石橋陽彩&藤木直人の「リメンバー・ミー」生演奏に監督たちも感無量!「みなさん共素晴らしかったし、関わってくれて嬉しく思う」と賛辞を送る

松雪泰子、エイドリアン・モリーナ共同監督、リー・アンクリッチ監督、石橋陽彩、藤木直人

松雪泰子、エイドリアン・モリーナ共同監督、リー・アンクリッチ監督、石橋陽彩、藤木直人

ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』は、カラフルな“死者の国”を舞台に、何世代にもわたる“家族のつながり”をテーマにした物語。アメリカでは公開から3週連続No.1、メキシコでは歴史上興収第1位を獲得するなど、全世界で大ヒット。そして本年度の第90回アカデミー賞(R)では長編アニメーション賞・主題歌賞の2部門にノミネートし、受賞の行方にも注目が集まっている。

3月5日のアカデミー賞(R)授賞式を前に、『トイ・ストーリー3』を生んだリー・アンクリッチ監督とエイドリアン・モリーナ共同監督が来日。都内で開催されたイベントに参加し、日本語吹替版のキャスト陣(石橋陽彩、藤木直人、松雪泰子)と対面を果たした。

>写真をもっと見る

本作のテーマは「普遍的なこと」

世界的にヒットしている本作について理由聞かれたエイドリアン共同監督は「スタジオで映画に関わっているアーティストたちはそれぞれ違う背景を持っているけど、自分の祖先とつながっている。そして自分の人生にとって大切な人が亡くなった後でも忘れない…そういったことの共感度合いを見て、『これは普遍的なことなんだ』と思いました。訴えかけているものは人間全体に伝わるもので、それが世界に伝わったと思っています」と話す。

リー監督はさらに「本当にヒットしたことに驚いた」と言い、「自分たちとしては美しくシンプルな物語を作ることに一生懸命だったから、それがどう響くかまでは考えていなかったんだ。世界中で暖かく受け入れられたことに大変感謝しています」と続けた。

会見の様子

会見の様子

そして、日本時間3月5日(現地時間3月4日夜)に迫ったアカデミー賞(R)授賞式については「『リメンバー・ミー』ではいろんな賞を受賞して、アカデミー賞にもノミネートした。これは想像を超えることだけど、受賞した数々の賞は、何年も一緒に仕事をしてくれたみんなの想いが反映されてのものだと思う。彼らの仕事に対する評価だと思っている。関わったみんなが誇りに思っているよ」とコメントし、さらに「受賞することも素晴らしいけど、私たちにとって重要なのは作品を完成させて、世界中の皆様にお届け出来たこと。これからも何世代にも渡って観てもらえる作品になれば嬉しいです」と続けた。

名曲「リメンバー・ミー」をサプライズでプレゼント

エイドリアン共同監督は楽曲について「初期段階から音楽がとても重要だと思っていた。ストーリーテリングの中で重要な位置を占めると。このテーマソング『リメンバー・ミー』は歌う人によって、捧げる人によって、場所によって意味が全く違ってしまう歌。そういう大きな挑戦をしましたし、同時にこの映画の大きなきなテーマである“忘れないこと”の大切さや“死者の日”のテーマも持っている」と解説。「私は何百回と聞いていますが、心に響く素晴らしい曲だと思います」と語った。

その後、日本語吹替版のキャスト石橋(ミゲル役)、藤木(ヘクター役)、松雪(イメルダ役)が登場し、両監督へ石橋と藤木のスペシャルセッションをプレゼント。そのパフォーマンスにリー監督は「素晴らしかった!」と石橋をハグ。「実はシンプルにみえてとても複雜」と歌を賞賛を贈った。エイドリアン共同監督も「信じられないパフォーマンス。映画の中でもミゲル初めて人前で歌うのがこの歌。ステージでのこれほどの存在感を出せることに感心しています。二人の演奏によって映画のテーマーも届いた気がします」と絶賛した。

石橋と藤木とスペシャルセッション

石橋と藤木のスペシャルセッション

堂々とした歌唱で会場を包み込んだ石橋は「すごく緊張したのですが、憧れの藤木さんと演奏できて嬉しく思います」とコメント。これを聞いていた藤木は「こんなに堂々としていて、陽彩くんは凄い。陽彩くんの歌は金メダルです!」と平昌オリンピックにかけたコメントで会場の笑いを誘っていた。

日本語吹替版にも太鼓判!

リー監督はこの3人の演技について「みなさん共素晴らしかったし、関わってくれて嬉しく思う。オリジナル(声優の演技)を大切にしながら、それぞれのものを持ち込んでくれた」と絶賛。エイドリアン共同監督も「本当に感心しています。このキャラクターたちはとても難しいと思っている。感情表現が幅広いし、歌での表現もある。こんなに素晴らしい役者さんたちに演じ手もらえて感謝の気持ちでいっぱいです」と改めて想いを伝えた。

松雪からは劇中にも登場するマリーゴールドで飾られたギターのプレゼントも

松雪からは劇中にも登場するマリーゴールドで飾られたギターのプレゼントも


映画『リメンバー・ミー』/同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』
2018年3月16日(金)公開

監督:リー・アンクリッチ
共同監督:エイドリアン・モリーナ
製作:ダーラ・K・アンダーソン
製作総指揮:ジョン・ラセター
原題:COCO
全米公開:2017年11月22日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST