【懐かし映像オンパレード】スピルバーグが『レディ・プレイヤー1』の誕生秘話を語る!

レディ・プレイヤー1

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

『ジュラシック・パーク』 『インディ・ジョーンズ』 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』など、数々の名作映画を生み出し続けるスティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』から、特別映像が公開となった。

スピルバーグが生み出す世界観を改めて振り返りつつ、新作へ…

何かが起こる予感をさせるチャームの音。それに合わせるように登場する、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマーティや、『E.T.』のエリオット、そして『インディ・ジョーンズ』シリーズのジョーンズ博士たち。彼らは皆これまで体験したこともないような発見や驚きに目をみはり、一様に顔を輝かせる。これから起こるワクワクドキドキのアドベンチャーに思いを馳せ、期待と興奮に胸をときめかせて…。

スピルバーグが生み出した世界的大ヒット映画の主人公たちが次々と登場したかと思えば、引き込まれる頃には新作の話へ。何でもありのVRの世界へのワクワク感をより煽ってくれる内容となっている。

この映像の中で監督のスピルバーグは、原作に初めて触れた時のことを「原作を読んで驚いたのは、未来にも過去に同時に行けたのです!」と話し、アーネストが生み出した壮大な世界観に心を動かされたことを明かす。さらに「原作者のアーネストと連携をとり、ビジョンを映像化しました」と、その世界を2人で一緒に創り上げていったことにも言及。『E.T.』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に心奪われ、スピルバーグが描くアドベンチャー世界にどっぷりと浸っていたアーネストの作品を、今度はスピルバーグ自身が監督をするという奇蹟は、まさにハリウッドだからこそ起こりえた。映画『レディ・プレイヤー1』は、ハリウッドが叶えた夢のプロジェクトなのである。

巨匠スピルバーグを虜にした『レディ・プレイヤー1』の舞台は、そう遠くない未来。そこではバーチャル世界の理想郷<OASIS>だけが若者たちの希望となっていた。そこでは、想像したことすべてが現実になり、誰でも何にでもなれる。ある日、OASISを作り上げた天才にして大富豪の男から、全世界に向けて遺言が発信される。広大なOASIS のどこかに隠された宝の卵を見つけた者は、OASISの後継者となれるというのだ。日本生まれのアニメやマンガ、そしてゲームの個性豊かなキャラクターたちが実際に存在し、更には映像の冒頭に登場したようなスピルバーグが生み出したアイコンまで登場。そこには、まさに子供の頃に誰しもが一度は夢見た世界が広がっている。

そして注目なのは、アーネストの「アトラクションのようなエンターテイメント」というコメント。主人公ウェイドは、<OASIS>の世界に隠された“大いなる遺産”を世界中の誰よりも早く見つけ出す為、全人類が参加するトレジャー・ハンティングに挑むのだが、この映像を見る限り、どうやらウェイドの冒険は<OASIS>の世界だけに留まらなそうだ。繰り広げられる過酷なレースを支配しようと乗り出す巨大な組織が現れ、謎の美女アルテミス、仲間たちとの出会い。果たして彼は、迫りくる陰謀を前に、仲間とともに世界を守ることはできるのか!? VR の世界と現実の世界を股にかけたウェイドの冒険に今から期待に胸が膨らむ。


映画『レディ・プレイヤー1』
公開表記:4月20日(金)全国ロードショー

監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:ザック・ペン
原作:アーネスト・クライン著「ゲームウォーズ」(SB文庫)
キャスト:タイ・シェリダン、オリビア・クック、マーク・ライランス、サイモン・ペッグ、T・J・ミラー、ベン・メンデルソーン、森崎ウィン
配給:ワーナー・ブラザース映画

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST