大ヒット『羊の木』吉田大八監督が惚れ込んだ俳優・水澤紳吾の魅力

映画『羊の木』

映画『羊の木』/(C)2018『羊の木』製作委員会 (C)山上たつひこ、いがらしみきお/講談社

吉田大八監督(『桐島、部活やめるってよ』)最新作『羊の木』が2月3日より絶賛公開中。数多くの実力派キャストが集結した本作だが、その中でも撮影後に監督が即オファーを打診するほど惚れ込んだ俳優がいた…。

「想像の斜め上を行ってくれる瞬発力に圧倒」

映画『羊の木』

映画『羊の木』/(C)2018『羊の木』製作委員会 (C)山上たつひこ、いがらしみきお/講談社

本作は、熱狂的な支持を集める山上たつひこ×いがらしみきおの巨匠タッグによる超問題作として、2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した同名コミックを、センセーショナルテーマはそのままに、大胆なアレンジを加え映画化。さびれた港町を舞台に、国家の極秘プロジェクトとして殺人を犯した元受刑者である男女6人を受け入れをきっかけに町の日常が変化していく様が描かれる。

SNSでは「どんどんひきこまれていく」「片時も目が離せない」「ラストの衝撃とカタルシスが凄まじかった」「観終わった後のなんとも言えないドキドキした感覚が忘れられません」と鑑賞後の余韻がすごい! と話題に。錦戸亮はじめ、木村文乃、松田龍平、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯の強烈な個性を持つオールスターキャストに「素晴らしい演技!」という称賛の声も続々とあがっている。‬‬‬‬‬‬‬‬

吉田監督は、これまでの作品で新たな才能を次々と見出してきた。長編映画監督デビュー作『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で怪演を魅せた佐津川愛美をはじめ、『クヒオ大佐』では満島ひかりと安藤サクラ、『パーマネント野ばら』のムロツヨシ、『桐島、部活やめるってよ』の橋本愛、東出昌大、山本美月、松岡茉優、『紙の月』の平祐奈、など、今や人気・実力ともに日本映画界では欠かすことのできない俳優たちが吉田組を経験している。まさに吉田大八監督作は“新たな才能の宝庫”といっても過言ではない。

そして、吉田監督が『羊の木』で新たに才能を見出した人物が、水澤紳吾。演じるのは、元殺人犯の一人で、大人しく気弱な理髪師・福元。普段は気弱だが、飲むと豹変し、手が付けられないほどに。「福元はわりあい身近に起こりうる罪を犯した人間です。その意味では、彼が持っている弱さも含めて、いわゆる普通の世界といちばん地続きのキャラクターだと思いながら演じていました」と語る水澤。撮影前後で印象が変わった役者は?という質問に「水澤紳吾さん」と即答した監督。「想像の斜め上を行ってくれる瞬発力に圧倒されました」と最大級の賛辞を贈る。水澤は、見るからに弱そうで常に何かにおびえている一方、大胆な行動もとる福元の二面性を見事に演じきった。

吉田監督作品に出演するのは初となった水澤だが、彼の演技にほれ込んだ監督は撮影直後に自らの舞台「クヒオ大佐の妻」への出演をオファー。与えられた役はなんと少年役! 宮沢りえ、岩井秀人らと共演し、41歳にして見事に少年役を演じ切った。

また、2月1日オンエアの「VS嵐」(フジテレビ)に“羊の木チーム”として出演した際も、「VS嵐に水澤紳吾!!! これは事件。」「日本映画ファン大喜びだな」「2度見した!!」などとTwitterに感想があふれ、共演歴のある俳優・新井浩文も「み、み、み、み、み、み、み、み、み、み、み、み、水澤紳吾が、VS嵐だとぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」と投稿するなど話題に。『羊の木』を皮切りに41歳にしてブレイクの兆し!? 今後も水澤紳吾の活躍に目が離せない!!


映画『羊の木』
公開中

出演:錦戸亮、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯/松田龍平
監督:吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』
脚本:香川まさひと
原作:「羊の木」(講談社イブニングKC刊) 山上たつひこ(「がきデカ」)、いがらしみきお(「ぼのぼの」
配給:アスミック・エース

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

いがらしみきお

生年月日1955年1月13日(64歳)
星座やぎ座
出生地宮城県加美郡中新田町

いがらしみきおの関連作品一覧

山上たつひこ

生年月日1947年12月13日(71歳)
星座いて座
出生地徳島県

山上たつひこの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST