【原作者も賛辞】錦戸亮「僕は冬季限定ではないので…」次回作の抱負を明かす!『羊の木』大ヒット御礼舞台挨拶

錦戸亮

錦戸亮

2月13日(火)、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、映画『羊の木』大ヒット御礼舞台挨拶が開催され、錦戸亮木村文乃吉田大八監督が登壇した。

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる

原作者も絶賛! 木村は「申し訳ない…」としょんぼり?

本作がサプライズの連続ということにちなみ、「サプライズ尽くし」となった今回の舞台挨拶。

最初のサプライズは、主演の錦戸がお客さんと一緒に映画を観ていたというものだった。突如客席から立ち上がった錦戸に観客も驚愕。そんな中、錦戸は「ここまで大きいスクリーンで見たことがなかったので。またよかったですね~沢山人が入ってくれて嬉しいなと、これが長く続けばいいなと思います」と挨拶。続いて木村は「今ドラマの撮影をしている現場で、スタッフの方もキャストの方にも『観たよ』と沢山言ってもれえて…大ヒットとはこういうことかと噛みしめています」と同じく本作のヒットを実感している様子。また、2月3日の公開から計16回舞台挨拶を行った吉田監督は「どこもすごくみなさん熱かったです。いい質問も多くて、16回もやりましたが、あまり疲れなかったですね」とお客さんの熱量の高さに言及した。

またイベント中盤には、原作者の山上たつひこ氏といがらしみきお氏から監督に「手紙のプレゼント」がサプライズで行われた。

山上:「羊の木」は私が物語の原型を作り、いがらしみきおさんが独自の世界観を加えて生まれた漫画作品です。それが映像になった、これは幸せな伝言ゲームですね。3つのフィルターを物語がくぐるたび新しい世界が生まれる。活字から映像ではなく、間に漫画という表現形式が入ることがこの映画のミソだと思います。リレー競技のアンカーを務めて頂いた、走力と想像力に心からの敬意を表します。

いがらし:自分では何もしていないに等しいのに、我がことのように嬉しいです。分かりやすい原作ではないのに、映画を大ヒットさせたのは、まさに俳優さんをはじめ吉田監督の功績でしょう。まだ2度ほどお会いしただけですが、どこか強烈な共通点があるように思えます。原作を読んで頂いた時点で、「ちゃんと映画にできるのは自分にしかいない」と自負されていたそうですが、それは私が山上先生の原作を拝見させて頂いたとき、この原作をちゃんと漫画化できるのは自分しかいないと感じた気持ちと同じです。それは自負というより、近似のようなものだったかもしれません。映画『羊の木』の監督が吉田監督だったことが本当に幸運だったと思うと同時に、この映画には運があると思いました

吉田監督

吉田監督

原作者からの賛辞のコメントに、吉田監督は「おふたりに作品は、小中学校の時に熱狂的に読んでいて、間違いなく影響を受けていてこのふたりの名前の作品に関われれることがすごく大きな動機でしたから。途中結構(話を)変えましたから、怒られるんじゃないかなと思った時もありましたが…。温かい言葉を頂けて、まだ受け止めきれないくらいです」と万感の想いを述べた。

そんな監督の作品への出演が念願だった木村は「(監督は)入口から、『ギターのことばっかりいう人だなぁ』という印象が強くて(笑)役柄的にも積極的に打ち解ける感じではなかったのですが、居心地のいい感じが伝わってきました。インタビューを一緒に受けると、その時に見えてこなかった人柄も伝わってきて…直接的な言葉しか出てこないんですがが、より『監督として好きだな』と思いました。また新しい御縁が出来るように頑張らないとなって気持ちが引き締まりました」と感謝を述べながらも、「主演の方、監督のカラーは現場ごとにありますが、おふたりの空気に私はすごく居心地がよかったですが…睨んでると思われたのが申し訳なかったです…」と少しばかりしょんぼりした様子。そんな木村に、慌てながら錦戸は「文(キャラクター)として観ていたのかな…ちょっとツンっとしてた…でも普段はそんなことはないんですがね!でも、僕たちは、…ね!(笑)」とフォローするも、答えを濁す一幕をみせた。

木村文乃

木村文乃

そんなイベント終盤、錦戸は自身4年ぶりだった映画出演について、「前回映画に出たのは4年前で…今平昌五輪が盛り上がっていますが、(五輪も)それまで培ってきた経験がものを言いますし…。2年後にもオリンピックはありますし、そもそも僕は冬季限定である必要もないので(笑)それまでに鍛錬して、皆様に素敵な映画を届けられるように頑張りたいと思います」と抱負を述べてイベントを締めくくった。

映画『羊の木』

映画『羊の木』

(文・写真/nony)


映画『羊の木』
2月3日(土)全国ロードショー

出演:錦戸亮、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯/松田龍平
監督:吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』
脚本:香川まさひと
原作:「羊の木」(講談社イブニングKC刊) 山上たつひこ(「がきデカ」)、いがらしみきお(「ぼのぼの」
配給:アスミック・エース

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

錦戸亮

生年月日1984年11月3日(34歳)
星座さそり座
出生地大阪府門真市

錦戸亮の関連作品一覧

木村文乃

生年月日1987年10月19日(31歳)
星座てんびん座
出生地東京都

木村文乃の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST