阿部寛、サプライズ連発で「こういう展開が待っていると思わなかった」と『新参者』フィナーレに感無量

(左から)JUJU、福澤克雄監督、松嶋菜々子、阿部寛、溝端淳平、田中麗奈

(左から)JUJU、福澤克雄監督、松嶋菜々子、阿部寛、溝端淳平、田中麗奈

阿部寛主演の新参者シリーズ完結編『祈りの幕が下りる時』が1月27日に初日を迎え、舞台挨拶に阿部、松嶋菜々子溝端淳平田中麗奈福澤克雄監督と主題歌「東京」を手掛けたJUJUが登壇した。

>写真をもっと見る

阿部はまず「沢山の方に来ていただきましてありがとうございます。今日寒かったでしょ?」と挨拶。「心の琴線に触れて、感情が揺さぶられる映画ができました。感無量です。しっかりと自分の中でも完結できた素晴らしい作品」と力強くコメントした。

また、8年続いたシリーズを振り返って「8年できたのは、皆さんが愛してくださったおかげ。これで最後というのは寂しい思いもあります。こういうまっすぐな芝居はやったことがなかったので、それが8年経って自分の軸になった。寂しいですが、福澤監督の元、最後にふさわしい作品になった。あとは東野さんが書くかどうかですね」と笑顔を見せると、会場からも笑いが起きた。

阿部寛

阿部寛

阿部と8年共演してきた溝端は「あっという間でした。沢山の貴重な経験もしましたし、阿部さんの隣でずっと芝居ができました。寂しい気持ちが大きくて、初日は嬉しことなんですが、こんな気持は馴染めて。ちょっと複雑な気持ちです」と今の気持ちを明かす。「ポイントポイントで一緒だった」という田中も「心臓の音が聞こえてくるくらい毎回本当に緊張していました。もっともっとご一緒したいなと言う欲はあります。寂しいです」と続く。

TVシリーズからのファンだったという松嶋は「私も寂しいですね」と全員と同じ気持ちがありながら、「いち視聴者としてもぜひ東野先生に続編を書いていただきたいですね」とこちらのプッシュも忘れない。

その松嶋と初共演となった印象を聞かれると阿部は「超綺麗でしたよ。今日も綺麗ですけど、ずっと観ていたい」とニンマリ。「松嶋さんの演技に引き込まれていって、加賀もこういう表情になっていくんだなという、一緒に空間を作れたことが凄く嬉しかった。なぜ今まで共演がなかったのかと」との想いに松嶋は「とても嬉しいです。今回ご一緒したシーンは多くありませんでしたが、とても大切なシーンばかりでした。楽屋裏でもそんなに会話することもなく、ある程度の緊張を保ったままで。キャンペーンでご一緒させていただくと、世間話をしていてもとても奥深くてとても興味のわく方。違った役でもぜひご一緒したい」と返した。

イベント中には、歌手のJUJUがサプライズで登場。キャスト陣の前で生歌披露には「今日はじめて聞きました。サプライズ返しです(笑)」とコメント。主題歌「東京」をアコースティックバージョンで生披露すると、客席で聞いていた阿部は「心が震えましたね。(スクリーンで流れていた映像も相まって)ここで泣くか、みたいな瞬間ですね。1ヵ月離れませんよ、頭から」と絶賛。溝端は目をうるめていることを阿部に突っ込まれながら「心打ち震えるというのはこういうことだなと」とJUJUの歌声に感動。

JUJUは主題歌を生披露

JUJUは主題歌を生披露

今回、8年のシリーズに区切りがついたことで、ともに歩んできた溝端が阿部に熱い思いを伝える。「至らない僕を大きな器で包み込んでくれた。楽屋で休まれている時でも僕の疑問に答えてくださったり、節目のたびに少ない言葉で導いてくれて感謝している。この作品始まる前に取材で阿部さんが『主演として真ん中に立たせてもらって、あとは周りの方を信じて精一杯やるだけ』という言葉が鮮烈に残っていて。本当にその通りになったなと。誰よりも自分に厳しい阿部さんの熱を感じながら共に歩んできた8年は一生の宝もの。これからもずっと背中を追いかけていきたいです」

溝端淳平をハグする阿部寛

溝端淳平をハグする阿部寛

この熱い想いに阿部は言葉でなくハグで感謝の気持ちを表現。女性陣からも花束を受け取った阿部は「これで引退します」とコメントして会場を笑わせる。「こういう展開が待っていると思わなかった」とのコメント通り阿部に対するサプライズは大成功。「この8年、彼と一緒にいて凄く楽しい時間を費やしてきた。今回、最初の20分加賀が出てくれるまで凄く力強く引っ張ってくれていてとても感謝しています」と溝端へ想いを伝えた。

イベント中、何度も「感無量」とコメントしていた阿部。最後には阿部に向けて会場から大きな拍手が送られ、舞台挨拶の幕を閉じた。


映画『祈りの幕が下りる時』
2018年1月27日(土) 全国ロードショー

キャスト
阿部寛 松嶋菜々子
溝端淳平 田中麗奈 / キムラ緑子 烏丸せつこ
春風亭昇太 音尾琢真 飯豊まりえ / 及川光博
伊藤蘭 小日向文世 山﨑努

監督:福澤克雄    
脚本:李正美   
音楽:菅野祐悟
原作:「祈りの幕が下りる時」東野圭吾(講談社文庫)
製作:「祈りの幕が下りる時」製作委員会
制作プロダクション:マックロータス
配給:東宝

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST