NGT48・北原里英インタビュー(2)プライベートは『ウォーキング・デッド』で…!?

1ページ目より続く)

門脇麦さんが2人目のサニーとして登場します。すると、どちらが本物のサニーなのか分からなくなります。

北原里英

北原里英

北原:撮影期間中は皆ずっと新潟県に滞在して、ほぼ毎日一緒に過ごしていました。共演者の皆さんとまるで家族になったような感覚になりました。

─寒い中で一緒に頑張ってきたから。

北原:物語の中でも、実際の撮影現場でも皆寝食をともにして過ごしてきているので、役と同じ感覚になっていたと思います。一緒に過ごした時間が長すぎて、サニーという存在の重要性が後戻りできないところまで達している。観てくださる皆さんにもよく伝わると思います。

─門脇さんとは、どんなやり取りを?

北原:撮影では一日しかご一緒できなかったのですが、一階と二階に分かれて、モニター中継を通じて共演しました。実際に顔を合わせてお芝居をしたわけではありません。でもそれが良かったように思います。

─門脇さんのオーラに圧倒されて。

北原:画面越しからも麦ちゃん演じるサニーを強く感じましたし、こちらも演技に熱が入りました。でも待ち時間は一緒に楽しく過ごさせてもらいました。

─どんな方でしたか?

北原:気さくな方で、一緒に「しりとり」をしてくれました。

─かわいいですね(笑)。

北原:撮影現場の近くは、ごはん屋さんはもちろん、コンビニもない。娯楽が一つもなかったんです。そんな現場で唯一の楽しみが「しりとり」(笑)。空き時間は、皆でず〜っとしりとりをしていました。

─大流行ですね。

北原:麦ちゃんも「現場でしりとりをしている」と事前に情報を聞いて「私もしりとりしたいな」と思ってくれていたらしくて、一緒に「食べ物しりとり」をしました。その時「皆としりとりができて嬉しい」と喜んでくれて(笑)、「可愛らしい方だな」と思いました。

─縛りルール有りのしりとり。察するに、相当やり込んだんですね(笑)。

北原:4文字のうち2文字を取っていく“2文字しりとり”など、色々やりましたね。もともと私が、皆と仲良くなりたいと思った時に困ったあげく、控室でリリーさんに「しりとりしませんか……?」と話しかけて、五文字しりとりをしていたのがきっかけとなって皆に広まりました。

最近は『ウォーキング・デッド』にドハマり!夢中になりすぎて「過呼吸になりました」

─今度は、しりとりを楽しんだ極寒の過酷な現場とはうって変わって、日頃どんな映像作品や音楽を楽しんでいるのか教えてください。

北原:基本的に邦画が好きです。邦画を観ることが多いです。

凶悪みたいな重め、暗め、だけどエンタメ、のようみたいな。

…なんか韻を踏んでしまいましたが(笑)、そういった作品を観るのが好きです。

─具体的にはどんな作品を?

北原:園子温監督の作品は世界観が好きでほぼ全部観ています。最近よく観ているのは、海外ドラマのウォーキング・デッドです。

─2017年からシーズン8も始まりましたね。

きたりえも思わず英語リアクションに!『ウォーキングデッド』(C)AMC Film Holdings LLC.2016.All Rights Reserved.

きたりえも思わず英語リアクションに!『ウォーキングデッド7』(C)AMC Film Holdings LLC.2016.All Rights Reserved.

北原:はい。ついこの間まで「(シーズン)7難民」だったんですよ。なかなか観られなくて、今ちょうど観ています。『ウォーキング・デッド』は大好きですね。

─私も徹夜で観てたので、気持ちはよく分かります。

北原:えっ、本当ですか!? どこまで観ました?

─シーズン7の終わりまで観ました。

北原:「7」あたりから、内容が重くて朝まで観られなくなりませんか? 他のシーズンは次のストーリー展開がどうしてもきになって朝までずっと観ていたのに、今は1話終わるごとに「フ〜ッ!」とタメ息をつきたくなります。

─余韻がスゴい。

北原:一回気持ちを整えて……という作業が必要になってきて進まないんですよね。

─たしかに、それはあるかもしれません。シーズン7は特に、第1話が衝撃ですもんね。

北原:そう! 私、グレン(※)が一番好きなんですよ。作品に影響されやすい性格なので、『ウォーキング・デッド』を観ていると英語になってしまうんです(笑)。

シーズン7の第1話を観ているときは「Oh~! Ah~!!」と “アメリカ人風の過呼吸”になりました(笑)。アメリカ人のこと、全然知らないのですが(笑)。

もうマギー(※)より私のほうが号泣していましたね~。

※グレン・リー…韓国系アメリカ人青年。
※マギー…グレンの恋人。

─それくらいドハマりしていると。ちなみに音楽はどんなものを?

北原:基本的にミーハーなので、流行っているものを聴いています。最近は三浦大知さんの曲をよく聴いています。

─紅白歌合戦も出場した実力派!

北原:『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した時、共演するアーティストさんにメンバー皆で影響を受けることがよくあります。

三浦大知さんとMIYAVIさんのコラボを生で拝見した時は感動しました。

─あの2人のパフォーマンスを生で見たらしびれちゃいますね! 今日はお話を色々ありがとうございました。今後のご活躍も期待しております!

(文:桜井恒二)
ヘアメイク:大西 麻理子 A and ON Atelier スタイリスト:有本祐輔(7回の裏)
イヤリング¥16,000/シキ(03-6885-7489) 他スタイリスト私物

 

『サニー/32』

『サニー/32』

『サニー/32』

北原里英
ピエール瀧・門脇麦・リリー・フランキー・駿河太郎・音尾琢真(特別出演)
山崎銀之丞 カトウシンスケ 奥村佳恵 大津尋葵 加部亜門 松永拓野 蔵下穂波 蒼波純

スーパーバイザー:秋元康 脚本:高橋泉 音楽:牛尾憲輔 監督:白石和彌
主題歌:「pray」牛尾憲輔+田渕ひさ子
製作:永山雅也・間宮登良松・三宅容介 エグゼクティヴプロデューサー:千葉善紀 企画:石田雄治 プロデューサー:高橋信一・押田興将
撮影:灰原隆裕 美術:多田明日香 照明:谷本幸治 録音:浦田和治 装飾:佐々木健一 音響効果:柴崎憲治
編集:加藤ひとみ キャスティング:安生泰子 衣裳:高橋さやか ヘアメイク:有路涼子 助監督:佐和田 惠 制作担当:宮森隆介
企画・製作幹事:日活 製作:日活・東映ビデオ・ポニーキャニオン 制作プロダクション:オフィス・シロウズ 配給:日活
協力:新潟県フィルム・コミッション協議会 ・ 長岡フィルムコミッション
(C)2018『サニー/32』製作委員会 PG12

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

HKT48

結成年月日2011年10月23日(7年)

HKT48の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST