【アカデミー最有力】『デトロイト』特別動画が解禁!

英g

映画『デトロイト』/(C) 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

女性初のアカデミー賞(R)監督賞に輝いた『ハート・ロッカー』、作品賞を始め5部門にノミネートされた『ゼロ・ダーク・サーティ』と、新作を発表する度に大センセーションを巻き起こしてきたキャスリン・ビグロー監督最新作『デトロイト』が1月26日(金)全国公開。このたびアカデミー賞最有力との呼び声も高い本作の特別映像が到着した!

1967年当時、自動車産業で繁栄したデトロイトはアメリカで5番目の都市で、才能があれば夢が叶う、希望に満ちた場所だった。アフロ・アメリカンによって生まれたソウル・ミュージックは、デトロイト発祥のモータウン・レコードを生んだことで知られており、数多くの才能を輩出した。だが、8マイルロードで分断された白人と黒人の格差や差別が蔓延し、市民の緊張は高まり爆発寸前、ついに7月23日に米史上最大級の<デトロイト暴動>が起こった。

暴動発生から3日目の夜、夢と希望に燃える地元出身の若きボーカルグループ、ザ・ドラマティックスのリード・シンガー、ラリー・リードと仲間たちは、ついにたどり着いた音楽の殿堂にして聖地 “フォックス・シアター”のステージでスポットライトを浴びる瞬間を待ちわびていた。いよいよ夢が叶う。しかし、女性コーラスグループ、マーサ&ザ・ヴァンデラスに続き、彼らがステージへと踏み出す間際、司会者から突如「今夜は中止だ」と告げられる。暴動によって戦場と化したデトロイトの街は混乱し、フォックス・シアターにもその余波が及んだ。夢の舞台を目の前にした突然の中止にメンバーたちは大きく落胆する。

解禁された映像は、誰もいないステージでラリーがマイクを取るところから始まる…。

「ラリーはフォックス・シアターを夢見ていた。だが、夢が実現する直前で、デトロイト暴動が起きた」と解説するのは、アルジー・スミス。今最も注目され、“ポスト・ウィル・スミス”と呼ばれる俳優で、実在の人物であるラリーを演じ見事な歌声も披露している。

公演が中止となりバスに乗ったメンバー。ラリーは暴動の混乱を避けるため「アルジェ・モーテルで静まるのを待とう」と友人のフレッド(ジェイコブ・ラティモア)を誘う。アルジー・スミスが「これが悪夢の始まりだった」と説明する通り、アルジェ・モーテルで発砲騒ぎがあり、デトロイト市警とミシガン州兵が現場に急行し、窓に浮かんだ人影に向かって一斉射撃を行った。恋人と電話中だったラリーは突然の銃声に驚くが、それは彼の人生を変える悪夢の始まりに過ぎなかった。やがて、現場を密室化した白人警官たちは、アルジェ・モーテルに居合わせたラリーとフレッド、モーテルで知り合った白人女性2名を含む8人の若者たちを容疑者と断定し、暴力的な強制尋問を始める。

「あの出来事を語り継ぐのは、非常に意味深い」ことだと語るのは、アルジェ・モーテル事件に遭遇したラリー・リード本人だ。モーテルに居合わせた容疑者の一人として、白人警官たちの情け容赦ない暴力的な尋問に晒された。白人警官がライフルで容疑者の1人を殴りつけるシーンに重なって、「我々が見た事実を忘れて欲しくない」とラリー。ラストの映像では、公演が中止され観客が避難した後で、ラリーは一人ステージへと向かう。誰もいない夢のステージ、フォックス・シアターで歌うその声が、哀しくも切なく響き渡る。

「50年の時を経て、ラリーの体験が語られる」とアルジー・スミスが語る通り、デトロイト暴動の渦中に起こった「アルジェ・モーテル事件」が、半世紀を経て遂に映画化された。密室と化した室内で一体何が行われていたのか。そして、被害者たちはどんな運命をたどることになるのか。キャスリン・ビグロー監督は、これまで歴史の闇に封印されていた“戦慄の一夜”を徹底してリアルに再現、映画史に残る40分間の衝撃的な映像を完成させた。その衝撃を、是非、映画館で受けとめてもらいたい。


映画『デトロイト』
2018年1月26日より全国ロードショー

監督:キャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』)
脚本:マーク・ボール(『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』)
出演:ジョン・ボイエガ(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』)、ウィル・ポールター(『レヴェナント:蘇えりし者』)、ジャック・レイナー(『トランスフォーマー/ロストエイジ』)、アンソニー・マッキー(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
2017年/アメリカ/英語/142分/1.85 : 1/カラー/5.1ch/原題:DETROIT/日本語字幕:松崎広幸
提供:バップ、アスミック・エース、ロングライド
配給:ロングライド        

フォトギャラリー

ゼロ・ダーク・サーティ

ゼロ・ダーク・サーティ

出演者 ジェシカ・チャスティン  ジェイソン・クラーク  ジョエル・エドガードン  ジェニファー・エール  マーク・ストロング  カイル・チャンドラー  エドガー・ラミレス  ジェームズ・ガンドルフィーニ  クリス・プラット  フランク・グリロ
監督 キャスリン・ビグロー
製作総指揮 コリン・ウィルソン  テッド・シッパー  グレッグ・シャピロ
脚本 マーク・ボール
音楽 アレクサンドル・デプレ
概要 「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督&マーク・ボール脚本コンビが、米海軍特殊部隊“ネイビー・シールズ”によって遂行されたオサマ・ビンラディン暗殺をめぐる驚愕の舞台裏を、ビンラディン追跡で中心的役割を担ったCIAの若い女性分析官を主人公に描き出した衝撃の問題作。主演は「ツリー・オブ・ライフ」のジェシカ・チャステイン。巨額の予算をつぎ込みながらも一向にビンラディンの行方を掴めずにいたCIA。そんな手詰まり感の漂うビンラディン追跡チームに、情報収集と分析能力を買われたまだ20代半ばの小柄な女性分析官マヤが抜擢される。さっそくCIAのパキスタン支局へ飛んだ彼女は、そこで行われていた取り調べの過酷な現実に戸惑いを見せるが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST