【祝!95歳】スタン・リーの活躍からまだまだ目が離せない!

(C)Marvel Studios 2017

(C)Marvel Studios 2017

【国王】と【ヒーロー】、2つの顔を持つマーベル史上最もクールでミステリアスな新ヒーロー『ブラックパンサー』は、2016年公開の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で鮮烈なデビュー。その単独作品として、2018年3月1日(木)の公開が待ち遠しい本作は、自国の秘密を守るため世界中にスパイを放ち、国内外の敵と戦うこれまでのマーベル・スタジオ作品にはない異色のスタイリッシュな作風に仕上がっている。

生涯現役! のエネルギッシュな男=スタン・リー

そして本日12月28日は作品の生みの親でもあるマーベル・コミックスのレジェンド、スタン・リーの誕生日!! 2017年で御年95歳となったが、今では映画『アベンジャーズ』などに登場したメンバーとしていられるキャラクター(『アイアンマン』 『マイティ・ソー』 『インクレディブル・ハルク』 『ドクター・ストレンジ』 『スパイダーマン』)など、数々の作品の原作を担当。これらの、彼が手掛けたキャラクターが近年になり映画化されるようになると、カメオ出演をすることが恒例に。最新作が公開をされるたびにスタン・リーがどんな場面で、どんな役柄で出演をするのか、ファンの間では楽しみの一つとなっている。

今年日本で公開された作品では、マーベル・スタジオ作品だけでも『ドクター・ストレンジ』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『スパイダーマン:ホームカミング』『マイティ・ソー バトルロイヤル』の4作品に出演。さらに、ジョニー・デップと、彼の娘リリー=ローズ・デップが初共演を果たし話題にもなったホラー・コメディ『コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~』にもなぜかカメオ出演し、合計5本もの映画に出演…とくればもはや、売れっ子俳優さながらの活躍ぶり。それぞれ作品では、バスの乗客、宇宙人と会話をしている謎の老人、ニューヨークに住む近所の住人、惑星サカールで囚人の髪を切る老人など、さまざまな役どころで登場しているので、彼を知っているだけで一つ映画の楽しみが広がるのである。

来年もコミコン開催が決定しているが果たして…

来年もコミコン開催が決定しているが果たして…

また、昨年から開催されている東京コミックコンベンション(通称:東京コミコン)には、なんと2年連続来日するなど、日本のファンも驚かせつつ、今なお現役として世界中で精力的にマーベルコンテンツの普及に尽力しているスタン・リー。2018年いち早く彼の姿が見られるであろう作品は、先に紹介した『ブラックパンサー』。超文明国ワカンダが舞台となる本作の予告編では、アフリカ民族系の衣装を模したクールな衣装を着た部族らしき人々や、最先端技術を誇る近未来的な建物、スーツが特徴的だが、果たしてどのようなエッセンスとして映画に登場するのか? 今から注目をしたいところだ。

さらに、続いて4月27日公開の『アベンジャーズ』最新作となる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』やアメリカで7月に公開が決まっている『アントマン』の最新作『Ant-Man and the Wasp(原題)』(日本公開未定)でも彼の登場が期待できそう。ファンを楽しませることに全力なプロフェッショナル、スタン・リーの活躍は、これからもマーベルコミック・映画ファンを増やし続けていくことだろう。


『ブラックパンサー』
2018年3月1日(木) 全国ロードショー

監督:ライアン・クーグラー( 『クリード チャンプを継ぐ男』 )
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:チャドウィック・ボーズマン、ルピタ・ニョンゴ、マイケル B.ジョーダン、マーティン・フリーマン、アンディ・サーキス、フォレスト・ウィテカー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン  
全米公開:2018年2月16日 

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

スタン・リー

生年月日1922年12月28日(95歳)
星座やぎ座
出生地米・ニューヨーク

スタン・リーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST