林遣都、池田エライザのケツバットに“ホームラン”をおねだり!映画『チェリーボーイズ』初日舞台挨拶

映画『チェリーボーイズ』

映画『チェリーボーイズ』(クリックでフォトギャラリーへ)

2月17日(土)東京・渋谷 TOEI(2)にて、映画『チェリーボーイズ』の初日舞台挨拶が実施。会場には林遣都、柳俊太郎、前野朋哉、池田エライザ、そして西海謙一郎監督が登壇した。

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる

林「なんで、何も悪いことしていないのに…」

物語の主人公は、東京での音楽活動がうまくいかない見栄っ張りな“国森信一(林)、乳首にコンプレックスを持つイケメン吉村達也(柳)、典型的な オタク気質の高杉誠(前野)。仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端。そして揃いも揃って25歳の童貞で、寝ても覚めても考えるのは、女性とSEXのこと。そんな負け組認定の男たちが、自分を変えるためにとった行動とは...。

登壇した林は開口一番で「羽生選手、宇野選手メダル獲得おめでとうございます! こんな日本中が盛り上がっている日に、こんな映画を見に来て下さって…」と、上映中に平昌五輪で快挙を達成した男子フィギュアに触れながら、自嘲気味に挨拶をし会場をわかせた。

林遣都

林遣都

そんな林演じる国森について、同じくチェリーボーイズの高杉を演じた前野は「(撮影時は)童貞にしかみえなかったですね…林君ではなく、そこには国森君しかいなくて。ファーストシーンがAVを観ているシーンだったんですが、衝撃を受けて『僕は高杉はこうやろう』って思えました…」と林の役への没入ぶりを振り返る。また、もう一人のチェリーボーイ・吉村を演じた柳は「目が怖かったですね。撮影後に、前野さんと『今日のあの目見た?』って帰りに話してました(笑)。その裏でいうのも高杉と吉村みたいでリアルでしたよね」とその凄味を明かした。

柳俊太郎

柳俊太郎

林はそんな自身の役どころについて「本当に自分とかけ離れた役なので…どこから入って行けばいいかわからなかったです」と役作りには苦労した様子。さらに「映画を観て頂いた方には『ぼく自身はああいう人じゃないんだよっ!』ていうことを伝えたくて、舞台挨拶や取材の前には、メイクさんに『かっこよくしてください』って普段言わないことを伝えています(笑)」とコメントし会場を沸かせた。

そんなチェリーボーイズに対して、釈笛子を演じた池田は「林君を最初に観たときに、爪がすごい伸びていて…すごい怖い人なのかなって? ビジュアルから撮影期間の集中力もそうですし、現場でも(3人が)ずっとムフムフムフムフ話し声が聞こえてて、私は何も考えないようにして椅子に座っていました」と撮影当時を振り返る。

池田エライザ

池田エライザ

一方で、そんな池田について林は「もうあの…役で全部を解放しようって…それだと自分が普段から“見たい”という事になりますが(笑)そういう訳ではなく、遠慮なくぶつけさせて頂きました」と池田に胸を借りるつもりでぶつかっていったことを明かす。監督も池田にはゾッコンだったようで「惚れ込んで演出させて頂きました。やっぱり、ああいう“カラオケボックスのシーン”もやっていただける方はいるのだろうかと、キャスティングが難航する中で、池田さんがやっていただけるということでこの映画をやっていけると確信しました」と映画制作においてもキーマンだったことを述懐。すかさず前野が「監督の女性を撮る時の目が怖かった…、国森君の目と全く一緒だった(笑)」と振り返ると、池田も「だって、胸元のシーンを撮影した時に『カット!ありがとうございます!』って、ありがとうございます?(笑)こちらも力が抜けちゃいましたよ」とコメント。監督は「キャストの皆さんは童貞の気持ちを演じられている訳ですから、同化するために童貞でやってくれって念を送っていましたね」とチェリーボーイズの一人として撮影に参加していた気持ちを振り返った。

大ヒット祈願のケツバットに悶絶!

林「ヒットではなく、ホームランで!」

林「ヒットではなく、ホームランで!」

そして、イベント終盤では本作にちなんで、大ヒットを祈願したケツバットを池田からチェリーボーイズの3人に…。林は「ヒットではなくホームランで…」と強めの注文。しかし、若干ふとももよりにヒットしたフルスイングに悶絶。「あ、あ、何も悪いことしてないのに…」と本音が漏れるも「でもありがとうございました…」と映画のホームランを祈願した。

また林は「こんなに楽しい舞台挨拶は中々なくて、幸せない一日でした。現場では愛情を注ぎ込んで大事に作った作品です。素直に関われてよかったと思える作品でした。皆さん見に来て頂いてありがとうございました。面白かったと思った方は、平昌五輪のニュースを観るのもいいですけど…もう一度見に来ていただけるのも嬉しいです!」と本作への熱い想いをのせてアピールしイベントを締めくくった。

映画『チェリーボーイズ』

映画『チェリーボーイズ』

(取材・写真/nony)


映画『チェリーボーイズ』
2018年2月17日よりシネ・リーブル池袋、渋谷TOEIほか全国公開中

林遣都 栁俊太郎 前野朋哉
池田エライザ / 石垣佑磨 岡山天音 般若
山谷花純 松本メイ 岸明日香 馬場良馬
吹越満 立石涼子

監督:西海謙一郎
脚本:松居大悟
原作:古泉智浩『チェリーボーイズ』(青林工藝舎刊)
主題歌:「GO! GO! Cherry Boy!」MANNISH BOYS(スピードスターレコーズ)
制作プロダクション:マイケルギオン
製作:東映ビデオ マイケルギオン
配給・宣伝:アークエンタテインメント
2018 年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/113 分/R15+

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST