽活動がうまくいかない見栄っ張りな“ク ンニ”こと国森信一(林)、乳首にコンプレックスを持つイケメン“ビーチク”こと吉村達也(柳)、典型的な オタク気質の“カウパー”こと高杉誠(前野)。仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端。そして揃いも揃って25歳の童貞で、寝ても覚めても考えるのは、女性とSEXのこと。そんな負け組認定の男たちが、自分を変えるためにとった行動とは...。

解禁となった予告編には、田舎町のコンビニでお互いの経験値を確認し合う、冴えない3人の男たちの姿が映し出される。童貞を卒業できず、何者かになることもできない3人は、そんな状況を打破すべく立ち上がる。作戦遂行のために、警棒、催涙スプレー、スタンガンの威力を試したり、ファミレスでおバカな会議をしたり、傍から見ればくだらないことに懸命に取り組む姿は、なんとも可笑しくも愛おしいが、叫んでビンをまき散らすクンニ、ボロボロになったビーチク、泣きじゃくるカウパーの姿からは、心のわだかまりも感じ取れる。

予告編に併せて、場面写真も解禁となった。カラオケボックスで仏のごとく無の表情をするブーチン(石垣佑磨)の周りには、魂を抜き取られたかのような男たちの姿が…。何かを恐れる3人組や、この町一番の悪と称される五木(般若)と楽しげに会話する笛子(池田エライザ)の姿も。一体、この田舎町では何が起こるのか!?物語の展開に期待が膨らむ場面写真は必見だ。さらに、西海謙一郎監督、原作の古泉智浩さんよりコメントも到着したので、ぜひチェックしてほしい。

【西海謙一郎監督からのコメント】
助監督という商売をはじめて25年。長篇映画を撮るチャンスは僕にはありませんでした。しかしこの度、クンニ、ビーチク、カウパーの童貞歴25年が僕の25年と見事にシンクロし、やっと発射することが出来たのです!「やらなければ一生クズのまんまだ」撮影で挫けそうになった時、僕はクンニの言葉をいつも呟いていました。とにかく今は僕の発射に力を貸していただいた皆様に感謝の言葉しかありません。これからも飛ばしたいです。ピュッて!

【原作・古泉智浩からのコメント】
今のご時勢にあってこの映画の攻めの姿勢がすごすぎないでしょうか。原作者ではあるのですが、監督やスタッフの皆さん、出演者の方々がこんな原作に携わっていただき感謝と共にリスクが心配でなりません!


映画『チェリーボーイズ』
2018年2月17日よりシネ・リーブル池袋、渋谷TOEIほか全国劇場公開

林遣都 栁俊太郎 前野朋哉
池田エライザ / 石垣佑磨 岡山天音 般若
山谷花純 松本メイ 岸明日香 馬場良馬
吹越満 立石涼子
監督:西海謙一郎 脚本:松居大悟 原作:古泉智浩『チェリーボーイズ』(青林工藝舎刊) 主題歌:「GO! GO! Cherry Boy!」MANNISH BOYS(スピードスターレコーズ)
音楽:石塚徹×鈴木俊介 製作:間宮登良松 エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫 プロデューサー:中野剛 原田博志 松嶋翔 キャスティングプロデューサー:眞野雄次
撮影:沖村志宏 照明:鳥越正夫 録音:山田幸治 美術:山本直輝 編集:太田義則 スタイリスト:杉本京加 ヘアメイク:知野香那子 特殊メイク:三好史洋 VFX スーパーバイザー:井上英樹
アクション監督:根本太樹 制作担当:雲井成和 タイトルロゴデザイン:井上則人 スチール:井上貴之 ポスターデザイン:杉山ハジメ 音楽プロデューサー:田井モトヨシ 音楽制作:ロードアンドスカイ・オーガニゼイション
パブリシティ:アティカス 制作プロダクション:マイケルギオン 製作:東映ビデオ マイケルギオン 配給・宣伝:アークエンタテインメント
2018 年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/113 分/R15+ (C)古泉智浩/青林工藝舎・2018 東映ビデオ/マイケルギオン

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST