【画像解禁】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』最凶最悪のラスボス・“サノス”の姿とは…?

『アベンジャーズ/インフィニティ―・ウォー』

『アベンジャーズ/インフィニティ―・ウォー』/(C)2018MARVEL

マーベス・スタジオ最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が4月27日(金)日本公開。このたび、最凶最悪のラスボス・“サノス”画像が解禁となった!

すでに公開されている映像では、アイアンマンやスパイダーマンをはじめとする主役級ヒーローたちが地球の危機に直面する姿を見ることができるが、それに加えてとてつもないインパクトを与えているのが、“最凶の敵(ラスボス)・サノス”。アイアンマンを殴り飛ばし、抵抗するスパイダーマンをいとも簡単に地面に押さえつけてしまうという圧倒的な力を見せつけている。

“最凶の敵(ラスボス)・サノス”は「アベンジャーズらが対峙した史上最悪のヴィラン」とマーベル・スタジオのプレジデントのケヴィン・ファイギは話す。6つすべて手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーン。その究極の力を秘めた石を狙うサノスについて、「もし彼が6個のインフィニティ・ストーンを手に入れると、指をパチンと鳴らしただけで宇宙の半分の人口を消し去ることができるんだ」と恐ろしい事実を明かした。今回解禁となった場面写真ではインフィニティ・ストーンを納める“ガントレット”を装着したサノスの姿が描き出され、すでに2つのストーンを手にしてしまっていることが確認できる。もしあと4つが彼の手に渡ってしまったら…。

サノスからインフィニティ・ストーンを守るため、アベンジャーズは再び集結し、また新しいメンバーも迎え生死をかけた闘いに身を投じていく。アベンジャーズのメンバーとして対峙することとなる、ソー役のクリス・ヘムズワースは「サノスは、僕らが今までに戦った最も強い敵だよ」と断言。また、アイアンマン役のロバート・ダウニーJr.は「脅威のレベルが上がったから、僕たちは団結しない限り僕たちは生き残れないんだ」と最新作では集結せざるをえない状況であり、命を懸けた死闘が繰り広げられることを匂わせた。またケヴィンはサノスを倒すために最も必要なこととして「彼らがまとまりを持ち、団結することです」とコメントを残している。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で分裂してしまった、アベンジャーズたち果たして再び団結し、“最凶の敵(ラスボス)サノス”から人類を守ることができるのか…映画史上最大級スケールで描かれる、究極のエンターテインメントがついに日本に上陸。


映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
2018年4月27日 日本公開

監督: アンソニー&ジョー・ルッソ
製作:ケヴィン・ファィギ 
出演: ロバート・ダウニーJr./クリス・ヘムズワース/マーク・ラファロ/クリス・エヴァンス/スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・レナー/ベネディクト・カンバーバッチ/トム・ホランド/クリス・プラット
原題:Avengers: Infinity War
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

フォトギャラリー

アベンジャーズ

アベンジャーズ

出演者 ロバート・ダウニー・Jr  クリス・エヴァンス  マーク・ラファロ  クリス・ヘムズワース  スカーレット・ヨハンソン  ジェレミー・レナー  トム・ヒドルストン  クラーク・グレッグ  ステラン・スカルスガルド  コビー・スマルダーズ
監督 ジョス・ウェドン
製作総指揮 アラン・ファイン  ジョン・ファブロー  スタン・リー  ルイス・デスポジート  パトリシア・ウィッチャー  ヴィクトリア・アロンソ  ジェレミー・レイチャム
脚本 ジョス・ウェドン
音楽 アラン・シルヴェストリ
概要 アイアンマンやハルクはじめスーパー・ヒーローたちによって結成されたドリーム・チーム“アベンジャーズ”を実写映画化する夢の企画がついに実現し、全米で空前の大ヒットを記録したSFアクション超大作。国際平和維持組織シールドで研究中だった四次元キューブが地球の支配を目論む邪悪な神ロキに奪われ、地球は史上最大の危機に直面する。長官のニック・フューリーは周囲の反対を押し切り、スーパー・パワーを持つヒーローを集めて最強チーム“アベンジャーズ”を結成することを決断、シールドのエージェントとなった魔性のスパイ、ナターシャ・ロマノフらとともにヒーローたちの招集に乗り出す。こうしてアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、そしてロキの兄ソーがシールド本部に勢ぞろいするのだが…。

 作品詳細・レビューを見る 

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

出演者 ロバート・ダウニー・Jr  クリス・ヘムズワース  マーク・ラファロ  クリス・エヴァンス  スカーレット・ヨハンソン  ジェレミー・レナー  ドン・チードル  アーロン・テイラー=ジョンソン  エリザベス・オルセン  ポール・ベタニー
監督 ジョス・ウェドン
製作総指揮 ルイス・デスポジート  アラン・ファイン  ヴィクトリア・アロンソ  ジェレミー・レイチャム  パトリシア・ウィッチャー  ジョン・ファブロー  スタン・リー
脚本 ジョス・ウェドン
音楽 ブライアン・タイラー
概要 アイアンマンをはじめマーベル・コミックが誇るスーパー・ヒーローたちによって結成されたドリーム・チーム“アベンジャーズ”の活躍を描く空前のメガヒット・アクション超大作の第2弾。監督は前作に引き続きジョス・ウェドン。アイアンマンこと“戦う実業家”トニー・スタークは、将来出現するかも知れない新たな脅威から地球を守るために、人工知能“ウルトロン”による平和維持システムを開発する。しかしウルトロンが平和を維持するために導き出した答えは、その障害となっている人類を排除するというものだった。仮の肉体を得て暴走を始めたウルトロンを阻止すべく再び集結したアベンジャーズ。そんな彼らの前に、人の心を自在に操るワンダと超高速で動く肉体を持つピエトロの超人姉弟が立ちはだかる。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

クリス・エヴァンス

生年月日1981年6月13日(37歳)
星座ふたご座
出生地米・マサチューセッツ・サドベリー

クリス・エヴァンスの関連作品一覧

クリス・ヘムズワース

生年月日1983年8月11日(35歳)
星座しし座
出生地豪・メルボルン

クリス・ヘムズワースの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST