【レンタル開始】大ヒット映画『新感染』深読みするための映画4選

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』/(C)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

ヨン・サンホ監督『新感染 ファイナル・エクスプレス』が1月24日(水)よりTSUTAYAにてレンタル開始! ノンストップでスリリングなアクションに加え、キャラクターたちの人間模様の繊細な描き出し「新たなる“ゾンビ”映画」「ゾンビ映画でありながら、泣ける」と大きな話題となり、エドガー・ライトギレルモ・デル・トロジェームズ・ガンスティーブン・キングら国際的な著名人からも絶賛の声が上がった。

そんな本作のレンタル開始に合わせて『新感染 ファイナル・エクスプレス』と合せてチェックしたい映画5作品をご紹介!

『新感染』の前に何が…前日譚のアニメ作品!

『ソウル・ステーション/パンデミック』

恋人・キウンに売春を求められ、思わず外へ飛び出したヘスン。だがその夜の街は、いつもと何かが違っていた。血走った目で人間を追いかけ、血だらけで噛み付くのは“かつて人間だったものたち”。マスコミは「暴動事件」だと報じるが、真相は誰にもわからない。ちょうどそのとき、ヘスンの父は娘を探してキウンのもとを訪ねていた。パニックが連鎖するソウルの街で、父とキウンはヘスンを見つけることができるのか。そして、謎の感染爆発の行き着く先とは…。

【深読みポイント】
同じくヨン・サンホ監督が手掛けた『新感染』の前日譚を描いた本作。主人公の少女・へスンの声には、『新感染』の第一感染者としても登場するシム・ウンギョン(『あやしい彼女』など)が務めているのにも注目だ!

⇒作品紹介・レビューを見る

あのゾンビの動きはこの作品でも…

『哭声/コクソン』

『哭声/コクソン』

好評レンタル&発売中

平和な村に正体不明の“よそ者”がやってくる。すると、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が発声。しかも、どの事件の犯人も濁った眼に湿疹でただれた肌で、ぼうぜんと現場にいるのだった。ある日、村の警察官ジョングは、自分の娘に殺人犯と同じ湿疹があることに気付く。

【深読みポイント】
ナ・ホンジン監督とクァク・ドウォン×ファン・ジョンミン×國村隼ら日韓の豪華俳優陣が贈るサスペンススリラー。本作では、『新感染』でも振付を担当したパク・ジェイン氏が同じく振付を担当。相次ぐ不審死の原因は…『新感染』にも通じる“人ならざる者”の表現は必見だ。

⇒作品紹介・レビューを見る

“朝鮮戦争”がベースに!? 歴史的背景や社会情勢にも注目!

『高地戦』

『高地戦』

好評レンタル&発売中

1953年。1950年6月に始まった朝鮮戦争は停戦協議が難航し、泥沼化していた。最前線では南北両軍が、境界線の高地を巡って、幾多の犠牲もいとわず互いに奪い合う地獄の高地戦が繰り広げられていた。ある日、その高地に韓国防諜隊中尉カン・ウンピョが送られることに。前線の部隊に人民軍の内通者がいるとの疑いが強まり、その調査を命じられたカン中尉だったが…。

【深読みポイント】
チャン・フン監督が贈る、朝鮮戦争終結直前の熾烈な領土争いを描いた本作。朝鮮戦争をテーマにした作品の中でも、知られざる戦場の“不条理さ”を剥き出しにした必見の1本だ。

実は、『新感染』公開後、批評家や映画ファンの間でも話題となったのが、突如発生した感染が「ソウル」から急激に南下する展開が朝鮮戦争と酷似しているという指摘が巻き起こった。単純なエンタメ作品としての面白さだけでなく、社会情勢や歴史的背景を踏まえたうえで、今一度『新感染』を鑑賞してみては?

⇒作品紹介・レビューを見る

日本のノンストップゾンビ映画と言えば…

『アイアムアヒーロー』

『アイアムアヒーロー』

好評レンタル&発売中

さえない日々を送る漫画家アシスタントの英雄(大泉)は、突如発生した謎の感染パニックから逃れるため、趣味の射撃で使用する猟銃を手に逃亡の旅に出る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山へと向かう英雄は、道中で出会った女子高生の比呂美(有村)や元看護師の藪(長澤)とともに、生き残りを懸けた戦いに挑む。

【深読みポイント】
原因不明の感染によって凶暴化した人間=“ZQN(ゾキュン)”がはびこる世界を舞台にした花沢健吾の人気コミック「アイアムアヒーロー」。その大ヒットコミックを大泉洋×長澤まさみ×有村架純で実写化。日本では撮影困難なタクシーが高速道路で横転するカークラッシュは、韓国で撮影を敢行するなど、『新感染』に負けず劣らずなノンストップアクションもぜひお見逃しなく。

⇒作品紹介・レビューを見る

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST