「キングスマン:ゴールデン・サークル」公開記念!痛快アクションを楽しむ映画4選―TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

ハードかつスタイリッシュなアクション、クスッと笑えるコメディ要素など、アクション映画に新しいムーブメントを生んだ「キングスマン」の続編「キングスマン:ゴールデン・サークル」が遂に日本公開!痛快アクションが楽しめる作品をご紹介します。

現代によみがえったスパイアクション

  キングスマン

キングスマン

好評レンタル&発売中

高級テーラー“キングスマン”で働くハリーの正体はスパイ組織のエージェント。彼はエージェントの欠員を補充するため不良少年エグジーをスカウト。エグジーは過酷な新人試験に身を投じていくのだが…

【痛快アクションのPoint】

ジェームス・ボンドやハリー・パーマーなど、クールな表情でミッションをこなす伝説的なスパイに対し、「キングスマン」の主人公、エグジーは何と元不良少年。そのエグジーが立派な英国紳士、かつスパイになっていく様は面白さ炸裂。父親がエース・エージェントではあったものの、スパイに対して知識がないエグジーのコミカルな発言も今までのスパイ映画にないテイスト。そして何より、アクションがこの作品の肝!ハイスピードかつアクロバティックな、今まで見たことがないアクションが繰り広げられます。今までのスパイ映画、アクション映画に一石を投じた作品です!

作品詳細・レビューを見る

カッコ悪い主人公たちがカッコ良くなる

  キック・アス

キック・アス

好評レンタル&発売中

スーパーヒーローに憧れるオタク高校生が始めた自警活動が思わぬ事態へと発展していく様を、過激なバイオレンス満載で描き出す。マーク・ミラーのコミックをマシュー・ヴォーン監督が映画化したアクション・コメディ。

【痛快アクションのPoint】

マシュー・ヴォーン監督の、「キングスマン」以前の長編3作目作品。ストーリー自体が面白いのはもちろん、この作品の最大の目玉はクロエ・グレース・モレッツ演じる「ヒット・ガール」のキレッキレのアクション。今までありそうでなかった、両手に銃を構えてハードなアクションをこなす少女「ヒット・ガール」は、可憐、かつタフ。そのアンビバレンツに痺れる人は多く、その後の女性主人公のアクション映画に影響を与えたことは間違いありません。

作品詳細・レビューを見る

お気楽主人公がおりなす凄腕アクション

  デッドプール

デッドプール

好評レンタル&発売中

R指定作品にも関わらず世界中で大ヒットしたアクション。 元傭兵ウェイドは、謎の組織による人体実験に参加。不死身となるも容姿が醜くなった彼は、“デッドプール”と名のり、組織への復讐に乗り出す。

【痛快アクションのPoint】

ヒーローアクションはあくまでも清く正しく美しく。そんな常識をひっくり返したエポック・メイキングな作品がこの「デッドプール」。ヒーローなのに下品で無責任。スクリーンのこちら側の観客にも語りかけてくるなど、今までのルールをぶっ飛ばしているにも関わらず、アクションは正統にして豪快。「キングスマン」のように、アクションもコメディもどちらの要素も入った作品が好き!という方にはピッタリの作品なのです。2018年にはパート2も公開されるなど、引き続き目が離せないシリーズです!

作品詳細・レビューを見る

イケメン痛快アクションの最高峰

  処刑人

処刑人

好評レンタル&発売中

コナーとマーフィーのマクマナス兄弟はマフィアとトラブルで拘留された留置場の中で、神から“悪人を処刑せよ”との啓示を受け、「路地裏の聖人(セイント)」としてその名を轟かせることになるのだが…

【痛快アクションのPoint】

神からの啓示により悪人を処刑するマクマナス兄弟の、兄をショーン・パトリック・フラナリー、弟を「ウォーキング・デッド」のノーマン・リーダスが演じます。揃いのピーコートに身を包んで悪人を”処刑”する2人は尋常でなくカッコ良い!そこまでエグいシーンはなく、また悪人を処刑する正義の味方というストーリーのため、男性のみならず女性にもお薦めです。「処刑人Ⅱ」もありますが、2人もやや年を重ねた風貌になっているので、若々しいアクションと演技が楽しめる本作から見るのが吉!

作品詳細・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:かしこ

90年代のミニシアターブームから映画にはまり、気づいたら幾星霜。 単館系、文芸系、ドキュメンタリー映画をよく見ます。
最近は海外の映画祭にボランティアで参加したいと思いたち、もっぱら英語を勉強中。(でも道のりは遠い…)

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきの映画はコチラ

キングスマン

キングスマン

出演者 コリン・ファース  マイケル・ケイン  タロン・エガートン  マーク・ストロング  ソフィア・ブテラ  サミュエル・L・ジャクソン  ソフィー・クックソン  マーク・ハミル  ハンナ・アルストロム  ジャック・ダベンポート
監督 マシュー・ヴォーン
製作総指揮 マーク・ミラー  デイヴ・ギボンズ  スティーヴン・マークス  クローディア・ヴォーン  ピエール・ラグランジェ
脚本 ジェーン・ゴールドマン  マシュー・ヴォーン
原作者 マーク・ミラー  デイヴ・ギボンズ
音楽 ヘンリー・ジャックマン  マシュー・マージェソン
概要 「キック・アス」のマシュー・ヴォーン監督と原作者のマーク・ミラーが再びタッグを組み、「英国王のスピーチ」の名優コリン・ファースを主演に迎えて贈る痛快スパイ・アクション。高級テーラー“キングスマン”で仕立て職人として働く英国紳士のハリー。その正体は、どの国家にも縛られることなく秘密裏に正義を遂行する国際的なスパイ組織“キングスマン”のエース・エージェント。ある日、エージェントの一人が何者かに殺害され、その欠員を補充するためハリーは、貧困地区で無軌道な生活を送っていた若者エグジーをスカウトする。彼の父はキングスマンのエージェントで、17年前、その犠牲的行為でチームを救い、命を落としたハリーの恩人だったのだ。こうして、キングスマンの過酷な新人試験に身を投じていくエグジーだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

キック・アス

キック・アス

出演者 アーロン・テイラー=ジョンソン  クリストファー・ミンツ=プラッセ  マーク・ストロング  クロエ・グレース・モレッツ  ニコラス・ケイジ  ギャレット・M・ブラウン  クラーク・デューク  エヴァン・ピーターズ  デボラ・トゥイス  リンジー・フォンセカ
監督 マシュー・ヴォーン
製作総指揮 ピエール・ラグランジェ  スティーヴン・マークス  マーク・ミラー  ジョン・S・ロミタ・Jr  ジェレミー・クライナー
脚本 ジェーン・ゴールドマン  マシュー・ヴォーン
原作者 マーク・ミラー  ジョン・S・ロミタ・Jr
音楽 ジョン・マーフィー  ヘンリー・ジャックマン  マリウス・デ・ヴリーズ  イラン・エシュケリ
概要 「ウォンテッド」の原作者マーク・ミラーの同名コミックを「レイヤー・ケーキ」のマシュー・ヴォーン監督が実写映画化したアクション・コメディ。スーパーヒーローに憧れる平凡なオタク高校生が始めた無謀な自警活動が思わぬ事態へと発展していくさまを、過激なバイオレンス・シーン満載で描き出す。アメコミ好きの高校生デイヴは、ヒーローへの憧れが高じて自らインターネットでコスチュームを手に入れ、勧善懲悪のヒーロー“キック・アス”として街に繰り出す。案の定、最初はチンピラにボコボコにされるデイヴだったが、彼の活動の様子が動画サイトにアップされると、一躍時の人に。そんなキック・アスの活躍が面白くないギャングのボスは、彼の抹殺へと乗り出すが…。

 作品詳細・レビューを見る 

デッドプール

デッドプール

出演者 ライアン・レイノルズ  モリーナ・バッカリン  エド・スクライン  T・J・ミラー  ジーナ・カラーノ  ブリアナ・ヒルデブランド  レスリー・アガムズ  カラン・ソーニ  ジェド・リース  スタン・リー
監督 ティム・ミラー
製作総指揮 スタン・リー  ジョン・J・ケリー  ジョナサン・コマック・マーティン  アディッティア・スード  レット・リース  ポール・ワーニック
脚本 レット・リース  ポール・ワーニック
音楽 トム・ホルケンボルフ
概要 ライアン・レイノルズが型破りなアンチ・ヒーロー“デッドプール”を演じる痛快アクション・エンタテインメント大作。無責任で傍若無人な男デッドプールが、己の復讐に突き進み、愛する女性との幸せを取り戻すべく大暴走を繰り広げるさまを過激なバイオレンス描写満載に描き出す。監督はVFXアーティストで、これが長編デビューのティム・ミラー。全身赤いコスチュームに身を包んだ男“デッドプール”。その正体は、特殊部隊の元傭兵ウェイド・ウィルソン。娼婦のヴァネッサと出会い、本当の愛を知ったのも束の間、末期ガンが発覚。そこである男に紹介された怪しげな治療に最後の望みを託すが、それは被験者を無敵の戦闘マシンに改造してしまう恐ろしい人体実験だった。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST