中川大志、知念侑李と生セッションで「目が合うたびにキュンキュンする」映画『坂道のアポロン』完成披露舞台挨拶

(左から)三木孝浩監督、中村梅雀、中川大志、知念侑李、小松菜奈、真野恵里菜

(左から)三木孝浩監督、中村梅雀、中川大志、知念侑李、小松菜奈、真野恵里菜

2月5日(月)、東京・六本木 EX THEATER ROPPONGIにて、映画『坂道のアポロン』(3月10日公開)完成披露舞台挨拶が実施。イベントには、知念侑李中川大志小松菜奈真野恵里菜中村梅雀、そして三木孝治監督が登壇した。

>写真をもっと見る

中川と知念の視線に、小松「『何だこれは!?』って(笑)」

舞台は長崎県・佐世保。高校生の薫(知念)は、転校先の高校で、誰もが恐れる不良・千太郎(中川)と運命的な出会いを果たす。荒々しい千太郎に不思議と薫は惹かれていき、やがて音楽で絆を深めていく。ピアノとドラムでセッションし、二人を見守る千太郎の幼なじみの律子(小松)と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず、ある事件を境に、千太郎は二人の前から姿を消してしまい…。

中川大志

中川大志

本作で映画単独初主演を果たした知念は「今回初単独主演で、ドキドキでプレッシャーもすごくて…今もドキドキしてますが、キャストのみなさん、監督をはじめとしたスタッフのみなさんに支えられて素敵な作品になったと思います。現場の楽しい空気で、舞台挨拶も楽しんでいきたいなと思います」と挨拶。本作のメガホンをとった三木監督は「完成披露って一般の方に初めて見てもらう瞬間なので、監督としては緊張する瞬間ではありますが、はじめて自信を持って舞台に立てます。それも本作が、キャストのみんなに引っ張っていってもらえたからだと思っています。現場は楽しくて、そのキャストの楽しそうな姿は誰が見ても楽しめる作品になっています。これまでにないくらい、その姿をぜひ早くみてほしい。僕にとっても一生ものの映画になったと思っています」とこれまでにない自信作に仕上がっていることを明かした。

そんな本作のみどころは、キャストたちの生演奏によるセッションシーンだ。本作でピアノ演奏を披露した知念は「9月くらいからピアノの練習していて、初めてのレッスンの時に、まわりの大人の方々がびっくりするくらい褒めてくださって…、上手くできるようになったらどんな顔するのかなと思いながら、自宅でも練習していました。本当に(褒めるのが)上手でしたね、乗りますね気持ちが…(笑)」と、褒めて伸びるタイプに合った練習で、楽しみながらレッスンをしたことを振り返る。一方の中川も「僕は一昨年の7月からドラムのレッスンが始まって…。初めて練習する日があって、それまで趣味で触ったことはあったのですが、『どのくらいできるか見せて』ってことでやったら、久しぶりだったのと緊張で、全然叩けなくて…千太郎役を降ろされたかと思いました(笑)。その後は知念君とも連絡を取りながら『どこまでやった?』と報告していました。プロデューサーの方が、本人の前以外でも知念君のことを褒めていたのを聞いて…焦りながらでした」と当時を述懐すると、知念も「いやいや僕は大志がすっごく褒められてて…いや、大人たちにうまく転がされてましたね(笑)」と互いに切磋琢磨していた当時を振り返る。

小松菜奈

小松菜奈

そんなセッションシーンについて、共演の小松は「練習のシーンで初めてお会いしたんですが、お二人とも緊張していて…。ほかのスタッフの方もはじめてみるシーンだったので私もドキドキして…最初は顔が緊張してらっしゃいましたが、撮影が始まるとイキイキと楽しそうでした。すごく自分も入りたいと思う気持ちもありました。視線もアツくて、イチャイチャしてて、ほんとうに…目線がイチャイチャで『なんだこれは?』って(笑)。お互いを高め合ってすっごく良いシーンに仕上がっていて、自然と涙が出てきました」とイチャイチャぶりに少し嫉妬した様子。そんな知念と中川は「イチャイチャしてないよね」「してないよね…」「靴下かわいいね…」「ネクタイもかわいいね」とさっそくイチャイチャぶりを披露して会場からは黄色い歓声が上がった。

そんなイベント終盤では、知念と中川が生演奏を披露する一幕も…。

緊張した様子のふたりは鍵盤とドラムセットの前にスタンバイ。アート・ブレイキーの名曲「Moanin」のイントロが始まると、中川の合図から「ハッピーバースデー」の演奏にかわり小松の誕生日を、会場全体でお祝いした。

突然のサプライズに小松は「まさか過ぎてよくわからないです…え!聞いたことある曲だなと思ったら…うれしすぎます!」と興奮気味にコメント。サプライズの演奏に中川は「半年ぶりでしたね…目を合わせてやるのは熱くなるね!」と久しぶりのセッションに胸が熱くなった様子。知念は「これがあったから緊張してたの…劇中でやっていない曲をやるということでね(笑)」とイベント冒頭からの緊張の理由を明かした。

そんな中で、本作ではベース演奏を披露した中村は「なんでベース置いてないんですかね!」と残念がって会場を沸かせた。


映画『坂道のアポロン』
3月10日(土)全国ロードショー

出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈
真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀 ディーン・フジオカ

監督:三木孝浩
脚本:髙橋泉
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST