映画『坂道のアポロン』で原作者・小玉ユキが熱望した「坂」の秘話が明らかに


(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

知念侑李単独初主演となる映画『坂道のアポロン』(3月10日公開)は、小玉ユキによる同名人気コミックの実写映画化。共演に中川大志小松菜奈らを迎え、青春映画の名手である三木孝浩監督がメガホンを取る。

舞台は昭和時代の長崎県・佐世保。薫(知念)は転校先の高校で、誰もが恐れる不良・千太郎(中川)と運命的な出会いを果たす。荒々しい千太郎に不思議と薫は惹かれていき、やがて音楽で絆を深めていく。ピアノとドラムでセッションし、二人を見守る千太郎の幼なじみの律子(小松)と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず、ある事件を境に、千太郎は二人の前から姿を消してしまい――。

映画では、原作でも見られる、薫が高校まで続く坂道を「忌々しい坂だ」としかめっ面で上っていくシーンは、映画にもしっかり登場。大嫌いだけれど美しい、大切な人たちとの思い出の場所として欠かせない「坂道」のロケ地に選ばれたのは、原作の舞台にもなった佐世保北高等学校(作中では「東高校」)前の坂道だ。実はこの場所は、原作者の小玉先生たっての希望で撮影が敢行された。本作でメガホンを取った三木監督も、小玉先生から「薫が『忌々しい坂だ』と言って上る坂は、この坂を使ってほしい」とリクエストされたことを明かしている。

劇中に登場する小玉先生こだわりの坂/(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

劇中に登場する小玉先生こだわりの坂/(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

また三木監督は、「坂道って高低さがどこか人生を感じさせるし、そこを笑顔で駆け下りていくというのが、青春映画としてまぶしくて素敵だなと思いますね。素敵なんだけど、それがずっとは続かない感じも表現できるような気がします」として、“坂道”への強い思い入れもコメント。「フラットな道なら長く続きそうだけど、坂道は終わりがあるし、いつか終わりが来るけどその一瞬が本当に輝いて見える。そういうところが描けたなと思います」と自信をのぞかせた。

そんな坂道のシーンは、映画最大の見どころともいえる文化祭でのセッションのあと、薫と千太郎が坂を駆け下りる場面でも登場。彼らは笑顔のままダッシュで坂を下りなければならなかったため、三木監督は「スピードもなかなか落ちないから、やるほうは怖いですよね(笑)」と想像以上に大変な撮影を振り返った。さらに、もともとアニメ版『坂道のアポロン』が好きだったという三木監督は、「アニメ版でも個人的にこのシーンは好きだったので、二人が坂道をダッシュで下りていくところは、今思えば結構アニメオマージュ的な部分もあったかもしれないですね」と意外な裏話を語っている。


映画『坂道のアポロン』
3月10日(土)全国ロードショー

出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈
真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀 ディーン・フジオカ

監督:三木孝浩
脚本:髙橋泉
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST