TSUTAYAプレミアムでオスカー作品賞受賞作をいつ何度でも! アカデミー賞(R)作品賞受賞作品 レンタルランキング

近年、日本でも話題となったのは、L.ディカプリオが主演男優賞を受賞したことだろう。22年越しの悲願達成に日本のファンからも祝福が(撮影:杉野正和)

近年、日本でも話題となったのは、2016年、L.ディカプリオが主演男優賞を受賞したことだろう。22年越しの悲願達成にファンの思いもひとしお(撮影:杉野正和)

2018年は、3月5日(日本時間)に開催が迫る『第90回アカデミー賞(R) 授賞式』。この映画の祭典を前に、TSUTAYAが顧客の利用データから過去にアカデミー賞(R)作品賞を受賞した作品に絞ったランキングを発表した。対象は2017年までの作品賞受賞作品全 89作品となっている。

また、近年TSUTAYAではこれらオスカー関連作品を「TSUTAYA先行レンタル」としてリリースすることも増えてきているので、今年のノミネート作品からも対象作が生まれるかどうかにも注目したいところ。

『ラ・ラ・ランド』ではTSUTAYAでの陳列にも注目が集まった

『ラ・ラ・ランド』ではTSUTAYAでの陳列にも注目が集まった

近年のTSUTAYA先行レンタルタイトル

・2018年―『ドリーム』(作品賞・助演女優賞・脚色賞ノミネート )2月21日レンタル開始
・2017年―『ムーンライト』(作品賞・助演男優賞・脚色賞 受賞)、『ラ・ラ・ランド』(監督賞・主演女優賞・撮影賞 他 合計6部門受賞)
・2016年―『ルーム』(主演女優賞 受賞)【TSUTAYAプレミアム対象作品】
・2015年―『セッション』(助演男優賞・編集賞・録音賞 受賞)【TSUTAYAプレミアム対象作品】
・2013年―『ジャンゴ 繋がれざる者』(脚本賞・助演男優賞 受賞)【TSUTAYAプレミアム対象作品】

現在TSUTAYAでは、店舗のDVD/Blu-rayが借り放題(新作・準新作除く)、かつネットでの動画配信サービス「TSUTAYA TV」の中から新作・準新作などを除く対象作品約8,000タイトルが見放題となる「TSUTAYAプレミアム」(月額1,000円~ ※税抜)を展開中。デジタル化されていない作品も店頭レンタルで借り放題となるため、これを機にランクインしている不朽の名作をチェックしてみるのも良いかもしれない。

アカデミー賞 作品賞受賞作品 レンタルランキング TOP20

※2017年(第89回)アカデミー賞作品賞受賞作までを対象期間とし、2017年12月度までの累計レンタル実績をもとに集計

順位 受賞年度
1 2003年
(第76回)
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
2 1997年
(第70回)
タイタニック
3 1991年
(第64回)
羊たちの沈黙
4 2006年
(第79回)
ディパーテッド
5 2010年
(第83回)
英国王のスピーチ
6 2000年
(第73回)
グラディエーター
7 2002年
(第75回)
シカゴ
8 2004年
(第77回)
ミリオンダラー・ベイビー
9 2009年
(第82回)
ハート・ロッカー
10 1972年
(第45回)
ゴッドファーザー
11 1994年
(第67回)
フォレスト・ガンプ 一期一会
12 1998年
(第71回)
恋におちたシェイクスピア
13 2005年
(第78回)
クラッシュ
14 2008年
(第81回)
スラムドッグ$ミリオネア
15 1993年
(第66回)
シンドラーのリスト
16 1996年
(第69回)
イングリッシュ・ペイシェント
17 1999年
(第72回)
アメリカン・ビューティー
18 2012年
(第85回)
アルゴ
19 1995年
(第68回)
ブレイブ・ハート
20 1974年
(第47回)
ゴッドファーザーPART II

21位以降、89位までのランキング

21位から40位  

21位:1988年(第61回)『レインマン』/22位:1965年(第38回)『サウンド・オブ・ミュージック』/23位:2007年(第80回)『ノーカントリー』/24位:1986年(第59回)『プラトーン』/25位:1992年(第65回)『許されざる者』/26位:2001年(第74回)『ビューティフル・マインド』/27位:1975年(第48回)『カッコーの巣の上で』/28位:1939年(第12回)『風と共に去りぬ』/29位:1984年(第57回)『アマデウス』/30位:1959年(第32回)『ベン・ハー』

31位:1979年(第52回)『クレイマー、クレイマー』/32位:1987年(第60回)『ラストエンペラー』/33位:1964年(第37回)『マイ・フェア・レディ』/34位:2013年(第86回)『それでも夜は明ける』/35位:1973年(第46回)『スティング』/36位:2014年(第87回)『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』/37位:1976年(第49回)『ロッキー』/38位:1990年(第63回)『ダンス・ウィズ・ウルブズ』/39位:1978年(第51回)『ディア・ハンター』/40位:1943年(第16回)『カサブランカ』

41位から60位  

41位:1961年(第34回)『ウエスト・サイド物語』/42位:2015年(第88回)『スポットライト 世紀のスクープ』/43位:2016年(第89回)『ムーンライト』/44位:2011年(第84回)『アーティスト』/45位:1962年(第35回)『アラビアのロレンス』/46位:1977年(第50回)『アニー・ホール』/47位:1985年(第58回)『愛と哀しみの果て』/48位:1989年(第62回)『ドライビングMissデイジー』/49位:1982年(第55回)『ガンジー』/50位:1957年(第30回)『戦場にかける橋』

51位:1970年(第43回)『パットン大戦車軍団』/52位:1971年(第44回)『フレンチ・コネクション』/53位:1960年(第33回)『アパートの鍵貸します』/54位:1969年(第42回)『真夜中のカーボーイ』/55位:1949年(第22回)『オール・ザ・キングスメン』/56位:1983年(第56回)『愛と追憶の日々』/57位:1981年(第54回)『炎のランナー』/58位:1980年(第53回)『普通の人々』/59位:1940年(第13回)『レベッカ』/60位:1956年(第29回)『80日間世界一周』

61位から89位  

61位:1967年(第40回)『夜の大捜査線』/62位:1950年(第23回)『イヴの総て』/63位:1931-32年(第5回)『グランド・ホテル』/64位:1951年(第24回)『巴里のアメリカ人』/65位:1934年(第7回)『或る夜の出来事』/66位:1954年(第27回)『波止場』/67位:1947年(第20回)『紳士協定』/68位:1941年(第14回)『わが谷は緑なりき』/69位:1929-30年(第3回)『西部戦線異状なし』/70位:1966年(第39回)『わが命つきるとも』

71位:1948年(第21回)『ハムレット』/72位:1968年(第41回)『オリバー!』/73位:1958年(第31回)『恋の手ほどき』/74位:1945年(第18回)『失われた週末』/75位:1946年(第19回)『我等の生涯の最良の年』/76位:1955年(第28回)『マーティ』/77位:1944年(第17回)『我が道を往く』/78位:1952年(第25回)『地上最大のショウ』/79位:1937年(第10回)『ゾラの生涯』/80位:1938年(第11回)『我が家の楽園』

81位:1927-28年(第1回)『つばさ』/82位:1963年(第36回)『トム・ジョーンズの華麗な冒険』/83位:1930-31年(第4回)『シマロン』/84位:1935年(第8回)『南海征服(戦艦バウンティ号の叛乱)』/85位:1942年(第15回)『ミニヴァー夫人』/86位:1936年(第9回)『巨星ジーグフェルド』/87位:1928-29年(第2回)『ブロードウェイ・メロディ』/88位:1932-33年(第6回)『カヴァルケード』/89位:1953年(第26回)『地上(ここ)より永遠に

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST