ラブシーン演出に、知念侑李×中川大志「キスしそうでした(笑)」『坂道のアポロン』公開直前イベント

三木孝浩監督、小松菜奈、知念侑李、中川大志、ディーン・フジオカ、綾戸智恵

三木孝浩監督、小松菜奈、知念侑李、中川大志、ディーン・フジオカ、綾戸智恵

3月7日(水)東京・港区 スペースFS汐留にて、映画『坂道のアポロン』(3月10日公開)の公開直前イベントが開催され、知念侑李中川大志小松菜奈ディーン・フジオカ三木孝浩監督、そしてスペシャルゲストにジャズ・シンガーの綾戸智恵が登壇した。

>写真をもっと見る

舞台は長崎県・佐世保。高校生の薫(知念)は、転校先の高校で、誰もが恐れる不良・千太郎(中川)と運命的な出会いを果たす。荒々しい千太郎に不思議と薫は惹かれていき、やがて音楽で絆を深めていく。ピアノとドラムでセッションし、二人を見守る千太郎の幼なじみの律子(小松)と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず、ある事件を境に、千太郎は二人の前から姿を消してしまい…。

小松菜奈と知念侑李

小松菜奈と知念侑李

会場のお客さんに「友情」、「音楽」、「恋」どのポイントに感動したか?を呼び掛けると、友情と音楽が半々の結果。知念は「恋が意外と…しいて言えば、どれ?という結果ですからね(笑)」とラブシーンを演じた身としては、ちょっぴり残念な様子。しかし、監督は本作の演出について「男女でやるラブシーンの演出をふたり(知念と中川)のシーンでやったりしましたね。最初の出会いからファッサーって感じでね。それこそ、文化祭の後の坂を駆け下りるシーンは、映画の『卒業』のラストシーンみたいな、そのまま駆け落ちするんじゃないかなと思うぐらいでしたね」と“友情”の演出にラブシーンの演出を応用したことを言及。知念も「(出会いのシーンから)いきなり美しい!ってなりますからね」と振り返ると、中川も「ヒロインの顔でしたからね、知念さん(笑)」とコメントし笑いを誘った。

そんなふたりの友情を間近で見守る律子役の小松は「ふたりがすごく美しくて…ピアノのところもキスしそうなぐらい近かった。何なんだろう!って複雑だった(笑)もうキスするんだろうなって」と述懐。中川は「はじめて名前で呼ぶシーンでね。もうキスしそうでした(笑)」と知念との胸キュンシーンを明かした。

トークの様子

トークの様子

また、綾戸は本作について「音楽は…相当頑張ってやったね。ミュージシャンとしてそこは言いたい。びっくりしました、参りました! 日本の映画の“前進”を見ましたね。日本映画では楽器を触るモーションがアメリカ映画よりぬるいと言われてましたが。ピアノ弾いているリアルがありましたし、なんか怖かったくらい凄かったですね」とプロ目線からも本作のセッションシーンを大絶賛。またドラムを担当した中川には「本当に、嬉しそうな顔して叩くのね…私のバンドで叩いてみる?(笑)」とオファーをする一幕も見せた。

(取材・文:nony)


映画『坂道のアポロン』
3月10日(土)全国ロードショー

出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈
真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀 ディーン・フジオカ

監督:三木孝浩
脚本:髙橋泉
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント

坂道のアポロン

坂道のアポロン

監督 渡辺信一郎
脚本 加藤綾子  柿原優子
原作者 小玉ユキ
音楽 菅野よう子
声の出演 木村良平  細谷佳正  南里侑香  遠藤綾  諏訪部順一  北島善紀  岡本信彦  村瀬歩  佐藤亜美菜
概要 フジテレビ系“ノイタミナ”枠で放映されたTVアニメーション。原作は“このマンガがすごい!オンナ編”2009年版で第1位に選ばれ、2012年第57回小学館漫画賞(一般向け部門)を受賞した小玉ユキの同名コミック。「カウボーイ・ビバップ」の渡辺信一郎監督と音楽担当の菅野よう子が、再びタッグを組んで贈る音楽アニメ。若手ジャズミュージシャンの松永貴志(ピアノ)、石若駿(ドラム)を演奏に起用した、本格的なジャズサウンドと斬新な映像表現の融合が話題となった。
1966年、異国情緒あふれる港町・佐世保。高校1年生の西見薫は、横須賀から伯父の住むこの町に一人引っ越して来た。転校初日、繊細な薫は環境の変化と周囲からの無遠慮な視線によるストレスから、吐き気を催してしまう。屋上に向かった薫は、そこで“札付きの不良(ワル)”の異名をとる川渕千太郎と出会う。転校生の薫を何かと気にかけてくれるのは、千太郎の幼なじみで“ムカエレコード”の看板娘の迎律子だ。ある日律子に誘われてムカエレコードに立ち寄った薫は、店の地下にあるスタジオで千太郎のドラムプレイを目の当たりにする。幼い頃からクラシックピアノに親しんできた薫にとって、その響きは新鮮な衝撃だった。優等生で周囲に心を閉ざしがちだった薫が、ジャズを通して仲間と出会い、変わっていく姿を描く青春群像劇。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST