中山優馬はストイック! 映画『曇天に笑う』曇天三兄弟の素顔とは…?

映画『曇天に笑う』

映画『曇天に笑う』/(C)映画『曇天に笑う』製作委員会 (C)唐々煙/マッグガーデン

2011年のコミック連載開始し、2014年にTVアニメ化、そして2015年からは舞台化、と様々なメディアで人気を博す大ヒットシリーズが満を持して映画化した『曇天に笑う』(3月21日公開)。このたび、現場での曇天3兄弟の素顔が明らかに…?

舞台は、300年に一度、曇り空が続く時、世界を滅ぼす破壊の神・オロチ(大蛇)が復活し、人々に災いをもたらすという伝説があった、明治初頭。福士蒼汰演じる、重罪人を取締り、監獄への橋渡し役を務める曇神社の第14代当主であり、三兄弟の長男である曇天火が、その災いから家族・仲間・町すべてを守るため、ボロボロになりながらも死闘を繰り広げる様が描かれる。

次男・空丸には中山優馬が、三男・宙太郎には若山耀人が演じている。1月に実施された完成披露試写会では、中山は当初同い年の福士が兄役を演じることを心配していたが、「現場で積極的に話しかけて皆を繋げる役割をしてくれたので、自分に兄貴がいたらこんな感じかなと思った」と関係性の良さが役柄にも反映されていたことを明かし、福士もまた、「僕はバリバリ末っ子ですが、(中山)優馬と耀人が弟として現場にいてくれていたから、二人が兄にしてくれました」として、曇三兄弟の絆の深さを語っていた。

本作でメガホンをとったのは、『踊る大捜査線』シリーズ、『亜人』の本広克行監督。どんなときでも笑顔を絶やさず、周囲の人々を明るく照らすような男・天火を演じた福士に対して「言葉ではなく熱量で“お兄ちゃん”を表現していました」と賛辞を送る。負けず嫌いでまっすぐな少年・空丸は、兄が背負う重荷を少しでも減らそうと、日々鍛錬を欠かさないが、兄を超えたいという思いが強く、少し気負い過ぎる面も。そんな空丸を演じた中山に対しては「彼は芝居に対してストイック過ぎるから自己評価が低いんです。その苦しそうな佇まいが空丸の葛藤にシンクロして、説得力がありました」という。そして、とにかく純真な男の子で、兄二人はもちろん、町の人々にも可愛がられている宙太郎を演じた若山は、撮影現場でも全キャスト・スタッフから可愛がられており、その姿は宙太郎そのものだった。まるで本物の三兄弟のような三人の姿をお見逃しなく!


映画『曇天に笑う』
2018年3月21日(水・祝)公開

原作:唐々煙「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝
監督:本広克行
脚本:高橋悠也 
出演:福士蒼汰、中山優馬、若山耀人、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、加治将樹、池田純矢、若葉竜也、奥野瑛太 
配給:松竹

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

福士蒼汰

生年月日1993年5月30日(26歳)
星座ふたご座
出生地東京都

福士蒼汰の関連作品一覧

中山優馬

生年月日1994年1月13日(25歳)
星座やぎ座
出生地大阪府

中山優馬の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST